アイコン 「言葉ともにガンガンに責められ・・・」 女性用SM風俗店『Lotus』に行ってみた【後編】

2018.11.16

「言葉ともにガンガンに責められ・・・」 女性用SM風俗店『Lotus』に行ってみた【後編】

女性用SM風俗店「Lotus(ロータス)」を利用してみたレポ、後編です。

前編では予約の仕方から当日までの流れ、いよいよホテルにキャストさんがいらしてくれたところまでを書きました。

紳士的で優し気な佇まいの「薫(くゆる)」さんに20分間たっぷりとカウンセリングタイムを取って貰って、いよいよプレイタイムの始まりです。

SMにはセックスにつながるSMと、そうでないSMがある

ちなみに、私は予約時のエントリーシートに「痛いことが好きなわけではないと思うけれど、ご主人様に痛いことをされて耐えるのは好き。本当は相手に合わせて相手の興奮することをして貰うことが好きだけど、今回はセックスにつながるSMではないので、思いっきり泣かされてストレス解消、デトックスしたい」というようなクソ面倒くさい内容を書きました(笑)

そう。SMには、セックスにつながるSMと、そうでないSMがあるのです。私が普段プライベートでしているのはいわゆる「前戯」のSM。私が虐められたり、こちらからご奉仕したりして、ご主人様に興奮していただき、挿入や射精へとつなげるタイプのプレイです。

一方、同じように鞭で叩いたり縛ったりしても、男性の射精を伴わないSMというのもあります。

これは好みの問題で、とくにどちらが本物だとか、優れているとかはないのですが、今回は風俗店ということで、当然挿入禁止のプレイということになります。

というような話はさておき、カウンセリングタイムのあとはキャストさんのシャワータイム。もともと微塵も汗臭かったりということはなかったですが、細部までちゃんと清潔にしていただきました。

……それはいいのですが、目の前で、知らない男性が服を脱いでシャワーを浴びるというのはなかなかシュールな光景です。

前編で書いたとおり、この日はとてもホテルが混んでいて、あまり広い部屋が取れませんでした。入った部屋は脱衣所のない部屋だったのです。

思わず目を逸らし続けてしまいましたが「あっ、全然見られても大丈夫ですよ!」と気さくな薫さん。チラッと見たところ、めっちゃ引き締まったお体でスタイル抜群でした。

コインの表が出たら何があっても従い、裏が出たら抵抗するゲーム

先ほど書いたとおり、自分が希望したのは「泣かされてストレス解消したいです!」ということ。

これを予約時に考えながら、「普段、自分はSMをすることによって何を楽しみに感じているんだろう?」と真面目に考えるきっかけになりました。

私はあまり「自分が気持ちよくしてもらう」というプレイをしないのですが、どうも、日常では出せない悲鳴や泣いたり謝ったりすることで何がしかのストレスを解消しているようです。

しかし本日のキャスト、薫さんはいかにも優しくて紳士的な男性。一体何をして私を泣かせてくれるのか、お手並み拝見という気持ちです。

そしてシャワーを終えて服を着た薫さんが提案してくれたのは「今日はゲームをしましょうか」ということでした。

ゲ、ゲーム……ですか?

「今から私がコインを投げるので、表が出たら何があっても従って、裏が出たら抵抗してください」

なにそれ! おもしろそう!

もうこの時点で興味津々、一気に薫さんの世界観へ引き込まれていきます。

強引な手練手管で、言葉と行動とともにガンガンに責められ・・・・・・

ゲーム開始、まず最初に出たのは裏でした。

「じゃあ、思いっきり抵抗してくださいね。動ける範囲はベッドの上だけです。もし本当にどうしてもイヤな時は『NGワード』を言ってください」

縄を手に持ち、突如雰囲気の変わる薫さん。ベッドの上での追いかけっこが始まると、先ほどまでの虫も殺せないような優しそうな好男子とは思えない強引な手練手管で、言葉と行動と共にガンガンに責めてきます。

そして私が本当に本気で必死に抵抗しているのに、あっという間に体を抑え付けて手足をサクサクと縄で縛っていくではないですか。この手際がとにかくスゴイ!! しかも縄加減はまったく痛くありません。

「す、凄いですね、こんなに暴れても縛れるものなんですか」

思わず素で訊ねた私に、「そうですね。本来、緊縛とは人を捕まえるものですから。両手を差し出してハイどうぞ、という時だけ縛るわけじゃないですよね」と微笑む薫さん。

やばいです、めちゃくちゃかっこいい、そして怖い。

そんな感じでゲームは進んでいき、いろいろなお道具を使いながら表がでたら何が出てもイヤとは言えず責められる、裏が出たら抵抗する――の繰り返しで、身も心もヘトヘトになるまで疲弊させられ、最後に抵抗の範囲を「椅子の上」と狭められた頃にはあまりの敵わなさに思わず「もう無理です、すみません」と泣いてしまいました。

も、目標達成……!!  めちゃくちゃ楽しかった……。

そんなこんなでちょうど予約時間いっぱいに。

ちなみにこのあと、ご希望の方にはお話オプションをつけてティータイムを楽しんだりもできるそうです。Twitterなどを見ていると、お客様の差し入れのかわいいケーキなどを一緒に召しあがるキャストさんの姿も。

プ、プレイ中はあんなに怖いのに! 終わるとすぐにまた優しく紳士的!

そのギャップがまたミステリアス。プロだなあとしみじみ感心してしまいました。

OKなプレイ、NGなプレイ

さて、最後に、今回は特別にLotusさんとキャストさんにお話を伺わせていただきました。皆さまがご予約なさる場合の参考にして頂ければ幸いです。

「快楽責め、所持道具について」

今回私はこじらせを思い切り発揮したリクエストをしてしまいましたが、もちろん、快楽責めや性器へ触れるプレイも可能です。

Lotusさんの公式サイトに載っているキャストさんの所持道具は恐ろし気なものが多いですが(笑)痛みのないSMも大丈夫。ただし、直接性器に触れるお道具は使い回しNGなので、お客様自身でご用意くださいとのことでした。

「困ること、NG行為は?」

NG行為の一番は当たり前ながら本番行為の強要です。

中には女性側からの依頼だから本番もOKだろう、というような安易な考えで問い合わせをしてくる方もいるようですが、風俗での本番行為はまず法律違反です。もちろん、プレイ中に気持ちが盛り上がってきてしまう場合もあるかと思いますが、お店やキャストさんを危険にさらさないためにもここはぐっと我慢しましょう。

また、Lotusのキャストさんたちはお客様からの質問を受け付けるためにTwitterのDMを開いています。こちらに、何度も何度もプライベートなメッセージを送って来るのも遠慮してくださいとのこと。

キャストさんの体はひとつ、お客様全てのプライベートタイムに1日中お付き合いすることはできません。私的なご主人様ではないので、メール調教を求めることなどはNG。あくまでもご指名時のプレイタイムだけを一緒に愉しめるものだと思ってください。

特別な時間、特別なお相手だからこそ、実際に会った時に普通の何倍もステキな時間を過ごせるのです!

美容院に行くような感覚で気楽にSMが楽める

危ない目にあったり、M女と思われるだけであらゆる搾取をされてしまいがちなSMの世界。風俗店として安全と安心が保証されつつ、プロの手腕でしっかりとギリギリを見極めて責めていただけるのは凄く貴重な体験だと思いました。

ちなみにLotusさんは日によってご指名を替えてもとのこと。気分によって、その日はどんな責めをされたいか、「美容院に行くような感覚で気楽に楽しんでください」とのことでした!

私もまた、ストレスが溜まった時にはぜひ普段は出せない感情をさらけ出し、心と体を委ねにいきたいと思います。(深志美由紀/ライター)
関連キーワード

関連記事