アイコン 実際ドンキホーテでエログッズはどのくらい揃うの?おすすめのプレイも紹介します!

PR

実際ドンキホーテでエログッズはどのくらい揃うの?おすすめのプレイも紹介します!

食料品から日用品、家電から化粧品まで、置いていないものなんてないんじゃない?と感じてしまうほど、豊富な商品が揃うドンキホーテ。

そんなドンキホーテには、バイブやローターなどいわゆるエログッズを豊富に取り揃えているコーナーがあり、気軽に行ける便利さも手伝って男性から熱い支持を得ています。

しかし、女性の場合は人目が気になったり、いざ購入しようとしてもレジに持っていくのが恥ずかしかったり、なかなか利用しづらいのではないでしょうか。

この記事では、ドンキホーテのエログッズコーナーに興味津々な女性に向けて、グッズの品揃えや購入する際に気をつけておきたいことなどを徹底的に紹介していきます。

一般的な商品と同様にエログッズも充実しており、大人のおもちゃと聞いて連想する商品のほとんどは置いてあります。

ここではドンキホーテで買えるエログッズの中から、代表的なものを紹介していきます。

さまざまなコンドーム

ドンキホーテには見たこともないコンドームが、数え切れないほど置いてあります。

例えば、TENGAの商品だったり、コンドームメーカーで有名なオカモトのスーパービッグボーイという名のアソコが大きい男性用の商品だったり、コンビニや薬局では見ることができないコンドームも豊富です。

ローション 

セックスやオナニーで使用すると気持ち良さが何倍も膨れ上がるローションも、種類豊富に取り揃えてあります。

最近のローションは、化粧品にしか見えないような上品でお洒落なデザインのものが増えているので、買い物カゴに入れておいても変な目で見られることはありません。
 

バイブ・ディルド

女性用の代表的なエログッズであるバイブも当然置いてあります。バイブもローションと同じく、最近では可愛くてお洒落なデザインのものが増えていますので、手に取りやすいはずです。

ディルドというエログッズを聞いたことがない方もいるかもしれません。簡単に説明すると、バイブとは電動で動く男性器の形をしたグッズ、ディルドとは振動しないグッズです。

バイブは振動するので、家族と同居している女性はバレる可能性があり、使いにくいといった声もあります。そういった女性に人気なのがディルドです。動かすスピードや挿入する深さなど自分で調整できるので、バイブよりも使い勝手がいいと感じている女性も少なくありません。

ドンキホーテにはどちらも置いてあるので、実際に手に取り、自分に合う方を選ぶこともできますよ。
 

電マ・ローター

電マやローターはクリトリスをいじられるのが好きな女性の必需品。特にローターは見た目が可愛らしいですし、安価で購入できるので、アダルトグッズ初心者向けの商品です。

まずはローターでクリイキできるほど感度を高め、慣れてきたらバイブやディルドにステップアップする女性が多いです。
 

アナル系

アナニーという言葉をご存知でしょうか?アナニーとは自分の指やグッズを使ってお尻の穴(アナル)でするオナニーのことです。

かなりマニアックなプレイですが、そんなアナニー用のグッズまで取り揃えているのがドンキホーテのすごいところ。

安価なものから揃っているので、興味がある方はぜひチェックしてください。しかし、アナニーの独特な刺激にハマって抜け出せなくなる方もいるので、使用する際はご注意を。
 

コスプレグッズ

ドンキホーテにはもともとコスプレの衣装が豊富に揃っています。ハロウィンの時期になると、まずドンキに行ってアイテムを物色する人も多いと思います。

もちろんアダルト用のコスプレも充実していて、セーラー服やスクール水着、ナース服やメイドの衣装まで、なりたい自分を演出してくれるコスプレが豊富に揃っています。

過激な下着やランジェリーも置いてあるので、見るだけでも楽しめるはずですよ。
 

オナホール

女性のアソコに挿入している感覚を味わえる、男性用のオナニーグッズ、オナホール。

ドンキホーテのオナホと言えばTENGAが有名ですが、その他にも男性が興味を持ちそうなオナホがたくさんあります。

オナホは男友達へのプレゼントや忘年会などの景品にすると喜ばれますので、物色してみてはいかがでしょうか。
 

ソフトな拘束グッズ

普段のセックスに少しだけSMの要素を取り入れて、刺激的な時間を演出できるソフトSM。そんなソフトSMを楽しむときに使いたいのが拘束グッズです。

本格的なSMでは革製品や縄が使われますが、ソフトSMで使う拘束グッズはふわふわとした感触の商品が多く、拘束されても痛くないのが特徴です。見た目がかわいい商品も多いですよ。
 

エロガチャ

小さい頃にガチャガチャで遊んだことがある方は多いと思いますが、ドンキホーテにはアダルトグッズが出てくる「エロガチャ」なるものが存在します。

1回500円で回せて、何が出てくるかはその時のお楽しみ。子供の頃の気持ちに戻って楽しめますので、見かけたら回してみることをおすすめします。

関連記事はコチラ▼▼


エログッズに興味が出たから買いにいこう!と思ったかもしれませんが、ドンキホーテでエログッズを買う際に知っておくべきことがあります。

何も知らないままエログッズを買おうとすると、恥ずかしい思いや損をしてしまう可能性があります。

これから紹介することをしっかりと頭に入れてから、エログッズコーナーに足を踏み入れるようにしてください。
 

専用レジは基本的にない

店舗にもよりますが、エログッズ専用のレジは基本的にないと考えておきましょう。つまり、アダルトグッズを手にしたまま、一般の客に混ざってレジの行列に並ばないといけません。

なんとかレジにたどり着いたとしても、店員さんに「この人、これからバイブ使ってオナニーするんだ……」なんて思われるか可能性があるのです。
 

人の出入りが意外に激しい

ドンキホーテは学生のグループから家族連れまで、さまざまな人種でごった返しています。

その中にはもちろんエロい男性も多くいるので、アダルトグッズコーナーは意外にも人の出入りが激しい場所です。

そのほか、カップルや学生グループも興味本位で入ってくることもあるので、その中に女性がひとりで入り、アダルトグッズを物色するのは勇気が必要かもしれません。

アダルトショップ・通販に比べて高い

ドンキホーテのエログッズは、アダルト専門ショップやエログッズ通販サイトに比べて高額な場合が多いです。

できるだけ安く購入したいのであれば、通販サイトでの購入を検討してみてください。誰にもバレずにこっそりと購入できるというメリットもあるので、女性でも安心でしょう。
 

イタズラされている可能性がある

ドンキホーテのエログッズコーナーは気軽に立ち寄れるからこそ、学生グループなどが興味本位で入り、いろいろな商品を触りまくります。

その際にローションの蓋が開けられたり、コスプレ衣装の袋が開けられたりして、グッズが傷つけられている可能性があります。

購入する際には、グッズの状態をしっかりと確認するようにしてください。
 

知人に見られないように入る必要がある

エログッズコーナーに入る際に最も避けたい事態が、誰かに見られてしまうことではないでしょうか。特に知人に見られてしまった場合、友達や知人に一気に広まってしまうことは間違いありません。エログッズコーナーに入る際は細心の注意を払う必要があります。

深夜が狙い目

人目を避ける手段の一つとして、深夜の時間帯を狙うという方法があります。

当たり前ですが、深夜であれば客の数は極端に減りますので、深夜帯を狙うことで知人はもちろん、ほかの客と遭遇する確率も減り、ゆっくりとアダルトグッズを物色することができます。

エログッズがあると、セックスプレイの幅が格段に広がります。ここではドンキホーテで買えるエログッズを使ってできるプレイの一部を紹介していきます。

1人でエログッズコーナーに入らせる

女性がひとりでエログッズコーナーに入るのを恥ずかしく感じるように、慣れていない男性もひとりで入るのは恥ずかしいものです。

そんなウブな男性を昼間の客の多い時間帯にひとりでエログッズコーナーに入らせ、卑猥なランジェリーやバイブなどを買ってこさせるといった、ドSなプレイが楽しめます。

エログッズを使った直接的なプレイではありませんが、戦い(セックス)は交わる前から始まっているということですね。
 

ローションプレイ

ローションプレイは「男性だけが気持ちいい」と思われがちですが、実は女性も気持ちよくなれるプレイです。

ローションを全身に塗られるだけで感度が高まっていきますし、滑りがよくなることで乳首やクリの摩擦が減り、快感だけを味わうことができるのです。

アソコをイジられる時のクチュクチュという音も卑猥さを演出してくれます。

コスプレプレイ

コスプレプレイは非日常のシチュエーションを味わうことができるので、性欲を思いっきり解放できるプレイ。セックスがマンネリになっているカップルにもおすすめです。

ポイントは最高に淫乱になれるコスプレを選んだら、その役になり切ること。完全に別人になることで、思う存分変態になれるからです。理性なんて捨ててしまいましょう。さらに、着衣のままセックスすることで視覚的にも興奮でき、より刺激的なセックスになるでしょう。

ソフトSM

先ほど少し触れましたが、ソフトSMはいつものセックスに少しだけSMの要素を入れて、普段とは違う刺激的なセックスを楽しむプレイです。ソフトSMには様々なプレイがありますが、グッズを使うプレイで代表的なのは拘束グッズを使った緊縛プレイでしょう。

緊縛プレイを行うと、拘束した側は征服感を、拘束された側は羞恥心をビンビンに刺激され、性的興奮が爆発します。

また、ソフトと言ってもSMはSM。人に言えないセックスをしたという経験を共有することで、2人の仲が深まります。コスプレプレイ同様に、マンネリを感じているカップルにおすすめしたいプレイです。

玩具を使った責め
ローターや電マは女性用のアダルトグッズと思われているかもしれませんが、実は男性に使うこともできます。

例えば、ローターを男性の乳首に当てると、ビクンっ!とのけぞったり、裏筋に当てるだけで射精したりするほど感じやすい男性もいるのです。もっともっと男性をイジメたい!ということなら、アナル系のグッズを使うことをおすすめします。

四つん這いの状態でアナルにグッズを入れられて喘いでる男性の姿は、ゾクゾクするほど興奮すること間違いなし。

ただし、アナル未経験な男性は多いですし、ムリに使うとアナル内部を傷つけてしまう危険もあるので、説明書などを読んで安全に使用してくださいね。
 

オナホ責め

オナホ責めとは、ローションをたっぷり垂らしたアソコにオナホを挿入して、焦らし気味にしごき、男性を調教するプレイです。

オナホ責めする時は、目隠しや拘束グッズを使うとさらに効果的。M男くんはヨダレを垂らして喘ぐでしょう。




ドンキホーテのエログッズコーナーは、深夜であれば誰にもバレずに入れますし、グッズの品揃えも豊富なので、あなたの性欲を満たす商品を必ず見つけることができます。

どうしても勇気が出ないのであれば、ご主人や彼氏を誘って、一緒に入ってみましょう。そして、一緒にグッズを選び、そのままホテルに行って使ってみましょう!エログッズを使うことでご主人や彼氏に喜びを与えることができますし、あなた自身も新しい性の世界を見ることができるはずですよ。(ちーすん/ライター)
(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事