アイコン オンナ度を上げる4つの習慣

2017.01.22

オンナ度を上げる4つの習慣

「オンナ度を上げたい!」と思っても、何から始めたらいいのかわからないという女性も多いはず。日ごろのちょっとした習慣や心がけ次第で、年齢に関係なく女性としてのセクシーさに磨きをかけることができます。
今回は、オンナ度を上げる習慣を4つご紹介します!

少しの外出時もヒールをはく

歩きやすさを重視するがあまり、スリッポンやスニーカーばかりをはいてしまう女性も多いはず。「今日はデートじゃないし…」なんて思って、気を抜いてはいませんか?普段の生活で実用性ばかりを重視するのでは、ちょっといただけません。
ヒールをはく習慣を身につけましょう。近くのスーパーで少し買い物をするだけというときも、なるべくヒールで。日常のささいな瞬間もオンナを意識することで、セクシーさに磨きがかかりますよ。

下着にこだわる

まだ使えるからと、色褪せしていたりヨレヨレになっている下着をいつまでも着続けている女性はいませんか?「いつ運命の人とばったり巡り合い、そのままホテルに向かうことになったとしても大丈夫!」というくらいの下着をいつもつけておくことで、オンナとして身も心も引き締まります。
外からは見えないところにまで抜かりのない女性は、きっといいオンナ。洋服ばかりではなく、下着にもこだわってくださいね。

クチビルをさわる

日ごろから色っぽい仕草を心がけることで、オンナ度が上がるでしょう。たとえばお酒を飲むときや、パソコンを向かっているときなど、ふとしたときにクチビルをさわるようにしてみてください。
やがて無意識にクチビルをさわるようになれば、そのときあなたは、とてもおフェロなオンナになっていることでしょう。男性は女性のささいな仕草に、心をくすぐられます。異性を惹きつける仕草が自然にできる女性は、魅力的ですよ。

ちょっと高いお酒を飲むようにする

仕事帰りにコンビニで一番安い発泡酒を買い、おうちで晩酌…。そのようなコスパを求めすぎる生活は、オンナ度を上げたい人にはあまりおすすめできません。
「数万円するワインを日常的に飲んでください!」などとは言うつもりはないけれど、やはり日々口にするお酒にも、安さ以外のこだわりをもちたいもの。一回の晩酌に数百円上乗せするだけで毎日が少しでも豊かになるのなら、そちらを選んでほしいです。ささやかなことにこだわりをもてる女性になってみませんか?

こだわりのある日常が、オンナ度を上げる!

ちょっと外出するだけのときにもヒールをはいたり、下着に気をつかったり。そのように日常の中にささやかなこだわりをもつことで、オンナ度を上げることができますよ。(haryo/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?
関連キーワード

関連記事