アイコン 【衝撃】風俗嬢が遭遇したびっくりアブノーマルプレイを要求する客。その意外な職業とは・・・

2018.08.02

【衝撃】風俗嬢が遭遇したびっくりアブノーマルプレイを要求する客。その意外な職業とは・・・

世の中にはさまざまなタイプの人間がいるように、さまざまな性癖の人がいます。変わったアブノーマルプレイを好む人もいますが、中には性癖と職業が関係している人もいるそうです。

今回、話を聞いたのは風俗嬢のアオイさん(仮名・23歳)。多種多様な性癖の人を接客した彼女の中で、とくに印象に残ったとアブノーマルプレイを聞いてみました。

消毒液で体を洗い、ゴム手袋での愛撫を要求したおじさんの職業は・・・

「年齢は少しいってるけど、顔がかっこよくて高身長のお客さん。口調もハキハキしてて仕事ができそうな人という感じでした。まず驚いたのは、風俗嬢なら必ず持っているお客さんのアソコを洗う殺菌消毒液をバッグから出してきて、それで全身を洗ってほしいと言われたんです。

風俗嬢の中にはこの消毒液で手が荒れてしまう子もいるので、『全身を洗うなんて大丈夫なのかな?』と思いましたが、希望どおり洗うことに。その後、プレイに入ろうとしたんですが、またもやバッグから取り出したのは、なんと手術用のゴム手袋。

それで『全身を愛撫してほしい』と言うんです。一般的なヘルスのプレイってキスから入り、全身リップ……と舐めていくんですが、そのお客さんの希望は『舌を一切使わずにゴム手袋だけで触ってくれ』とのこと。キスもフェラもしなくていいと言うので、私的にはラクでしたけどね」

客の希望通り、ゴム手袋を両手に嵌めて全身を愛撫したアオイさん。さらに要望は続きます。

「愛撫している間、『下品な言葉で罵ってほしい』と言うんです。『ソフト系かハード系どちらがいいですか?』とたずねると、『かなりハードな言葉で罵ってほしい』と言われました。あまりやったことないんですが、『このブタ野郎が!』とか『変態野郎!』とか言ったらすごく悦んでもらえましたね。

『女王様、最高です~‼』と、ゴム手袋の手コキでフィニッシュしていました。プレイが終わったあとには、元のハキハキとした態度に戻っていましたね……。

その後、職業を聞いてみたら、なんと外科医だと言うんです。

消毒液やゴム手袋を持っているのも納得できました。普段、オペ室でアシスタントに指示しているので、風俗店では思い切り罵倒されたいんだと言っていましたね」

レイププレイを好むお堅い職業の人

職業が性癖に関係することは他にもあるようで、他にはこんな話も聞かせてくれました。

『レイププレイがしたいので、思い切り抵抗して泣き叫んでほしい』と言ってきたお客さんがいます。服を破きたいので、わざわざ洋服を買って持参してきたようです。

口を塞いだり、首を絞めるフリをしたり、かなり本格的にレイププレイを楽しんでいましたね。そのお客さんは役所勤務と言ってました。普段、真面目な職業の人ほど、そういう願望があるのかもしれないと思いましたね」

実際すると犯罪になってしまう行為も、風俗店ではプレイとして楽しめるとアオイさんはいいます。パートナーに言えないような性癖でも風俗店では叶うのかもしれませんね。(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事