アイコン 男が「体の相性がいい!」と感じるのはどんなとき?

2017.04.20

男が「体の相性がいい!」と感じるのはどんなとき?

いろいろな人とエッチをすると、「あの人とはすごく感じる」「初めてエッチの相性があるって分かった」など、体の相性がいい人が分かるようになるはず。男性も「この女性とは相性がいい!」と感じる瞬間があるようです。
では、どんなときに「相性がいい」と実感するのか、男性の気持ちをのぞいてみましょう。

挿入時にフィット感を覚えたとき

挿入時のフィット感は、男女ともに相性の良さを判断する基準になるようです。男性器の形や大きさはさまざま。女性もひとりひとり膣の形状や大きさは違います。それがピタリとハマる感覚が得られたときに、相性がいいという判定をくだす男性が少なくないよう。
膣の締まり具合がよく、女性の方も挿入の快感を得ていることが見て分かれば「相性がいい」という喜びが増し、相乗効果で気持ちよさがアップするということもあるでしょう。

キスが気持ちいいとき

エッチ前のいい雰囲気は、キスから始まるというパターンが多いですよね?キスの呼吸やディープキスの深さ、舌の絡ませ方など、キスにも相性があります。軽いキスから深みを増していったとき、相手が同じ波長でついてきてくれなかったら「あれ?合わないかも」とキスの時点で違和感が生まれることもあるでしょう。
反対にキスするだけで全身がとろけそうになったり、イキそうなほどの興奮を覚えたりしたときに、男性も相性のよさを感じるようです。

してほしいことが言葉にしなくても分かり合えたとき

今このタイミングは激しくしてほしい、やさしくしてほしいなど、タイミングで欲求が変わってきますよね?いちいち言葉にせずともそのときの欲求をくみ取ってくれる相手に、男性は相性がいいと感じるようです。
言葉なしで体位をスムーズに変えられたなどのように、言葉で伝えなくてもしてほしいことが分かりあえると、お互いに相性がいいと感じそうですね。

女性がたっぷり濡れたとき

エッチの途中で自分はものすごく感じていても、「女性の方はどうなんだろう?」と不安になる男性もいます。また、女性が快感を得ているかどうかを、濡れ方で判断するという男性も少なくないです。波長や呼吸、サイズ感のように目に見えないものよりも、正直な体の変化で相性の良さを感じるということもあるよう。
女性がたっぷり濡れてくれたとき、初めて自分がやったことに気持ちいいと感じてくれたんだ!と安心して、相性の良さを実感するのかもしれませんね。

女性と判断基準が違うこともある

相性の良さを感じるポイントは人によってもそれぞれ。数回のエッチで相性を決めつけず、どうやったら気持ちよくなれるか、時間をかけてふたりのやり方を見つけられたらいいですね。(cherryful/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事