アイコン 「賢者モード」の彼にしてはいけないこと・4つ

2018.02.01

「賢者モード」の彼にしてはいけないこと・4つ

男性は絶頂に達すると、たかぶっていた気持ちが一気にクールダウンする傾向にあります。この状態が、いわゆる「賢者モード」。この状態の彼への対応を間違えると、ふたりの関係にヒビが入ることも。今回は賢者モードの彼には厳禁!の対応をご紹介します。

イチャイチャする

甘い時間が名残惜しく、エッチのよいんにひたりたい気持ちはよ~くわかります。だからといって、彼にキスしまくったり、彼のアソコを愛撫したり、バストを彼に押しつけたり・・・。ベタベタ彼にくっつくのはやめましょう。

優しく応じてくれているようでも、心のなかでは「めんどくさいなぁ。」なんて思っている可能性も。最悪なのは、イチャイチャにのってきてくれない彼にキレること。エッチのあとはそっとしておいてほしい、これが男性の正直な気持ちなのです。

2回戦をおねだり

絶頂に達したあとの男性はかなりの体力を使っています。ましてや賢者モードに突入したときは、エッチはお腹いっぱい状態。そんな彼に「ねぇ、もういっかい。」なんておねだりは厳禁です。

ほとんどの男性は、「お願いかんべんして!」と逃げ出したくなってしまいます。なかには、「こいつの性欲、底なしなのかよ・・・。」と恐怖すら感じる人もいるかもしれません。かりにあなたが1回のエッチで満足できなかったとしても、少し休憩する時間をあげましょう。

エッチの批評をはじめる

「今日はちょっと早かったね。」「今日はあんまりイケなかった。」「アソコはもっと優しくさわってほしい。」など、エッチの批評をするのもNG。賢者モードの時間、男性は、ただただ心と体をクールダウンしてリラックスしたいと思っています。

そんなときに、エッチのどこが悪かった、ここがものたりなかった、なんて上から目線で語られたりしたら、「じゃあひとりエッチでもしとけよ!」なんてさけびたくなってしまうかも。

そそくさと服を着て放置する

じゃあ、さっさと日常モードにもどればいいのね、とばかりに、そそくさと服を着てテレビを見たり、スマホをいじったりするのもやめましょう。賢者モードの彼は、非常に敏感に、冷静にものごとを受け止める、デリケート仕様になっています。

「賢者モードだから、放っておいたほうがいいんでしょ。」と、クールすぎる態度をとってしまうと「もしかして、愛情がなくなった・・・?」とあらぬ疑いをかけられる可能性もあります。

そっと隣で寄り添って

賢者モードの彼に対するベストな対応は、何も語らず隣で寄り添うこと。ベタベタしすぎはNG、かといって放置プレイもダメ。賢者モードって、男性の甘えの象徴なのかも。(パル吉/ライター)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?

関連記事