アイコン エッチ中にイラっとしてしまう彼の余計なひとこと・4つ

2017.10.15

エッチ中にイラっとしてしまう彼の余計なひとこと・4つ

エッチの最中に彼が言った余計なひとことでイラッとした経験、あなたにもありませんか?

彼は何気なしに言ったことかもしれませんが、あまりにデリカシーがないと傷ついてしまうことも。今回はみんながイラっとしたエッチ中の彼のひとことをご紹介します。

「太ったんじゃない?」

女性たるもの、一番言われて傷つく言葉がこれではないでしょうか?

何もないときに言われてもじゅうぶん腹が立つひとことなのに、一糸まとわぬ姿になっているエッチの最中にいきなり「お前、ちょっと太ったんじゃね?」なんて言われてしまうと、思わず彼のホッペをひっぱたいてやりたい衝動にかられてしまいます。

デリカシーのない男のひとことって、ほんとうにムカつきますよね。気をつけてもらいたいものです。

「外に出すから」

「こいつ、ほんと自己チューだわ」とイラッとさせるひとことがこれ。

エッチが盛り上がって、ゴムを装着する時間もおしいほど、早く中に入れたい!と思ってくれるのは嬉しいのですが、やはり相手をリスペクトし、大事に思ってくれているなら、避妊は完璧にしてほしいもの。

ゴムをつけてと頼んでも「外に出すから」なんて言われたら、殺意すら覚えることもありますよね。賢明なる読者の皆さんは、そんな言葉にのせられてはいけませんよ。

「お前、ユルくね?」

「私のがユルいんじゃなくて、お前のが小さいだけだろ!!」とイラッとするひとことです。ユルいだのキツいだの、中の具合をご丁寧に報告してくださらなくても結構。

なのに、意外とこういう余計なひとことを言いたがる男性って、一定数いるんですよね。

何百人と相手にしたわけでもなかろうに、少ない経験値と自分のサイズで「勝手に統計をとってるんじゃねーよ!」と言いたくもなってしまいます。

「なめろよ」

大の字になってベッドに寝転がったかと思ったらエラそうにひとこと、「なめろよ」。想像しただけでイラッとしてしまうひとことです。

M気質たっぷりの女性ならいざしらず、いきなり命令口調で指図されるとドン引きするし、「何様?」と怒りがこみ上げてきます。

この相手が、誰もがみとれるクールなイケメンならまだしも、フツーの男性に言われると、なんともしょっぱい気持ちがこみ上げてしまいますね。

親しき仲にも礼儀あり

付き合いに慣れがでてくると、言ってイイこととワルイことの境界があいまいになってしまいがちです。彼がイラつくひとことを言ったら、キツイお灸をすえてやりましょう。(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事