アイコン 職場の同僚とセフレになるきっかけって何?

2017.04.26

職場の同僚とセフレになるきっかけって何?

職場の同僚とセフレ関係になったことはありますか?社内で秘密の関係を持つことは、スリルが味わえるし刺激的。そんなつもりはなかったけれど、ひょんなきっかけでセフレの関係になっていた・・・という人もいるでしょう。
今回は、同僚とセフレになってしまうきっかけを4つご紹介します!

ふたりで飲みに行った

同じ部署の人なら、なにかと飲み会の機会があるはず。歓迎会や忘年会などみんなが参加する飲みの席で仲良くなり、ふたりの距離を縮めていくこともあるでしょう。いつの間にか下ネタを話せるような仲になって、次第に相手はあなたをセフレの対象として見はじめることも・・・。
彼から「今度ふたりで飲みに行こうよ」と誘ってきて、エッチな関係に発展することがあるようです。

一緒に出張に行った

ふたりで出張に行ったのをきっかけに、セフレ関係になる場合もあるよう。出張先では、仕事が終わったあとに夕食を一緒にとることも多いでしょう。また宿泊先が同じだと、そのあと部屋で飲んで夜遅くまで一緒に過ごすことも・・・。
お酒が入った勢いや仕事の疲れから、成り行きでエッチをしてしまう可能性も。そこからセフレの関係が続いていくことも十分あり得ます。

悩みを相談した(された)

職場の同僚に悩みを相談したことをきっかけに、そこからふたりが親密な関係になっていくのも、セフレになるパターンのひとつ。人から頼りにされると嬉しいですし、なんとか力になってあげようと思いますよね?
相談に乗っているうちに、相手のことが徐々に気になってしまうのもよくある話。相談したほうも相手に心を開いて、「この人とならエッチしてもいいかな?」と思い、セフレの関係になることも。

残業でふたりきりになった

残業で同僚とふたりきりになるシチュエーションも、セフレのきっかけになる可能性大。日中は多くの人がいる職場にふたりだけしかいないという状況は、ふたりの距離を縮めるきっかけに。
会話をしているうちに「この人はエッチに誘ったらついてくるはず!」と判断されれば、仕事帰りにホテルに誘われる可能性もあります。会社にふたりだけという状況にムラムラしてしまうこともありそうですね。

ひょんなきっかけから・・・

同僚とセフレになるのは、ひょんなきっかけからが多いようです。最初はエッチをするつもりはなくても一緒にいる時間が長くなると、心も体も許してしまうのかも。どちらかに恋人がいる場合はとくに、〝お付き合い〟ではなく〝セフレ〟の関係になりやすいのかもしれませんね。(mei/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事