アイコン モラハラのLINEの特徴5つ 文章で地雷男を見抜くには?

2021.11.19

モラハラのLINEの特徴5つ 文章で地雷男を見抜くには?

モラハラ男と一緒にいると、女性の自己肯定感がどんどん下がっていきます。「私なんてどうせ」というマイナス思考は、実は一緒にいる恋人がどんな人かで、大きく変わってくることなのです。

害悪なモラハラ男は、LINEでもその片鱗を見せてきます。「たかがLINE」と軽視せず、違和感に気づいたら一歩立ち止まって、彼との関係や態度をよく考えてみて。
モラハラ男は自己顕示欲やプライド心が強いので、話の進め方が自分本位なところがあります。LINE上だとあまり気にならないかもしれませんが、あまり人の話を聞かずに、サラリと自分の話したいことにすり替えてしまったり……。
文面上だと、話が流れていくのもさして気にならないかもしれませんが、LINEでする人はリアルの会話でも人の話に無頓着なところが。すると実際付き合った後も、ケンカの時に論点をずらしたり、自分の正当性ばかりを主張してきたり……。

話し合いがしっかりできない人とは、関係も長続きしづらいものです。たまにならいいかもしれませんが「この人、いつも自分の話をしてるかも」という人には注意して。
LINEは現代に欠かせない便利なサービスですが、いつどんな時でも一方的に送信することができてしまうというデメリットもあります。 

LINEの連絡頻度が遅いと不安になるという人もいるのかもしれませんが、LINEによる過度な束縛は立派なモラハラです。

「今どこで何してるの?」
「誰といるの?」
「終わったら電話して」

と、こちらがLINEを開かないうちに追撃がたくさん来るような人は危険かも。

付き合っている二人なら、常識の範囲で毎日連絡を取ろうとするのはいいかもしれません。しかし、彼の機嫌を保つために、過度にな束縛に付き合う必要はありません。そういう人は付き合う前から、連絡頻度の遅さに文句を言ってきます。

そもそも付き合っていない人に連絡頻度で注意されること自体がおかしいので、地雷の可能性も高そう。
これは筆者の経験談でもあるのですが、モラハラ気質の男性は人から指図されることを嫌がります。恋人となる女性のことを本能的に見下してしまうため、何かお願いされること、こちらの言うことを聞き入れることを嫌がるのです。
そのため、おうちデートの前などに頼む「ちょっとしたこと」に関しては、急に返信が遅くなり、読んでないフリをしてしまうこともあるのです。

こちらが過度なお願いをしようとしている場合ならいざしらず、買い物を頼む程度の小さいことでも面倒がるそぶりが見えたら、注意が必要です。こういう人は恋人のことをなめているので、自分が相当調子のiいい時以外、こちらの希望は絶対に受け入れてくれないのです。

関連記事はコチラ▼▼

リアルの性格と、文面の雰囲気……全く一緒、という人も少ないかもしれませんが、あまりにもギャップがある人に注意して。たとえば普段はすごく高圧的なのに、LINEでは優しい言葉をかけてきたり、いつもコミュ障なのに、LINEでは饒舌だったり……。

こういう人は、自分の中になんらかの二面性を抱えている人です。LINEを含むSNSなどでは冷静になれたり、普段とは違う自分になれることができるけれど、現実ではなかなかうまくいかない……二面性があるのがよくないとまでは言いませんが、こういう人は恋人の前で、ダメな方の自分をさらけ出してしまうことが多いです。

好きな人の前でだけ弱みを見せてしまう……と言えば聞こえはいいですが、男女の関係上、どうしても親しい女性に対してだけマウント気質が強く出てしまう人もいます。

インターネットの中でだけ二重人格を発揮してしまう人もいるので、LINE上でテンションが違いすぎる人には注意して。
LINEの言葉ってリアルの会話よりも軽く聞こえるので、とても気軽な雰囲気でイジりのような悪口を言ってくる人もいます。



「ブス」「デブ」……LINEの文面上だと冗談っぽく聞こえるため、こういった気軽な悪口を「愛のあるイジり」として言ってくる男性もいます。ですが、これも立派なモラハラです。ブス、デブと言われて、嫌な気持ちにならない人なんていません。

それが分かっているのに、好きな人をいじってしまうなんて……小中学生ならまだしも、大人の男性の振る舞いとは言えません。

こういう人も、彼女に「自分より下の位置にいてほしい」と考えるマウント気質な人が多いので、モラハラをこじらせていく可能性が高いでしょう。
最初のうちは、多少違和感を感じても「たかがLINEのやり取りだし」と考えてしまう人もいるでしょう。しかしその違和感、先延ばしにしたところで一生消えるものではありません。

何十年もその性格で生きてきてしまったのだから、治そうと思ってもなかなか治らないものなのです。モラハラは気質であり、その人の育ってきた環境なども大きく影響しています。

そんなモラハラ男のモラハラを改善させるなんて、もはや再教育に近い大変なこと……。そこまでしてあげる必要が、果たしてあるのでしょうか。

もし違和感を感じたタイミングが、彼と付き合う前なら……早く身を引いた方が、あなたのためかもしれません。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事