アイコン 中イキしやすい体位とは?女性が絶頂しやすくなるコツを紹介

2020.08.03

中イキしやすい体位とは?女性が絶頂しやすくなるコツを紹介

セックスで女性がもっとも気持ちよくなれる瞬間ってどこだと思いますか? 手マンやクンニだと答える女性も多いと思いますが、一番はなんといっても「ペニスで中イキした瞬間」だと思います。

とくに中で連続イキしたときは、自分が壊れてしまいそうな興奮感と快楽を得ることができます。しかし実際は「クリトリスで外イキしかしたことがない」「中イキの感覚が分からない」という女性も中にはいると思います。

この記事を読めば、「セックスで中イキが必ずできるコツ」「中イキできる体位」がわかります。あなたも最高の中イキ体験を経験してみませんか?

・中イキとは


「中イキという言葉はよく聞くけど、一体どういう状態?」という女性のために簡単に説明をします。中イキとは男性のペニスが挿入されているときに、女性が膣内を刺激されてオーガズムを得ることをいいます。

中イキとは別に、クリストリでオーガズムを得ることを外イキといいます。女性の中には外イキはできるんだけど、中イキはまだ未体験という人も多いと思います。中イキを経験したことのあるという女性はどのくらいいるのでしょうか。

・中イキ経験者の割合

「日経WOMAN」に掲載された「中イキしたことがある人の割合」というアンケートを参考にしたところ、「中イキを経験したことある」と答えた女性は1割~3割という結果が出たそうです。

1割〜3割ってかなり低い結果に思えますよね。しかし、この結果を見て「やっぱり簡単にイケるものではないのか」と残念がることはありません。個人差もありますが、オーガズムは努力によって得ることができるのです。

関連記事はコチラ▼▼

中イキを経験したことのある女性はよく、「一度経験したら忘れられない」と口を揃えて言いますが、実際はどのような感覚なのでしょうか? 体験談を聞いてみました。

「彼にたっぷりと前戯をしてもらって、アソコがトロトロになるくらい舐めてもらってから挿入すると中イキできる確率が高いです。感覚としては膣の奥から何かがこみ上げてくる感じ。

オシッコが出る感覚に近いかもしれませんが、その感覚がどんどん激しくなってきて気付いたときには身体がビクッ! と仰け反ってアソコからジワ~と愛液がこみ上げてきます。

イッた瞬間は記憶がないことが多いのですが、エッチが終わったあとは脱力して何もできなくなってしまいます。その後は急激に睡魔に襲われることもあります」(23歳/OL)

このように「身体に力が入ったあと、脱力する」「頭の中が真っ白になる」「身体がふわふわ浮いているような感覚」「雷が落ちたような、電流が流れる感覚」という意見が聞かれました。

人によって中イキの感覚はそれぞれですが、まさに「骨抜きになる」といったところでしょうか。

・性感帯にペニスが当たる

女性がセックスで中イキをするためにもっとも大切なこと……それは「ポルチオ性感帯にペニスが当たる」ということです。ポルチオ性感帯とは女性がもっとも快感を得られる部分で、子宮口付近の子宮が少し飛び出ている部分のことを指します。

指を膣内に入れて一番奥にあるコリコリした部分のことですが、膣内の長さは8~10センチほどといわれているため指では届かないことがあります。

ただし、女性がクリイキなどで十分に感じると子宮が下に下がり、ポルチオを確認できることができます。ポルチオ性感帯を刺激して中イキをするためにはペニスが奥まで届く体位を行うと良いでしょう。

・女性の足が伸びているか

女性のオナニーの1つとして「足ピンオナニー」というものがあります。これはイキそうになったときに足をピンと伸ばすことで膣がキュッと締まるような感覚になり、オーガズムに達することができるオナニー方法です。

この足ピンオナニーにハマってしまうと、他の方法でイケなくなるという女性もいるほどです。セックスに取り入れるときは、うつぶせの寝バックなどでやると足が伸びやすくなり中イキしやすくなります。

・両手が使えるか

中イキを経験した女性が口を揃えていうのは「最初に外でイッた後に中でイク」ということです。そのためにはクリトリスなどを刺激できるように、男性の両手が空いていることが大前提です。

人によってやりやすい体位はそれぞれですが、まずは騎乗位や背面座位など男性の手が自由になる体位から挑戦してみてみましょう。

関連記事はコチラ▼▼

・バック

おすすめは女性の足を閉じて後ろから男性が挿入する閉脚バック。足を閉じることで膣が狭くなりペニスの圧迫感を感じやすくなり中イキをしやすくなります。

男性は膝をついて座り、女性の上体を起こすように腰を持ちましょう。挿入したら女性の子宮の場所を意識しながら、15~30度ほどの角度でピストンを行います。慣れてきたら女性の乳首やクリトリスを攻めながらピストンすると中イキしやすくなります。

・寝バック

女性がうつぶせになり、男性が上から覆いかぶさって挿入する寝バック。女性が足を閉じることで男性はアソコの締まりをより感じることができ、女性もペニスの圧迫感を感じ中イキができるようになります。

ポイントはペニスを女性の膣に滑り込ませるように太もものほうから斜め45度の角度で挿入すること。ポルチオ性感帯に当てることで、より気持ちよさを感じることができるでしょう。

・立ちバック

身長差が少ないカップルは、立った状態で挿入する立ちバックもオススメです。ポイントは女性がお尻をグイッと上に突き出した上体で挿入すること。

男性は腰を振るのではなく、女性の腰を持って膣をペニスに引き寄せるように動かすと抜ける心配もなくやりやすいと思います。男性は両手が自由になるので、クリトリスを刺激しながら行ってくださいね。

・松葉崩し

正常位の体勢から女性が横を向き、女性の片脚を男性が持って足を交差させる松葉崩し。V字状態で組み合うことで、深く挿入することができます。女性の片足を男性の脚で挟むようにイメージするとやりやすくなります。

角度を間違えると痛みを感じることもありますが、正しい角度で行うとポルチオ性感帯を刺激されて連続中イキできることも! コツを掴めば正常位からの流れでできるようになりますよ!

・騎乗位

騎乗位は女性が自由に動ける体位なので、自分の気持ちいいツボをコントロールしながらイケるというメリットがあります。上下のピストンが疲れてしまうという女性は腰を前後に動かすグラインドから始めてみましょう。

初めはじっくりゆっくりと前後に動かして、膣がペニスに馴染んできたと感じたら徐々に早く動かしていきます。騎乗位が苦手な女性は男性の身体に覆い被さり、男性にお尻を持って動かしてもらうとスムーズなピストンを行うことができます。

このピストン方法は男性もラクなので、同時イキしやすい体位でもありおすすめです。

・対面座位

対面座位は女性優位に動ける体位なので、正常位からのシフトチェンジなど他の体位からも変えやすい体位です。

M字開脚で動くのは疲れてしまうという女性は、後ろに手をついた状態で男性にお尻を持って動かしてもらうとやりやすいと思います。コツを掴めば、お互いの手が自由になるのでキスしたり乳首をなめたりもできる密着度の高い体位です。

・前戯に時間をかける

女性がセックスで中イキをするためには、まずは身体をリラックスさせることが大切です。そのためにはアソコをじっくり濡らさないといけないので、前戯は時間をかけてたっぷりと行いましょう。

大半の女性は、いきなりクンニや手マンをされてもすぐに濡れないと思います。まずは膣周りの筋肉をほぐすように、太ももの付け根部分を優しくマッサージするように愛撫してもらうと緊張が解けて濡れやすくなってきます。

膣周りの筋肉がほぐれたら、ゆっくりと指を滑らすように愛撫を始めていきましょう。クリトリスや小陰唇をなぞるように刺激して、アソコが濡れ始めたら指をゆっくりと膣内に挿入します。

クンニをするときはクリトリスから攻めると外イキをしやすくなります。このとき、男性はクリトリスを舌先で転がしたり優しく吸うように攻めてください。アソコがトロトロになるくらい愛液が溢れてきたのを確認したら挿入に移りましょう。

・性感帯を開発する

女性がセックスで中イキできるようになるには、普段から膣内性感帯の開発をしておくのが効果的です。まずはオナニーでGスポットを刺激して中イキの感覚を掴んでから、おもちゃを使ってポルチオを開発することで連続的な中イキができるようになります。

自分の性感帯を知らない女性もいると思いますが、オナニーや前戯で色々な部分を攻めてみて自身のツボを発掘&開発していってくださいね。

・恥骨を離さない

恥骨とは、男女ともに股間の上のにある骨の部分です。セックスのときにピストン運動をすると、この恥骨部分が離れてしまうことがあります。

しかし恥骨同士をピッタリくっつけたまま腰を動かすと、ペニスが膣奥を刺激して快感を得ることができます。恥骨をつけたまま、じっくりとポルチオを刺激することで中イキできる可能性が高くなります。

・突き方を工夫する

挿入中、ピストンが上手くいかないときは女性の膣の向きに原因があるのかもしれないので、挿入角度を変えてみるなどの工夫してみてください。たとえば、正常位でピストンが上手くいかないときは女性の下付きの膣が原因かもしれません。

女性のお尻の下にクッションを敷いてお尻を少し浮かせた状態にするなど角度を変えて挿入してみてください。女性のお腹の方向にペニスを向けるのではなく子宮に向けてピストンすることで奥深くまで入り、中イキできるようになります。

・リラックスする

セックスでは体位やテクニックも重要ですが、リラックスできるムード作りも大切です。セックスのムードづくりに必要な物理的条件は場所、明るさ、香り、音の4つといわれています。

薄暗い照明をつける、好きな香りの香水を枕につける、テレビを消してセックスに集中できる環境を作り、心身ともにリラックスした状態でセックス行いましょう。

・ポリネシアン・セックスに挑戦してみる

ポリネシアン・セックスとは、ポリネシア地方に伝わる伝統的な性行為の方法で、射精よりも精神的な交わりを重視することでオーガズムを長時間持続させるというものです。

通常のポリネシアン・セックスは性行為は5日に1回とし、残りの4日間は性器を刺激しない愛撫だけを行い気分を高めるのですが、同じ要領でペニスを膣に挿入して30分間、ピストン運動を行わずそのままにしておくことで動いたときに女性は強烈なオーガズムを味わうことができるそうです。

ポリネシアンセックスを試してみて、これまでイケなかった女性が何人もイケるようになったという話を聞いたことがあります。もし興味があるのなら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事はコチラ▼▼

指で性感帯を開発するときは、必ず石鹸やハンドソープで手を洗ってから行いましょう。また、爪の長さやささくれなどで膣内を傷付けてしまうと細菌感染を引き起こしてしまうことがあります。指先のケアは衛生的かつ念入りにケアしてから行いましょう。

・Gスポットの開発方法

Gスポットは膣内の入口から指を入れて恥骨側にあるザラザラしている部分のことです。指で触れるとオシッコをしたくなる感覚になるので分かりやすいと思います。

Gスポットが開発されていないと何も感じないと思うこともありますが、ディルドやバイブを使って開発することで中イキできるようになります。

まずは自分が慣れているおもちゃを使ってGスポットを刺激してみてください。尿意を感じてきてもイクまで刺激するのを続けてみて、中イキができるようになったらポルチオ性感帯の開発に挑戦してみてください。

・ポルチオの開発方法

経験の少ない女性が突然ポルチオを攻めても、快感どころか痛みを感じてしまうことがあります。誰もがいきなり感じるようになるのではなく、快感を得るためには開発を行う必要があります。

ポルチオを開発するためにはおもちゃを使ったり様々な方法がありますが、今回は指で開発する方法を紹介します。

1.まずは外イキでアソコを十分に濡らす

ポルチオは子宮口の入口付近にあるため、いきなり指を挿入しても痛みを感じることがあります。奥まで挿入しても痛みを感じないように、まずはクリトリスなどを刺激して十分に濡らしてから始めましょう。

クリトリスなどで外イキすることによって、子宮が下がってきてポルチオを見つけやすくなります。濡れ具合が足りないときはローションを使ってクリトリスを刺激してみてくださいね。

2.初めは優しく刺激する

指を挿入しポルチオを見つけたら、まずは優しくほぐすようなイメージで刺激してください。グリグリ動かすのではなく指の腹で小刻みに動かすイメージです。はじめは慣れないかもしれませんが、刺激していくうちに徐々に快感を得られるようになってきます。

3.徐々に一定のリズムで刺激していく

快感を感じてきたら、指の速さを変えずにさらに刺激していきます。イキそうになったら指を早めてみても良いですが、開発されるまでは一定のリズムで刺激するほうが集中できてイキやすいと思います。

女性が実際にポルチオで気持ちよくなるには、かなりの時間がかかると思います。また指オナを続けていたら、ある日突然セックス中にポルチオでイケるようになったという女性もいます。焦らず開発を行って、中イキができるようになるまで頑張ってみてくださいね!

関連記事はコチラ▼▼

・おすすめのバイブ


【LCラブコスメ】マリンビーンズ
形状のヘッド部分がGスポットをピンポイントで刺激! ヘッド部分に搭載されたモーターで膣の奥まで振動を直接感じられて中イキしやすい電動バイブ。さらにクリトリスを刺激するクリバイブ機能付きで3ポイント同時に快感を与えることができます。

▼「マリンビーンズ中イキも外イキも自由自在な体に♪
感じる!ラブグッズデビューセット(収納ポーチ付)

公式通販サイトでみる


・おすすめのディルド

【LCラブコスメ】ピンクディルド Mサイズ
細めサイズで初めてポルチオ性感帯を開発する人向け! 曲線なのでGスポットやポルチオをピンポイントに刺激します。立たせて使うことができるので騎乗位の練習にもおすすめです。


▼薄ピンクのかわいいディルド♡
騎乗位の練習にも使える「ピンクアングル

公式通販サイトでみる
セックスで中イキを味わうためには、女性は身も心もすべてリラックスした状態で行うことが大前提です。そのためには、いかに信頼できる相手とやるかが重要だと思います。

テクニックももちろん大切ですが、まずは相手に自分の感じる場所や性感帯をよく知ってもらうことから初めてみるのが、中イキへの近道なのかもしれませんね!(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事