アイコン オーガズムを深める膣トレでイキやすいカラダに! 簡単な鍛え方を伝授

2020.04.25

オーガズムを深める膣トレでイキやすいカラダに! 簡単な鍛え方を伝授

「セックスでの感度が鈍い気がするからどうにかしたい」

感度で悩んでいる女性には膣トレすることをおすすめしたいです。

セックスでの快感を得るためにはオーガズムを深めることが重要で、そのためには膣トレをすることが大切だからです。

それに、膣トレをすれば生理痛の軽減や、尿もれ予防などにも効果があり、セックス時には男性側も快感度が高くなるといいことがたくさんあるんです!

膣トレをすることでパートナーと一緒に感度を上げられるって最高ですよね。ということでこの記事ではオーガズムを深める膣トレ方法についてご紹介します。
セックスでイケないことに悩んでいる女性は多くいます。とくにクリトリスではイケるけれど、挿入時に中イキできることができなくて、少し物足りなさを感じている声をよく耳にしますね。

では実際のところ自らもオーガズムを感じられて、男性をも気持ちよくするにはどうすればいいのでしょうか?

オーガズムを深めよう


オーガズムは性的な絶頂を迎えることを指すのですが、深めるということはより快感を得られる場所でイクということが求められます。

女性はクリトリス、Gスポット、ポルチオと3つのイキポイントがあり、なかでも子宮口付近にあるポルチオでオーガズムに達したときには深くて長いオーガズムが感じられると言われています。

でもGスポットやポルチオでオーガズムを感じるためには性感帯を開発する必要があるので感度を上げるためにも膣トレをしよう! と言われているのです。

膣トレをしてみよう


オーガズムを深く感じられて、男性をも快感に導くには膣トレがおすすめだとご紹介しました。

膣トレをするのはインナーマッスルを鍛えることに繋がるため、スタイルが良くなり、便秘や腰痛、そして生理痛の軽減や尿もれの改善までいい効果がたくさん期待できます。

オーガズムを深くするためにするトレーニングが日頃の悩みまでもが解決できてしまうって鍛えない理由がないですよね。

だからこそ、今膣トレをする女性が増えているのです。
膣トレをすると言っても筋トレのように負荷のかかるものではなく、ながらトレーニングで日々に取り入れられるものも多く、オナニーついでに鍛えることもできちゃうんですよね。

詳しいトレーニング方法は次の項目でご説明していきたいと思います。

ほぐすと締めるがセット


膣トレの基本はほぐすことと締めることが基本です。

膣の締まりをよくするには骨盤周辺の筋肉を動かす必要があるのですが、長く動かしていない筋肉は固まってしまっているため、まずはほぐしていくところからはじめます。

ほぐしが必要であればテニスボールを用意しましょう。

仰向けに寝転んで腰骨の横ラインを意識してテニスボールを踏み、体重で圧をかけながら左右にゆらゆらを動かして筋肉をほぐしていきます。

お尻の上部をほぐしていくことを意識するとうまくほぐすことができますよ。

骨盤付近の筋肉を鍛える


膣トレをするということは膣の締まりをよくするということで、締まりをよくするためには骨盤底筋を筋肉を鍛えるということに繋がります。

■今すぐ簡単にできる鍛え方
1.仰向けに寝転んで膝を立てます。(足はこぶし1つぶんくらいあける)
2.息を吐きながら肩甲骨から腰までを浮かせてキープする(このとき立てた膝よりもお腹が出るくらい体を反らさないように注意)
3.ゆっくり息を吐きながら元の姿勢に戻る

これを1日3セット行い、慣れてきたら2のキープした状態を3秒程度維持して筋力を上げていきましょう。
これだけでもかなり骨盤底筋を鍛えることができますよ。

いつでもどこでも締めて緩めて


なにをしながらでもできるトレーニングもあり、膣の動きを意識した締めたり緩めたりするだけの方法もあります。

電車に乗っているときでも、歯を磨いているときでも、スキあらば膣を締めたり緩めたりして筋肉を動かすことを心がけてみてください。

膣を動いているのかがわからない場合は、円柱のクッションか、丸めたバスタオルに座って正座をし、膣の下にあるタオルを吸い上げるようにグッと力を入れてみましょう。次第に膣の締りと緩みが理解できてくるはずです。

飽きたらボールやバイブを使ってもOK


膣トレは十分自重で行うことができるのですが、違う方法としてはオナニーをしながらの膣トレもアリです。

膣にしっかりフィットするオナニーのために開発されたバイブなら、膣トレに向いているものも多いので、快感も一緒に得たいばらバイブを使用しましょう。

膣は気持ちいいと感じると締まる仕組みになっているため、バイブを使用することで自然に膣トレを行うことが可能です。またバイブを使うことでGスポットやポルチオの開発ができるのでイケるように練習しておくこともできるのです。

また、膣にボールを入れて落ちないように膣を締めるトレーニングができるボールも販売されています。 

▼彼が夢中になるラブタイムへ「膣トレはじめてセット」

公式通販サイトでみる

関連記事はコチラ▼▼

骨盤底筋が衰えているのかがわからない場合は膣圧を測ってみることも可能です。

医療機関に行けば詳しく調べることもできますし、そこまで大きな悩みでない場合は自分で指を入れて確かめることもできます。

確かめる方法としては、指2本を腟内に入れてピースをするように指を広げ、広げた指がどの程度締まりを感じるかで判断していきます。

自然と指が膣圧によって閉じる場合は問題がありません。もしもあまり圧が感じられない場合には膣トレを積極的に行うことをおすすめします。

バイブ付き膣トレグッズもある


膣トレ用として締まりを察知するとバイブする機能がついたグッズも販売されています。 
 
『フェミメイト』と呼ばれる膣トレグッズはスマホでトレーニングができているかを観察することができる優れもの! 膣を締めれば締めるほどバイブが強くなるので気持ちよさがアップするんですね。

フェミメイトでなら、膣トレをしながら膣圧まで一緒に測れてしまうので、膣トレにはもってこいの商品です。

▼エアビー フェミメイト プラス(AirbeeFemimate Plus iOS/Android対応)

Amazonでみる
膣トレはしっかり行えばセックス時に効果がしっかりとわかるため、やり損になることはありません。

締まりがよくなることで、感度がよくなり深いオーガズムを感じられるようになるし、男性も挿入時の締まりの違いに驚くくらいの効果が期待できます。 

セックスを存分に楽しむためにも膣トレを実践してみてくださいね!(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事