アイコン 潔癖さんにおすすめ!密着度の低い体位・4つ

2017.05.05

潔癖さんにおすすめ!密着度の低い体位・4つ

彼とエッチはしたいけど、体をぴったり密着させるのには少し抵抗がある・・・そう感じる潔癖な女性もいるのではないでしょうか?
今回は、潔癖さんにもおすすめの密着度の低い体位を4つご紹介します。体はくっつけなくても気持ちよくなれる体位で、彼とのエッチを存分に楽しんでくださいね。

「うしろやぐら」

上半身をなるべく密着させずにエッチを楽しみたいなら、バックがおすすめです。「うしろやぐら」はいわゆる立ちバックのことで、立ったままうしろから男性に挿入してもらいます。女性は壁やタンスなどに手をつき、男性は女性の腰を持って動きます。
密着するのは腰と手の部分だけなので、潔癖さんもあまり気にならないはず。ベッド以外の場所というシチュエーションに、興奮を覚えるかもしれませんね。

「ひよどりごえ」

スタンダードなバックの体位「ひよどりごえ」もおすすめ。ベッドの上で女性が四つん這いになり、男性がうしろから挿入します。この体位も、密着するのは男性が女性の腰を持つ部分と、下半身まわりのみ。
あまり肌を触れ合わずに奥まで深く挿入することができます。男性の征服欲を満たせる体位でもあるので、Sっ気のある彼もきっと満足してくれるはず。

「だるまがえし」

「体が密着するのはイヤだけど、彼の顔は見ていたい」そんな人におすすめなのが、正常位を少し変化させた「だるまがえし」。正常位の体位から女性は両脚をくっつけて曲げ、ひざを抱え込むようにします。脚でガードされるので上半身は密着しませんが、エッチをしているお互いの表情はよく見ることができます。
「だるまがえし」は、本来は女性の両脚を縛ってするSMプレイの一種なのだとか。抵抗がなければ軽く脚を縛ってもらうのもいいかもしれませんね。

「こたつがくれ」

お互いの顔を見ながらエッチしたいなら、対面座位のひとつである「こたつがくれ」もおすすめ。対面座位の状態からお互いにうしろ手をつき、状態を反らすような体勢でエッチをします。
上半身は一切触れ合わないので、潔癖さんにはおすすめ。こたつの中で向かい合ってできることから命名されたそうですが、別にこたつがなくてもOK。お互いの上半身から結合している秘部まで全てが丸見えなので、視覚的にも興奮を覚えられる体位でもあります。

密着しなくても刺激的なセックスはできる!

彼と体を密着させなくても、お互いに刺激を与えられるような体位はいろいろとあります。自分が潔癖だからと悩まず、ふたりが満足できる体位で素敵なラブタイムを過ごしてくださいね。(azaz/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事