アイコン 男の本音!「よれよれ」や「色あせ」下着についてどう思ってるの?

2017.01.31

男の本音!「よれよれ」や「色あせ」下着についてどう思ってるの?

勝負下着はいくつか持っていても、普段の下着にまで気を配っている女性は意外と少ないのではないでしょうか。でも、予定外の日にベッドインする可能性もありますよね?今回は、勝負下着ではない使い古しの下着をふと見てしまったとき、男性はどう思うのか、彼らの本音をインタビューしてきました!

萎えてしまった

「以前彼女の家に遊びに行ったとき、よれよれのベージュのデカパンが干されてあった。オカンを連想して正直言って萎えた」(24歳男性/販売)

面積の大きなショーツは、体形維持やお腹を冷やさないなど機能性にすぐれているものも多いですが、男性ウケはあまりよろしくないみたいです。また、彼が家に来るときは洗濯物のチェックもおこたらないでくださいね!

ズボラな性格だと思った

「いつもセクシーな下着の彼女。でも、明るいところで下着を見たら結構色あせていた。気にならない彼女はズボラだと確信した」(25歳男性/広告代理店)

使ったり洗濯したりしているうちに、下着は、ほつれたり色あせしたりしてしまうもの。しかし、毎日見ていると気づかないことも多いですよね。いくらセクシーでおしゃれな下着を身に着けていても、使い古し感がでていたらNG。こまめに買い換えるのが正解なのかもしれませんね。

買ってあげたいと思った

「僕は、彼女がよれよれの下着を着けていたら買ってあげたくなりますね。モノを大切にするのはいいことだけれど、生活が苦しいのかなと同情を誘われます」(28歳男性/自営業)

彼からプレゼントを貰えるのはうれしいけれど、でもその理由が、「いつもよれよれの下着だから」では、少し悲しいですよね。せめて彼と会う日はきれいな下着を身につけるようにしたいものです。お高い勝負下着をいくつかそろえるより、普段ばきの下着に適度にお金をかけたほうがいいのかも…。

むしろ、興奮する!

「女性の少し隙のある様子に興奮を覚えます。いつもキメキメの下着だと、逆にあざとく思ってしまう。生活感を隠さないのは、むしろ印象がいいですよ」(27歳男性/IT)

なかには、こんな意見もありました。女性の隙のある様子に興奮を覚えるという男性は、案外多いもの。ベッドの上でいざ!という段階になって、それまで着ていたファッションとは打って変わり、生活感が見えると、胸キュンしてしまう男性もいるはずです。

萎えてしまう人も興奮する人も・・・

女性に対して「いつも美しくあってほしい」などの理想を投影している人は、はき古した下着に幻滅してしまうのかも。しかし一方で、女性の生活感が見えることに興奮を覚える男性も。恋人がどちらのタイプなのかを見極めてくださいね。(chiii/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事