アイコン 彼が舐めやすいのはどれ?クンニされるときの体勢・4つ

2017.03.19

彼が舐めやすいのはどれ?クンニされるときの体勢・4つ

前戯で彼にクンニしてもらうとき、みなさんはどのような体勢でしてもらっていますか?彼が舐めやすい体勢を探してみてはいかがでしょう。
今回は、彼目線で「舐めやすさ」の観点から、クンニのベストな体勢をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

M字開脚

まずは、定番のM字開脚。ベッドの上にM字になると、彼は腹ばいにならなければいけないので、舐めにくいかも。ベッドの縁やソファに浅く腰掛け、彼が地べたに座って舐められるようにするといいかも。
そのとき、太ももの裏を手で支えて、しっかり脚を開くようにしてくださいね。とくに舌と手の両方で彼に愛撫してもらうときは、自力で体を支えてくださいね。脚を開くのは少し恥ずかしいですが、彼が舐めやすいようにそこは我慢・・・。

仁王立ち(におうだち)

続いては、地べたに仁王立ちになり、彼に下から舐めてもらうというもの。このとき、脚は肩幅くらいに開くよう意識してくださいね。
この体勢は、彼が顔を上に向けて舐める体勢になるので、長い時間してもらうにはあまりおすすめできないかも。彼は首が疲れてしまいますし、女性にとっても、気持ちいい状態で仁王立ちをキープするのは難しいもの。クンニではなく、手で愛撫してもらうときには彼はやりやすいですよ。

69(シックスナイン)

彼が下・女性が上の69は、彼にとっては一番クンニしやすい体勢かも。このとき、彼の頭の下に少し高めの枕を置いてあげるといいでしょう。
彼は、女性の脚を支えることも、仁王立ちのときのように首を上に向ける必要もありません。寝そべった体勢で、目の前にある女性の秘部を舐めるだけなので、長い時間できるはず。おまけに、フェラをしてもらって自分も気持ちよくなれるので、一石二鳥ですね。

女豹のポーズ

最後は、後背位(バック)のときのポーズで彼に後ろから舐めてもらうというもの。体勢的には69と同じ。このとき、M字開脚で舐めてもらうときのように、女性はベッドの縁やソファに乗って、彼は地べたに座って舐めてもらうといいでしょう。
女豹のポーズの利点は、脚を支える必要がないことと、彼の舌がクリトリスに当たりやすいこと。女豹のポーズのときも、脚を閉じないようにだけ注意してくださいね。

彼がいちばん舐めやすい格好とは?

彼が無理をしなくても秘部に自然に舌があたる体勢がいいでしょう。おすすめは、69のポーズ。寝そべったままで舐められるので、彼にとってはとても楽です。ただし女性にとっては、感じすぎてうまくフェラができない・・・という状況にもなりやすいようですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事