アイコン このままセカンドバージンでいて大丈夫?不安を解消するハウツー

2017.01.06

このままセカンドバージンでいて大丈夫?不安を解消するハウツー

最近若い女性の間でも、長いことセックスをしていないという「セカンドバージン」が少なくありません。セックスの必要性を感じない人や、過去のセックスが原因でセックスに恐怖心がある人も。どうすれば、セカンドバージンから抜け出せるのでしょうか?今回は女性のタイプ別に、不安を解消するハウツーをご紹介します。

仕事が充実しすぎているタイプ

仕事が充実しすぎている女性のなかには、恋人をつくる時間がないほど忙しい…という人も。このタイプの人は、今はセックスの必要性を感じていないけれど、このまま肉体関係をもたずに歳を重ねてしまうことに不安を覚えているかもしれません。
少ないプライベートの時間に無理をして相手を見つけ、一夜限りの関係をもっても虚しくなるだけ。どんなに不安でも、本当にしたいと思える相手と出会えるまで、待ったほうがいいでしょう。たとえプライベートで出会いがなくても、仕事での出会いは多いですよね?「この人ならいいかも!」という男性が、仕事を通して見つかるかもしれませんよ。

過去の恋愛にトラウマがあるタイプ

「元彼とひどい別れ方をしてしまい、トラウマに…」「信じていた彼に裏切られて、男性と接するのが怖くなった…」など、過去のイヤな記憶が原因で恋愛やセックスに一歩を踏み出せないという人もいるでしょう。
このタイプの人は、信頼できる友だちにパートナーを紹介してもらうといいかも。あなたの過去を理解してくれる友だちを通して出会った男性となら、前向きなお付き合いができるはず。「オトコなんか信用できない!でも、このままセカンドバージンのままいるのも不安…」という人は、身近な友だちを頼ってみてくださいね。

体型やエッチテクに自信がないタイプ

セカンドバージンに多いのが、自信がもてないという女性。自分の裸に自信がないせいで、セックスする気になれない…。ベッドの上で相手を気持ちよくさせる自信がない…、というタイプです。
体型に自信がないなら、まずはジムやヨガに通うなどしてシェイプアップから始めてみては?努力はきっと自信につながるはずです。
またテクニックに自信がもてないという人なら、「テクニック」への理想を捨てることがポイントです。気にせず男性にアタックしてみてると、意外と女性のセックステクニックにはこだわらないという人が多いことに気づくはず。思い切ってアプローチしてみれば、案外すんなりセックスできちゃいますよ。

そもそもセックスが好きではないタイプ

今の自分に満足できているなら大丈夫。セックスがそれほど好きではないのに、無理してする必要もないのです。心からセックスがしたいと思えるときまで、趣味や仕事に打ち込むのもひとつの生き方。いずれ、セックスしたいと思えば、そのときにパートナーを探し始めればいいでしょう。
また、恋愛はしたいけどセックスはちょっと…という人は、意中の彼に正直に胸の内を伝えてみてください。彼があなたのことを大事に思ってくれるなら、ときが来るまで、急かさずに待ってくれるはずです。

思い切って行動してみて

仕事が充実していたり、そもそもセックスがあまり好きではないという女性は、セカンドバージンであることに不安を感じなくて大丈夫。そして、過去のトラウマを引きずっていたり、体型やエッチテクに自信がもてない女性は、あまり考え込まず、思い切って一歩を踏み出してみることが大切かもしれません。その一歩で、思っていたより簡単に恋したりセックスしたりできちゃうものですよ。(cherryful/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事