アイコン 安全をとる?リスクを承知で冒険する?ワンナイトラブの注意点・4つ

2017.03.12

安全をとる?リスクを承知で冒険する?ワンナイトラブの注意点・4つ

刺激的なワンナイトラブを一度は経験してみたいと思ったことがあるはず。一夜限りのスリルと興奮…。興味はあるけど、たとえ誘われたとしても、一歩を踏み出す勇気がなかなか出ないという人も。
今回は、心の片隅にワンナイトラブへの願望があるという人に向けて、ワンナイトをするときの注意点をご紹介します。

避妊具なしでのエッチはしない

まずは、避妊・性病への対策をしっかりしておくこと。たった1回のエッチで妊娠したり病気になってしまったら大変です。
ワンナイトラブはたしかに刺激的ですが、準備を怠ると後悔することに…。必ずコンドームなどの避妊具をつけてくれる相手だけを選んでくださいね。

身近な人とは関係をもたない

親しい男友だちや会社の人など、自分の身近な人をワンナイトラブの相手に選ぶのは控えたほうがいいかも。一夜を共にした後でその人と顔を合わせるとき、何事もなかったように接することができるのであれば別ですが…。とくに職場の人と関係をもってしまうと、仕事に影響が出てしまうこともあります。
身近にいる人は避け、「もう二度と会うことはないだろうな」という人をパートナーに選ぶのがいいでしょう。

口の軽そうな男性は選ばない

身近にいる男性を選ばないことに加え、たとえ初対面の人でも口の軽そうな人を選ぶのもやめておいたほうがいいかも。たった1回エッチしただけでも、自分の周りの人に言いふらしたり、人に広まってしまったりしてしまう可能性があります。初対面でも、今は情報社会。どこをどう伝って知り合いに広まるかわかりません。
たとえ経験をしたとしても、人には内緒にしておきたいという人が多いはず。口の軽い男性を選ばないように、厳重にチェックしておきましょう。

相手に本気にならない

一夜だけと割り切ってするのがワンナイトラブの魅力。カップルでするエッチとは違い、相手を愛していないがゆえの興奮もあるのでしょう。でも、その1回のエッチで男性に依存してしまい、彼の体を求めてしまうようになるのはNG。もちろん、真剣なお付き合いに発展させられるのであればいいですが…。
相手に深入りしないのが、ワンナイトラブの暗黙のルール。セックスを終えた後も、心にしっかりとセーブをするのが大切です。

安全をとる?リスクを承知で冒険してみる?

「ワンナイトラブなんて考えられない!」と、はじめからセックスの選択肢に含めないのもいいでしょう。一方で、多少リスクがあっても冒険的なセックスをしてみたいと思う人もいるはず。ワンナイトをする前に、今回ご紹介したことを念頭に入れておいてくださいね。(mei/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事