アイコン 眠たいときに彼が誘ってきた・・!彼を傷つけない上手な断り方って?

2017.08.07

眠たいときに彼が誘ってきた・・!彼を傷つけない上手な断り方って?

大好きな彼とのエッチは、ふたりにとって幸せな時間ですよね。しかし、どうしても眠たいときはテンションが上がらず気がのらないものです。そんなときに試して欲しい、彼を傷つけない上手な断り方をご紹介します。

「生理中なの」

本当は眠いけど彼を傷つけないように、「今生理中なの」とかわいいうそをついてあげましょう。本当はしたいんだけどできないという理由に、彼も傷つくことなく納得してくれるはずです。「生理が終わったら、エッチしよう!」と付け加えると彼も喜んでくれるでしょう。

しかし、この断り方は月に何度も使えません。うそがばれてしまうと彼を傷つけてしまいます。どうしても断れないときに、使うといいかもしれませんね。

「今日はできやすい日なの」

生理が終わっても、赤ちゃんができやすい日がありますよね。彼がどうしても誘ってきたら、「今日はできやすい日なの」と相談してみましょう。あまり女性の身体のことを知らない彼は、それでも誘ってくる可能性もあります。

その場合は、排卵日について説明してあげてください。知っているけど強引に誘ってくる彼には、「今はふたりだけの時間をもっと楽しみたい」とかわいく説明してみましょう。あなたのことを大事にしてくれる彼ならきっと分かってくれるはずです。

「体調が悪くてできないの」

眠くて気分がのらないときは、「頭がいたい」「お腹がいたい」など体調が悪いことを理由に断ってみましょう。彼女のことを愛している彼なら、無理にエッチをしようとは思わないはずです。

むしろ、彼女のことが心配でそれどころではなくなるかもしれません。彼が納得してくれたら、「ありがとう」と感謝の思いは伝えた方がよいでしょう。この断り方も、何度も続くようだと怪しまれるので注意してください。

「したいけど、明日朝が早いの」

あなたのことを大事に思っていてくれている彼なら、素直に本当のことを話しても傷つくことなく納得してくれるでしょう。

しかし、ただ明日朝が早いことを伝えるよりも、「本当は私もしたいと思っているけれど、明日の朝早く起きなくちゃいけないの…。」とせつなそうに伝えてみてください。
ぼんやりとした理由ではなく、より明確な理由がある方が納得してくれます。納得してくれたあとは、「仕事が落ち着いたらエッチしてくれる?」と甘えてみると彼も喜んでくれるかもしれませんよ。

プライドを傷つけないように

男性はプライドが高く、エッチのスイッチが一度入ると抑えられなくなるかもしれません。そこを上手にコントロールして、ふたりで楽しいエッチができるといいですね。(haryo/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事