アイコン 元彼とセフレになるメリット・デメリットって?

2017.05.19

元彼とセフレになるメリット・デメリットって?

元彼とセフレになった経験がある人はいませんか?お互いに愛情が消えてしまい、恋人ではなくなった彼・・・。にも関わらず、ひょんなきっかけで再び肉体関係をもつようになったことがあるという人もいるはず。
元彼をセフレにすることには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット:お互いの性感帯を知っている

元彼をセフレにすることの一番のメリットは、お互いの気持ちいい部分をお互いに知り尽くしていること。はじめからお互いの気持ちいい部位を知っているので、言葉いらずに快感を味わえるはず。
また恋人同士ではなくなったことから、むしろ気兼ねなくセックスに対する願望を伝えられるようになったという人もいるでしょう。元彼とのセフレ関係は、性欲の解消には打って付けかも!?

メリット:相手を探す手間が省ける

彼氏がいないとき、ムラムラをどのように解消していますか?オナニーでおさまればいいですが、そうはいかないときもありますよね?でも、またイチから人間関係を築いてセックスの相手を探すのは、とても面倒。そんなとき、元彼をセフレにしておけば、都合のいい時間帯もある程度わかっているので、すぐにセックスができます。
いくらセックスがしたくても、初めて会った人とのセックスはなかなか勇気のいるもの。その勇気をもつ必要のない元彼は、とても手軽なセフレといえるでしょう。

デメリット:関係を絶つタイミングを失う

元彼をセフレにすることのデメリットは、ズルズルと関係が続いてしまうこと。セフレというのは、どちらかが関係を解消したくなったら、基本的にはすぐに終わらせることのできる関係です。
しかし、一度は好きになった相手なので、どうしても感情が入ってしまいます。また、手軽にセックスができるので、手放すのももったいなく感じてしまうでしょう。元彼とセフレになると、関係を絶つタイミングを失ってしまいやすいようです。

デメリット:新しい恋が遠のく

元彼をセフレにしてしまうと、現状に満足してしまい、新しい恋を探さなくなってしまう可能性が・・・。恋をすることで輝けるという人も少なくないはずなのに、それではもったいないですよね?
元彼のセックスに依存してしまい、ほかの男性に興味が持てなくなる危険性もあります。元彼はあくまでも、「元彼」なので、セフレの関係からまた恋人に戻ることは難しいもの。セフレ関係のせいで、新たな恋が芽生える可能性を無下にしてしまっているかもしれませんよ。

安心できるし都合がいいけど・・・

元彼と関係を続けることは、確かに安心できるしお互いに都合がいいかもしれませんが、デメリットもあります。まずは自分がどうしたいかをきちんと考えてから元彼と向き合うようにしてくださいね。(kuri/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事