アイコン エッチの頻度の理想は週何回? 回数の増やし方や減らし方のコツも紹介

2020.05.27

エッチの頻度の理想は週何回? 回数の増やし方や減らし方のコツも紹介

カップルや夫婦にとってセックスの頻度ってとても重要ですよね。

エッチの回数が多すぎても飽きてしまいそうだし、少なすぎるとレスになってしまいそうで不安……と思ってしまいます。みんなのセックスの頻度の平均は? また、カップルや夫婦にとってベストな頻度とは? セックスの頻度について調査してみました。

世の中のカップルや夫婦は大体どのくらいのペースでセックスをしているのでしょうか? コンドームの大手メーカー『相模ゴム工業株式会社』が、結婚している、交際相手がいる、セックスする相手がいる人に対して「そのお相手とは1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?」というアンケートを行ったところ、以下のような結果が出たといいます。(参照:ニッポンのセックス|セックスの回数、セックスレスetc

Q.(結婚しているまたは交際相手がいる)セックスする相手がいる人に対して、「その相手とは1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?」

全体の平均回数:2.1回
年代別平均回数:20代 4.11回、30代 2.68回、40代 1.77回、50代 1.38回、60代 0.97回。

やはり20代が一番頻度が高く、年齢が上がるにつれて徐々に回数が低くなっています。また、パートナー別に見てみるとカップルの月のセックスの頻度は4.1回、セックスフレンドと答えた人の平均は2.9回、結婚相手と答えた人は1.7回と、結婚するとセックスの回数が減少する傾向にあるようです。

さらにセックスが少ないと答えた方に対して「もっとセックスをしたいと思いますか?」というアンケートを行ったところ「したい」と答えた男性は75.2%、女性は35.8%という結果になりました。

7割以上の男性がセックスの頻度を高くしたいと考える一方で、女性は「頻度は今のままもしくはそれ以下でいい」と考えているようです。
では、女性が考える「理想のセックスの頻度」とは、どのくらいのものなのでしょうか? 「理想のセックス頻度」の回数とその理由を聞いてみました。

・週1~2回
「休みの前日とか休みの日にするのがベスト」(25歳/医療)
「お互い仕事もあるし週1で満足」(27歳/事務)
女性が考える理想のセックスの頻度でもっとも多かったのは「週1~2回」。平日は仕事があるので休みの日のみに……と考えるそうです。エッチは体力を使うので、なるべく平日にはしたくないと思うのは女性も男性は同じのようですね。

・週3~4回
「同棲を始めたばかりなのでたくさんしたい」(25歳/美容)
「学生なのでデートのときはラブホにこもってヤリ溜めしてます♡」(20歳/学生)
付き合い始めのカップルや20代の方は「週3~4回でも全然平気!」なのだそう。最初はたくさんエッチして、長く付き合うにつれて徐々に理想の回数も減ってくるのかもしれませんね。

・2週間に1回
「生理の期間を除いたら2週間に1度がベスト」(29歳/専門)
「子供がいるので2週間に1度くらいがちょうど良い」(31歳/主婦)
交際期間が長かったり結婚している女性の理想のセックスの頻度は「2週間に1回」というもの。お互い仕事が忙しかったり子育てをしていると、なかなか2人の時間が作りにくくなるのでしょうか。

・月1回
「交際5年目だけど、付き合った記念日には毎月必ずエッチするようにしています。レス対策にも◎」(27歳/販売)
「30歳越えてから一気に性欲が落ちた気がする」(32歳/広告)
交際期間や体力とともにエッチの理想頻度も変わってくるものです。月1でも全然良いという意見もあって少し驚きました。
対して、男性が考える理想のセックスの頻度はどのくらいなのでしょうか? こちらは女性よりも上回る回数が多く見られました。

・週2~3回
「1日2回以上でも全然平気だから」(20歳/学生)
20代男性の平均的な理想のエッチ頻度は週2~3回。パートナーも若ければ問題なさそうですが、年上だったり仕事をしている女性からすれば少し多いと感じるかもしれませんね。

・週1回
「仕事があるは眠くなっちゃうので休みの日のみでいい」(31歳/IT)
仕事が忙しいという男性は週1が理想という意見が多く見られました。男性は射精すると睡魔に襲われてしまうので、なるべくたくさん寝れる休みの日にしたいというのが本音だそうです。

・ほぼ毎日
「彼女には断られるけれど本音は毎日でもしたい!」(22歳/飲食)
こちらはかなり性欲旺盛! しかし中には「パートナーがOKしてくれない」という意見も。元気なのは大変結構ですが、我慢しなければいけないのは少し辛そうです……。


「理想のセックスの頻度」では男女の意見が大きく別れましたが、やはりそこの価値観の違いに悩みが生じているという女性もいるそうです。女性の「セックスの頻度に関する悩み」を聞いてみました。

・毎日求められて体がもたない
「若いときは毎日していても平気だけど、年齢とともに身体が追いつかなくなってきた」(31歳/OL)
男性は一度のセックスで体力を大幅に消耗しますが、女性は一度のセックスで肉体を酷使することがあります。20代の体力がある女性なら毎日できることもありますが、年齢とともにセックスの回数が増えれば増えるほど苦痛と感じる女性も多いといいます。

挿入の際の摩擦による膣の痛みなどその理由は様々ですが、何度もエッチすることによって膣に雑菌が入ってしまい、膣炎になってしまうという女性も少なくありません。

パートナーで理想のセックス頻度の違いによって、このような問題が起きてしまうことは多々あります。今のセックス頻度に不満を感じている人は、一度パートナーと話し合ってみるのも良いかもしれませんね。

・エッチの頻度が少なすぎて不満
「彼が年上で体力がないのか、エッチの回数が少なくて欲求不満」(25歳/美容)
「エッチの回数が急に減ると浮気しているんじゃと勘ぐってしまう」(24歳/アパレル)
セックスの回数が少ないと欲求不満になってしまうこともありますよね。また、中には回数が少ないと浮気の心配をしてしまうという女性も。頻度が少なすぎるのも考えものかもしれませんね。

・セックスレスで先が不安
「最近は数ヶ月に1回しかしなくなってセックスレスに悩んでいます」(29歳/営業)
「子供が生まれてから1回もしていません」(32歳/主婦)
セックスの頻度が極端に低いというカップルはセックスレスではないか? という不安に悩みを感じているようです。女性はセックスをすることで自分が愛されていると幸福を感じる生き物です。しかし、それがなくなってしまうと「自分は愛されていないのかも」と不安に思うようになってしまいます。

男性は長く一緒にいればいるほど、パートナーに対して安定や安らぎを求めます。特に結婚生活が長い夫婦だと、「妻が家族のように思えてしまいセックスの対象に見られなくなってしまう」という男性も少なくありません。そんな男性に対して女性は「自分の身体が劣化してきたから女性としての魅力がなくなったのかも」とマイナスな方向に考えてしまうことも。

さらには「他に好きな女性ができたのでは」など、どんどん悪いほうに考えてしまうこともあるようです。毎日、家事や育児をこなしていている女性にとってセックスレスに陥るということは「夫にとって私って何なのだろう?」と自分の存在意義さえも分からなくなってしまうほど不安なことなのだそう。

セックスレスはとてもデリケートな問題ですが、何かしらの対策をとるための行動を起こさないと解決には至らないと思います。
セックスの頻度の少なさを解消するためにはどんなことをすれば良いのでしょうか? セックスレスにならないために、女性が普段から努力していることを聞いてみました。

・女性らしさを忘れない
「恥じらいを忘れないように裸は見せない。家にいるときもカワイイ部屋着を着たり女性らしさを忘れないようにしています」(26歳/OL)

交際期間が長ければ長いほど、つい女性らしさを忘れてしまい裸で寝てしまったりダラしない格好を見せてしまうことってありますよね……。実はこれがセックスレスの原因になってしまうことって非常に多いんです。

男性は女性に対して常にドキドキしていたいと思う生き物です。家の中ではボサボサの髪型をやめる、ジャージなどボロボロの部屋着を着ないなど、少しの努力でセックスの回数は増えるかもしれません。ただし常に完璧な姿でいると、彼も心が休まらないのでたまには隙を見せるのも忘れずに!

・ボディタッチなどでアピール
セックスレスになっているカップルのほとんどは、2人きりになる時間が少ないのかもしれません。2人きりで会える時間が少ないというカップルは一緒にいるときに手をつないだり身体をくっつけたりなど、ボディタッチでセックスアピールをしてみるといいかもしれません。

また、くっつくのが苦手……という女性は彼を思いっきり甘えさせてあげるのも効果的です。甘えられる環境を作ることで、外で嫌なことがあっても帰る場所があると思わせることで浮気防止にも繋がるのです。

・たまに露出の高い服を着る
恥じらいをなくして家の中を裸でウロウロするのもNGですが、あまりにも着込んでしまうのもNGです! 男性は何枚も着込んでいる女性を見ると「防備が堅そう」「エッチのとき脱がすのが面倒くさそう」と本能的に思うそうです。

たまには「もしかして誘っている?」と思わせるようなセクシーな服装でいるとセックスレスは解消されるかも。また、少し身体のラインが出ている男性の視線を集めるような服装も彼のヤキモチ心を掻き立てられるのでおすすめです。デートのときは露出まではいかなくとも少しだけセクシーな服装を心がけてみてはいかがでしょう?

・彼氏の健康を気遣う
男女と問わず健康と性欲は大きく大きく関係しています。性欲低下を防ぐためにも彼の健康面は常に気遣うようにしましょう。精力アップさせるための要素は主に3つあります。

1.睡眠
睡眠不足は性欲低下を招く恐れがあります。ホルモンの増加や、セックス後すぐに眠くならないように普段から良質な睡眠をたっぷりとっておきましょう。良質な睡眠をとるためには、「就寝の3時間前までに食事を済ます」「暖かい飲み物を飲んだり、お風呂にゆっくりと浸かって身体を温める」「部屋の温度を快適に保つ」を心がけましょう。

2.食事
セックスの頻度を高めるためには、精液の量を増やすことも大切です。男性機能の向上に欠かせないといわれている亜鉛(牡蠣、たらこ、レバー、うなぎ)を摂取させたり、亜鉛を多く含む食材で手料理を作ってあげるのも良いかもしれませんね。

3.筋トレを勧める
男性ホルモンであるテストステロンの分泌量をあげるためには筋トレも重要です。スクワットやデッドリフトで下半身を鍛えて射精後の体力低下を防ぎましょう。女性も筋トレをするとテストステロンが活性化するので痩せやすくメリハリのあるボディになります。カップルで筋トレをするのも良いかも知れませんね!
セックスが少なすぎるのも問題ですが、多すぎるのも考えもの。セックスの頻度が多いと女性にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

・老化しやすい
定期的なセックスには肌の潤いなど若返りも期待できますが、身体に負担をかけるほど過度なセックスは老化を招く原因となります。これは、セックスを義務的に行ったり激しい動きをすることで女性ホルモンが分泌しづらくなるからです。ただ運動しているだけのセックスでは若返りには逆効果なので注意が必要です。

・セックス依存症になりやすい
セックスのしすぎでよく陥ってしまうのがセックス依存症です。これは常にセックスをしていることによって、セックスをしないと必要とされていないという心理になってしまうからです。

そのため、本当はセックスをしたいと思っていなくても、セックスをしないと不安な気持ちになってしまうことも。また、それを埋めるために誰とでもセックスをしてしまう……ということにもなりかねません。

・マンネリ化しやすい
セックスしすぎのカップルで、もっとも多いのがマンネリ化です。これは毎回、同じようなセックスをすることでだんだんと飽きてきてしまうことが原因です。

特に女性はムードを大切にするので、マンネリしてしまうの早いといいます。また、新鮮さを求める男性は他に女性を見つけてしまう恐れもも……。マンネリを解消するためには、毎回セックスに応じないというのもひとつの手段かもしれません。
マンネリ化や病気のリスクを防ぐためにもセックスの頻度を下げるにはどうしたら良いのでしょうか?

・たまには誘いを断る
エッチの誘いを断りたいけれど、相手が傷ついてしまわないか? と考える女性は多いと思います。しかし、断れずにエッチしたところで自分が身体の負担を背負うことになるのです。ときには思い切って断る勇気も大切です。

・彼氏の性欲を刺激しない
男性の性欲を刺激することは、相手に「エッチしたいのかな?」と思われてしまいます。さらに中途半端に性欲を刺激された男性がそこから止まらなくなり、セックスに発展しまうことも……。セックスをする気がないのなら、中途半端に性欲を刺激するのはNGです!

・1回のエッチを大切にする
1回ずつのセックスを濃いものにすれば、男性は余韻に浸れるのですぐに「次!」と求めてこなくなります。セックスのしすぎで悩んでいるカップルはプレイがワンパターン化していたり、仕方なくでやっていたりしませんか? 一度、自分達のプレイを見つめ直してみるのも良いかもしれません。
・生理中だと伝える
男性を傷つけずに断るためには生理というのが1番です。それでもシツコク誘うのをやめなかったら少しきつめに怒ってもOK。無理してセックスをして身体に負担をかけるよりも、今後の2人のためにも断ることが大切なのです。

・彼氏に会う頻度を減らす
セックスを断るのが苦手だという人は、思い切って彼と合う頻度を減らすのもひとつの方法です。仕事などに理由をつけて断ってみましょう。我慢した分、次会うときの楽しみが増えて、きっとエッチも盛り上がるはずですよ!

・手コキやフェラで我慢してもらう
断っても彼がどうしても求めてきた場合は手コキやフェラで抜いてあげるという方法も。男性は射精をすれば性欲が治まる生き物です。セックスを断れないのなら、せめてフェラか手コキで抜いて満足してもらいましょう。
カップルの理想のセックスの頻度は週2回といわれています。しかし現実はお互い仕事をしていたり、忙しいなどの理由でなかなか思い通りにはいきませんよね。お互いが同じタイミングでしたくなるように、日頃からコミュニケーションをとっておくのが理想のセックス頻度を作る方法なのかもしれませんね!(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事