アイコン 「愛のないセックスはダメ!」論に対する疑問。その愛、セックスに役立ってる?

2021.02.04

「愛のないセックスはダメ!」論に対する疑問。その愛、セックスに役立ってる?

みなさんの周りに「コイツ綺麗事ばっかだな」って奴いませんか?

僕の周りにも何人かいるんですが、こういう人たちって汚れを知らない純粋な人間ばかりじゃないですよね。

実際には「きれいな言葉を発して、みんなにそういう美しい心根がある人間だと思われたい」というような人が多いように見受けられます。

恋愛においても、この手の人間は余計な口出しをしがち。不倫、浮気をする人に対して「そんなの間違ってる」だの「本当の愛じゃない」だの。

終いには「愛のないセックスはダメ」なんて説法を聞かせてくることもあります。でも、愛のないセックスって本当にダメなんですかね?

僕は時々思うんです。そんなこと言ってるからお前らはダメなんだ、と。
「愛」だの「夢」だの、美麗な言葉って本当に耳障りがいいですよね。でも、愛という言葉はきれいですが、実際にはかなり抽象的です。

男女が仲良くなって、交際をスタートする頃に口に出すようになる「愛してる」という言葉。これ、実際その意味を深く理解して言ってるカップルなんざそういないでしょう。

付き合ってる男女が口にする言葉あるある第1位が「愛してる」というだけで、みんな右に倣えで愛を語っているのが実情ではないでしょうか?

だって世間には付き合ってまだ数か月程度で「愛してる」を言い合う男女も大勢います。断言しますが、愛はそう簡単に育まれるものじゃないのです。

でもみんな「こういうときは愛してるって言うべきだから」と思って「愛してる」を多用しているのです。
愛という概念は非常に抽象的です。人によってその受け取り方も発信方法も、実際にはばらつきが大きいもの。

にもかかわらず日本人は「愛のないセックスはダメ」とお題目のように主張する傾向があります。

これについて、僕は「では何故愛のないセックスはダメなのか、本来セックスに愛は不可欠なのか」という疑問を抱いてしまうんですよね。

だってすべてのセックスに愛が必須なら、私たちはもっと年間のベッドインの回数が減ってなきゃおかしいんですよ。

世間には、愛のないセックスを楽しんで、結果的にストレスを発散している人もいるという事実があるんです。「愛のないセックスはダメ」論は、この手の人々を無視してしまう、あまりに強引な論法です。

他人のセックスに口出しするわけですからね。セックスという行為は、はっきり言えば生理現象。食欲、睡眠欲と並んで、誰にでも備わっている欲求です。

愛を感じない人、愛をあたえられていない人でも性欲はあるわけですから、そういう人たちに「愛のないセックスをするな」と言うのはあまりにも残酷です。

人には性欲を発散したいという本質的な願望があります。だから僕は、愛のないセックスでもガンガンしないと体に毒、精神にも悪い影響をおよぼすと考えている立場です。

浮気や不倫などのアンモラルな行為を肯定はしませんが、セフレを作ったり、別にそこまで好きでもない人とそういう関係になるということ自体は、否定すべきではないと思っています。

愛のないセックスの欠点なんて、「そこに愛がない」と自分が勝手に思い込んでいる以外、別に見当たりませんからね。

関連記事はコチラ▼▼

あと、これは僕が身の回りの「愛のないセックスはダメ」派の男女を見ていてしょっちゅう感じることなんですが、こういう主張をしている人たちって、勝手にイライラしてるんですよね。

思うに、自分たちが考える「愛のあるセックス」という理想に縛られ過ぎて、つまんねえセックスばっかしとるんですよ。

恐らく「愛のあるセックス」とやらにこだわるあまりに、同じ相手と変化のないセックスばかりして、結果的にマンネリを感じるケースもあるのではないでしょうか。

それでなんかイライラしていって、奔放なセックスをしている人たちを「愛のないセックスをしている悪い奴」と見下そうという意識が働いているだけのような気がします。

セックスなんて高尚でもなんでもない行為です。裸になってやる粘膜を介した運動なんです。

やりたいときにやりたい相手とするべきだし、それを他人にとやかく言われるほどセンシティブなものでもないんですよね。
まあ確かに、愛の有無がセックスのクオリティにまで、ある程度影響することはあるかもしれません。好きな相手だからフェラチオができるという女性もいるでしょう。好きな相手だから苦手なクンニができるという男性もいるはずです。

だから愛のあるセックスそのものを否定することはしないでおきます。でも、愛の有無自体にこだわり過ぎて、肝心のセックスの主目的である性欲の発散を蔑ろにするという人たちには、ちょっと違和感をおぼえてしまいますね。

なんか、狂信的と言うか……。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事