アイコン 奥手の彼に試したい!いい雰囲気なのに誘ってこない男に誘わせるには?

2017.03.02

奥手の彼に試したい!いい雰囲気なのに誘ってこない男に誘わせるには?

合コンや飲み会で男性と会話が弾んでいい雰囲気になったとき、「もしかしてお誘いがあるかも…」とドキドキしますよね?しかし、いつまでたっても彼からは何のアプローチもなし…。がっかりしてしまった経験はありませんか?
今回は、「普通、そこは誘うでしょ!」というシチュエーションでもなかなか誘ってこない男性に、彼から一夜のお誘いをさせる方法をご紹介します。実践してみてくださいね。

彼がトイレに立った瞬間に・・・

奥手の男性は、気になる女性を誘いたくても、断られたときのことを想像して勇気が出せないもの。一対一ならまだしも、合コンなど数人で盛り上がっている場で自分から誘うなんてことは、気がひけるようです。
彼の〝臆病バリア〟を解くために、ふたりになる瞬間をつくってみてはいかが?好意をもっているということを伝えましょう。彼がトイレに立ったらチャンスです。ほかのメンバーに見られない場所で、「もっと話してみたいな」などと伝えてみましょう。女性からの好意が伝わると、彼は誘いやすくなりますよ。

太ももにボディタッチをする

セクハラ〟と思われることを心配し、自分から女性に触れない男性は多いもの。あなたから積極的にボディタッチをしてあげてはいかがでしょう。会話のなかで自然に腕や肩に触れ、「私はあなたを受け入れています」という気持ちを行為で伝えてみてください。
少し勇気はいりますが、効果的なのは太ももへのボディタッチ。普段人に触れられることのない太ももに触れることで、不意に、彼はあなたとのセックスを想像してしまうかも。

少し過激なゲームを提案する

合コンの定番といえば、ゲーム。「負けた人はお酒を飲む」「暴露話をする」など、何かお題を決め、〝学生ノリ〟でゲームを楽しむこともあるはず。
少しリスキーですが、罰ゲームのお題を「このなかで一夜に誘うなら誰か言う」と設定し、彼が負けそうなゲームを提案してみてはいかがでしょう。もちろん、ゲームなので彼以外の人が答えることになる可能性はありますが…。うまくいけば、ふたりを周りが応援してくれるきっかけにもなりますよ。

二次会では、〝聞き役〟に徹する

最後は、ふたりで二次会に行った場合。大切なのは、彼が本音を話しやすい雰囲気をつくること。なるべく聞き役に徹するといいでしょう。
奥手の男性は自分から話しをするのが苦手でしょうけれど、真剣に耳を傾け、あなたも忌憚のない意見を言うことで、彼は自然にリラックスしてくるはず。お酒が進むと気も大きくなるので、最後には「朝まで一緒にいようよ」の一言を引き出せるかも。

時間をかけて距離を縮めて

奥手の男性からのお誘いを引き出すには、それなりの時間が必要。時間をかけて彼と心を通わせ、さりげなく彼への好意を伝えてみてください。彼から誘ってくるはずです。素敵な一夜を過ごしてくださいね。(cherryful/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事