アイコン セフレと〝ちょうどいい関係〟を続けるために気をつけること

2017.02.18

セフレと〝ちょうどいい関係〟を続けるために気をつけること

身体の関係だけと割り切ってお付き合いするのがセフレ。しかし、どちらかが本気になってしまったり、恋人にバレてしまったりといったリスクもあるため、関係を長く続けるのはなかなか難しいですよね?
今回は、セフレと〝ちょうどいい関係〟を続けるために、気をつけることをご紹介します。セフレ関係を長く続けたい人は、参考にしてみてくださいね。

深く探り合わないようにする

セックスをするとはいえ、しょせん彼女でも彼氏ではありません。彼のことを探るような言動は、控えたほうがいいでしょう。あなたに見せない別の一面を探りはじめると、日常生活のなかでも彼のことが気になるようになってしまいます。
一緒にいる時間だけ彼のことを考えるよう、気持ちに区切りをつけることが大切。また、彼があなたに情を抱かないように、生活や恋愛についての話は最低限度にとどめておいてくださいね。

好きになってもひた隠しにする

セフレという関係においてもっともやっかいなのは、いうまでもなく「恋愛感情」です。恋愛感情が湧くと体だけでなく心も彼と繋がっていたいと思いはじめ、彼への要求が増えます。
もちろん、お互いに恋愛感情があればカップルになればいい話ですが、そうでない場合は、彼を困らせることに…。たとえセフレの彼のことが好きになっても、あなたの片想いなのであれば、ひた隠しにするほうがいいでしょう。

彼を飽きさせないように研究する

セックスだけで繋がっているセフレという関係は、セックスに満足できなくなると解消するしかなくなります。とくに相手が女性に困っていない男性であれば、簡単に飽きないよう工夫する必要があります。彼の性感帯や嗜好を研究してみてください。
いつ会っても満たされるセックスができることで、彼はあなたを手放したくないと感じるはず。セックスがズボラでは、セフレ関係は長く続きにくいですよ。

彼との関係を他人に言わない

相手や自分に恋人がいる場合やどちらかが既婚者の場合は、とくに気をつけて下さい。親しい知人にも、セフレとの関係については言わないほうがいいでしょう。
口外しないよう、彼に念を押しておくことも大切です。セフレ関係のために、それぞれの日常を壊すことになってはとても悲しいですよね?最悪の場合は、恋人や旦那さんを失うことにも…。彼とのセフレ関係も解消しなければならなくなることにもなりかねませんよ。

セックス以外のことを求めないようにする

もっともやっかいなのが、「恋愛感情」。こればかりは、理性ではなかなかコントロールできません。恋愛感情を抱かないよう、セックス以外のことは彼に求めないと固く心に決めて付き合うようにしてくださいね。(odango/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?


オトナのハウコレ編集部がオススメする恋活アプリ「ハッピーメール(18禁)」。日本最大の累計登録数のなかから、あなた好みの異性をじ~っくり探せちゃう♡
老舗マッチングサービスだから安心安全、イマドキ女子のやり方で“新しい恋”、してみない?

関連記事