アイコン 彼の顔を見るのは恥ずかしい…。騎乗位中、視線はドコに向ければいいの?

2017.02.22

彼の顔を見るのは恥ずかしい…。騎乗位中、視線はドコに向ければいいの?

女性の方が主導権を握ることになるのが、騎乗位。深く挿入できるので、男性にとっては嬉しい体位なのだとか。でもいざやってみると、彼を見下ろすのが恥ずかしくて、ドコを見ていたらいいかわからない…と思ったことはありませんか?
今回は、騎乗位中に彼と目を合わせるのが恥ずかしい人に向けて、視線のやり場についてご紹介します!

天井を見る

思い切って胸を反らして、天井を見てみましょう。彼からは、あなたの表情がよく見えなくても、その姿態にあなたが感じているのだと思ってくれるはず。上を見上げることで、胸の形がより強調され、綺麗に見えますよ。
天井を見ていれば、彼の顔や結合部分は見なくて済むので、恥ずかしくないし、動くことだけに集中できます。彼にスタイルもよく見せられるし、表情もごまかせますよ。

自分の胸あたりを見る

自分の胸元や、彼のおへそあたりを見つめてみてください。彼とうっかり目が合うようなこともなく、恥ずかしさを回避できます。
ただし、無表情で下を向き、淡々と動いていると、つまらなさそうに見える場合もあるので、気持ちよさそうな表情をしたり、声を出したり、感じているアピールは視線以外で行うようにしてくださいね。

彼ののどぼとけを見る

騎乗位のとき、彼がじっとあなたの目を見てくる場合は、あなたと見つめ合ってエッチをしたいと思っているのかも。あからさまに視線を外していると、彼は変に勘ぐってしまうかも…。その場合は、彼ののどぼとけあたりを見るようにしましょう。
彼の目から視線をそれとなく外すことで、恥ずかしさを軽減することができます。また、自分にはない彼ののどぼとけを見つめれば、男らしさを感じて、あなたの胸も高鳴るかもしれませんよ。

自分の肩を見る

左右どちらでも構わないので、自分の肩あたりを見てみましょう。彼にとっては、あなたが快感に体をくねらせているように見えて、とても興奮するのだとか。単に真下を向くよりも色っぽさが演出できます。肩を見つめながらぐっと唇と結んだり、表情も工夫してみてくださいね。
「気持ちいいことを悟られまいと顔を反らすけど、隠しきれていない」という姿に、もっと感じさせてあげたいと彼の意欲が高まるようです。

〝感じている〟アピールは、忘れずに!

あからさまに彼の目を避けているようだと、「エッチするのが嫌なのかな?」などと彼に疑われてしまうかも。〝感じていて彼と目を合わせられない〟のだということを、アピールしてくださいね。(tummy/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事