アイコン 「ツバメ男」とセックスを楽しむには?

2017.07.13

「ツバメ男」とセックスを楽しむには?

若い年下の男性のことを「ツバメ」と呼びます。皆さんのなかには、キュートな年下男性に魅力を感じる人も少なからずいるのではないでしょうか。今回は、年下のツバメ男と若さあふれるセックスを楽しむ方法をご紹介します。

ムードを作って

ツバメ男とセックスするためには、きっかけが大事です。ふたりのあいだの空気を変えていきましょう。ただ、ろこつに「経験人数は?」なんて聞くのはNG。大人の余裕を見せてみてください。
「ゴミがついてるよ」と言って髪の毛に触れたり、「ねぇねぇ」とさりげなく太ももに手を置いたり。彼をドギマギさせてみてくださいね。

あなたからキスしてあげて

相手は経験の浅い男性。エッチな雰囲気に我慢できず、下半身に変化がみられることでしょう。彼の下半身が膨らんできたら、もう落ちたも同然。あなたからキスを仕掛けてみてください。いきなり彼にキスしてあげるもよし、「キスしてもいいかな?」と聞くもよし。
情熱的な甘いキスを彼にプレゼントしてあげると、気が早い男性なら、あなたを押し倒してしまうかもしれません。

イニシアティブはあなたがとって

年下であるツバメ男とのセックスの醍醐味は、彼を育ててあげること。ツバメ男とセックスするときは、常に主導権を握るようにしてみてください。彼主導のセックスになってしまうと、あなたは彼の未熟なテクに物足りなくなり、彼も年上のお姉さんとのセックスのメリットをイマイチ感じられない・・・という、なんとも消化不良な結果に終わってしまいます。
服を脱がせてあげたなら、まずはあなたから彼を愛撫しましょう。

前戯を教えてあげてご褒美に挿入

触って欲しいところ、キスして欲しいところをひとつ残らず教えてあげましょう。彼は、あなたの言うとおりに動いてくれることでしょう。あなたが感じるところ、女性がされて嬉しいことを彼が習得できたら、ご褒美に挿入を許してあげます。
彼は我慢できずにすぐに絶頂を迎えそうになるかも・・・。そんなときは、いったん休憩するなどして、できるだけ愛の時間を長引かせてあげるといいですよ。

手取り足取り教えてあげて

ツバメ男とのセックスの楽しみは、何も描かれていない真っ白な画用紙に好きな色を塗っていく楽しみと似ています。純白の彼を、あなた好みの色に染めてあげてはいかが?(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事