アイコン 下品と思われたくない!飲み会で上手に男性の「下ネタ」にノるコツ

2017.12.09

下品と思われたくない!飲み会で上手に男性の「下ネタ」にノるコツ

お酒の入った場では、話題が下ネタになることもしばしば。ノリの悪い人と思われるのもイヤですし、かといってノりすぎて男性に引かれるのもイヤ、などと返事に困る場面も多いものです。そこで今回は、上手に男性の下ネタにノるコツをお伝えします!

聞かれたらある程度は答える

たとえば定番の質問、「ベッドの上ではSなの?Mなの?」と聞かれたとき、「本当に好きな人の前だけでは、別人格でMが出ちゃいますかね」と答えます。

そのあと「どんな風に?」などつっこんだ質問がきても「そのあとは内緒です」と恥ずかしそうにはぐらかしましょう。男性の頭の中では、ほんのちょっと教えらたことで、妄想が膨らみ始め、ドキドキしてくるでしょう。ノリが悪過ぎずよすぎず、それでいて男性の注目をひきつけるテクニックです。

話すのは無難な内容にする

「下ネタに付き合って、ノリのいいところを見せるぞ!」と意気込んで、自分の実体験や、情景が浮かぶような「生々しい」エピソードを暴露することは危険。その場ではみんなが笑ってくれて、盛り上がったとしても、男性陣はそっと「彼女候補」の枠からあなたをはずしているかもしれません。他人の話や、架空の話など、当たりさわりのない下ネタのときに、会話に入っておきましょう。

ヘビーなときは笑ってごまかす

アブノーマルな性癖の話や、犯罪に近いようなエッチの話、ひとりエッチの仕方など、ちょっと重過ぎる下ネタには、入らない方が無難。無理して入っても、自分にプラスになることはあまりないでしょう。

「これは入らない方がいいな」と感じたら、愛想笑いでやり過ごしましょう。話を振られても「いやいや~」などと恥ずかしそうにかわしておけば大丈夫。そっと下を向いてドリンクや食事に向かっていれば、周囲の人も「入りたくないんだな」と思ってくれるでしょう。

男性の下ネタに批判はNG

飲み会の場での男性の下ネタは、真剣に受け止め過ぎない、が鉄則。間違っても「それって犯罪じゃないんですか?」「彼女、苦労するでしょうね」なんて発言は止めておきましょう。

正当なことを言っていたとしても、あなたが悪者のような雰囲気になってしまうかも。理解できない下ネタトークの間は、「もう、何を言ってるんですか~!」と笑ってやり過ごし、聞き役に徹しましょう。

下品ではなくセクシーに

返答に困りがちな下ネタトークですが、上手く利用すればセクシーさをアピールすることに使えます。男性の印象に、いい意味で残るような返答を考えるのも楽しいかもしれませんね。(tummy/ライター)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?

関連記事