アイコン どのくらいの頻度でセフレと連絡をとる?

2017.05.04

どのくらいの頻度でセフレと連絡をとる?

他人のセフレ事情は、なかなか聞けない話題のひとつ。とくに初めてセフレができたという人は、付き合い方が分からず戸惑うこともあるでしょう。
今回は、セフレがいる人がどのくらいの頻度でセフレと連絡をとるのかについてご紹介します!良好な関係作りのための参考にしてくださいね。

ルーティン化している「ほぼ毎日」

セフレと言うと、恋人のような密な連絡のやり取りはしないイメージですが、なかには毎日のように連絡をしてくる男性もいるよう。こちらもそれに返しているうちに、連絡を取り合うことがルーティンとして定着することも。
内容は、LINEで「おはよう」と挨拶をしたり、予定を確認し合ったり、他愛のない会話をすることも。セフレといえど、お互いの存在が日常のなかに定着しているパターンですね。

ときどき気にかける「週に1回」

セフレとの連絡頻度で無難なのが、週に1回程度。お互いの日常に入り込みすぎるわけではなく、それでもときどきは気にするといった距離感です。
週に1回の頻度で連絡を取り合っていれば、次の週にエッチできる日があるかどうかを把握することができます。セフレと距離感を保ちつつも、エッチする日を確実におさえることができる連絡頻度ですね。

新鮮さを持続させるなら「月に1、2回」

お互いに本命を大事にしている場合や、会ってエッチをする回数が月1、2回に定まっている場合などは、連絡の頻度も月1、2回程度という場合があるよう。お互い完全にカラダだけの関係と割り切って、エッチしたいときだけ連絡をとる、セフレの王道の関係と言えるでしょう。
頻繁に連絡をとっている関係に比べエッチの回数は減りますが、そのぶん会うときは新鮮な気持ちになれます。セフレとしかできない濃厚で刺激的なエッチを楽しむことができそうですね。

忘れた頃にする「数ヶ月に1回」

とくに決まった頻度で会っているわけではなく、数ヶ月に1回などの間隔で、どうしてもエッチの相手が見つからないときや、どちらかが思い出したときにだけ連絡をとるという場合もあるようです。ときどきふと思い出して寄ってみたくなる定食屋のようなもので、ふとその相手とエッチがしたくなったときだけ連絡をとるような関係。
お互いが忘れかけた頃に、エッチのためだけに連絡をとるので、煩わしさを覚えずに付き合っていけるそう。このくらいの距離感のほうが、セフレとしての関係は長続きしやすいのかもしれませんね。

お互いに心地よい距離感で

セフレとの連絡頻度は、お互いが求める距離感やエッチの頻度によります。まずお互いにとってのベストな距離感を確かめて、それに合った連絡頻度を保つようにしてくださいね。(azaz/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?


オトナのハウコレ編集部がオススメする恋活アプリ「ハッピーメール(18禁)」。日本最大の累計登録数のなかから、あなた好みの異性をじ~っくり探せちゃう♡
老舗マッチングサービスだから安心安全、イマドキ女子のやり方で“新しい恋”、してみない?

関連記事