アイコン あえてひとりでいる?!「ソロ男」の生態とセックスの特徴

2017.01.11

あえてひとりでいる?!「ソロ男」の生態とセックスの特徴

かっこよくてモテそうなのに、なぜか恋人をつくらず、結婚願望もないという男性、周りにいませんか?自由な独り身生活を謳歌している男性のことを、最近は“ソロ男(そろだん)”と呼び、以前よりも増加しているのだとか。
ちょっぴりミステリアスなソロ男の生態やセックスの特徴について、今回はじっくり探ってみましょう。

生態1:あえてひとりでいる

見た目も悪くない、人当たりもいい、それなのに長い間恋人がいない男性をみると「何か欠点があるに違いない…」と探りたくもなりますが、ソロ男はあえてひとりでいるのだとか。
女性は好きだけど、深く付き合うとなるとわずらわしい。時間もお金も自分のために使いたい。家事は自分でできるし、ひとり旅を十分満喫できる。自分で何でもできちゃうからこそ恋人の必要性を感じないのが、ソロ男なのです。

生態2:こだわりが強く、話が面白い

ソロ男のなかには、仕事に生きるより、趣味など自身のプライベートを充実させることに重きを置いている人が多いそう。たとえば休日は、美味しいお店を巡ったり、音楽活動をしていたり、モノづくりが好きだったり。
そんなソロ男は、生き生きとしていて素敵に見えることも。こだわりがあるから、話も面白く、一緒にいて楽しいでしょう。彼女をつくることや結婚することに焦っていないので、ガツガツした感じがないのも魅力的に映ります。

生態3:束縛しない女性が好み

ソロ男は自分の趣味に生きがいを感じるタイプなので、その趣味を理解してくれる女性を好みます。縛られるのが苦手で、自分がしたい!と思ったことを彼女に足止めされてしまうと、恋愛に嫌気がさしてしまうのだとか…。
また、自分と同じように何かに真剣に向き合っている女性がタイプという人も多いよう。夢を持って仕事や趣味などに打ち込んでいる女性となら、「ふたりで高め合えるかも」と、思うのかもしれませんね。

ソロ男のSEXにおける傾向は?

ソロ男は、かならずしも恋したり結婚したりすることが幸せだとは思っていないのですが、女性とのセックスに関心がないわけではありません。ひとりの女性に固執しない人も多いため、経験値が高く、彼女が喜ぶことを熟知している場合も。
甘く素敵な一夜を過ごすにはもってこいの相手ですが、一度セックスをしたからといって、その後に期待できないのがソロ男。ソロ男にとってのセックスは、女性と真剣に愛し合う行為というより、「あくまで娯楽のひとつ」であることが多いようですね。

ソロ男はドライな考え

自立していて、自分の人生を謳歌しているソロ男。恋愛第一主義ではない女性なら、お互いに自立したドライな関係が築けますが、真剣なお付き合いを望むとなると大変です。ソロ男を好きになってしまった場合は、彼とどう付き合っていくべきかをよく考えてみてくださいね。(tummy/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事