アイコン 知らず知らずのうちに彼を傷つけている?エッチ中のNGなひとこと・4つ

2017.01.22

知らず知らずのうちに彼を傷つけている?エッチ中のNGなひとこと・4つ

普段は強がっていても、とくにセックスに関してはとても繊細な男性が多いのです。エッチ中にふと口にしたあなたのひとことで、彼が傷ついてしまうことも…。
今回は、知らず知らずのうちに彼を傷つけてしまう、NGなひとことをご紹介します。思い当たるものがひとつでもあった人は、要注意ですよ!

「早い」

男性は、セックスのときに女性が気持ちよくなる姿をみて、オトコとしての自信を再確認するのです。そんな男性の自信を一瞬にして失わせるのは、「早い」のひとこと。
とくに早漏であることを自覚していて、それをコンプレックスに思っている彼には絶対にNG。「やっぱり俺は早漏なんだ。彼女を満たす前に終わってしまった…」と、卑屈になってしまいます。ちょっと物足りないかなと思っても、グッとこらえてあげてくださいね。

「皮むけてないんだね」

男性器がむけていないことにコンプレックスを覚えている男性は多いです。女性にとってはなぜそんなことに引け目を感じているのか理解しがたい人も多いでしょう。しかし男性は大ダメージを受けてしまいます。
共感しにくいからこそ、ポロっと発してしまいそうなひとこと。付き合いたての彼氏や初めてエッチする男性に対しては、とくに注意してくださいね。

「ちいさい」

続いても、男性器に関すること。多くの男性は、太くて大きいモノをもっていたいと願っています。そのほうが女性を満足させてあげられるし、オトコらしいと考えているのです。
そんな男性に対して、「ちいさい」なんて絶対に口にしてはダメ。男性経験が豊富な人なら、無意識に他の人と比べて口走ってしまうのかもしれませんが、そこはおさえて。男性器についてはあまりふれないであげるのが無難ですよ。

何も言わない・・・

黙っているのもいただけないかも。エッチが終わって女性から何も言われなければ、彼は「満足できたのかな」「何かマズいことしちゃったかな」などと変に勘ぐってしまいます。
恥ずかしくて無口になってしまう気持ちもわかりますが、せめて「気持ちよかった」のひとことは言ってあげるようにしましょう。そのひとことで、彼は安心できるのです。

男性にもコンプレックスはある!

女性にとっては少し理解しにくいですが、男性もカラダにコンプレックスがあります。知らず知らずのうちにそのコンプレックスにふれてしまい彼を傷つけてしまうことのないよう、充分気をつけてくださいね。(yuka/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事