アイコン カラダの関係を持ったあと男性心理って?

カラダの関係を持ったあと男性心理って?

気になっている男性と付き合う前に体の関係を持ってしまった場合、女性なら「これからどうなってしまうんだろう」と不安に思うことがあるといいます。

一方、男性は体の関係を持つと気持ちが冷めてしまうといわれていますが実際のところ、どうなのでしょうか。体の関係を持ったあとの男性心理について調べてみました。

①手に入れたので満足!

男性は付き合う前に体の関係を持ってしまうと、目的が果たせたと満足してしまいます。セックスがしたいと思った女性にはあの手この手を駆使して男性は誘ってきます。

そこで簡単に体を許してしまうと、男性は目的が達成されることになります。目的を果たすと、男性はその女性に対して興味が薄れて満足してしまうのです。

②体の相性がよければセフレにしたい

付き合う前に体の関係を持ってしまった女性に対して、男性は「体の相性が合えばあわよくばセフレにしたい」と思うようです。男性は女性と違い、相手のことが好きじゃなくてもセックスできます。関係を持った後、その男性にフェイドアウトされたら「体の相性が良くなかった」「思ってたほどセックスが良くなかった」と思われたのかもしれません。

③安い女と思われることも…

付き合う前にセックスをすると、男性にとって「彼氏以外の男に身体を許す女」とマイナスイメージを持つことがあります。男性は彼氏以外の男に体を許す女性を恋人にしたいとは思わないようです。セックスはしたいけれど、彼女にするのは身持ちが硬い女性がイイ……という都合の良い考えを持っているのです。

④好きになってしまうこともある

男性は誰しも、1度セックスしたから満足するというわけではないようです。遊び人ではない純粋な男性の場合、セックスをしてしまったら好きになってしまうということもあります。こういう男性の場合、セックスの後に勢いで告白してきたり、あからさまな好きアピールをするなどわかりやすい態度をとることもあります。

⑤本気の場合、女性がわからなくなることも

もし、男性が体の関係を持ってしまった女性のことを本気で好きであれば、セックスの後に何も進展がなければ「彼女が何を考えているのかわからない」と女性不信に陥ってしまうことがあるようです。男性が好きアピールをしてきて、自分にも付き合いたいという気持ちがあるのなら、早めに告白するのもよいかもしれませんね。

①「こんな関係になったのは初めて」と言う

男性は女性にとって「初めての人」になりたいと思う生き物です。ならば、「付き合う前にこんな関係になったの〇〇君だけ」と彼に言ってみましょう。嘘も方便というように、純粋ぶっている女性の方が男性も「カワイイ」と思うようになるはずです。

②好きアピールをする

彼と付き合いたいのであれば、まずは自分の気持ちを伝えてみましょう。とはいえ、いきなり告白するのは重いので、まずは可愛らしく「好き」と伝えてみましょう。自分のことを好きという女性に対して、男性は体だけの関係になることに罪悪感を覚えます。これが面倒臭い女ならばフェードアウトしてしまいますが、好きアピールをする女性なら側に置いておきたいという気持ちになるのです。

③彼の言いなりにならない

彼が求めてきたらすぐにエッチに応じてしまう、彼が連絡してきたらどんな状況でも会いに行ってしまう……など、彼の言いなりになってしまうのは要注意。

一度、エッチした後に彼と付き合いたいのであれば、相手にとって特別な存在にならなければいけません。男性は、自分の思い通りにならないときほど燃える生き物です。連絡すればいつでも会える女に自ら成り下がらないようにしましょう。

④何度も身体を許さない

最も大切なことは、1度体を許した後に何度も身体を許さないということです。何度もセックスする関係になってしまったら、セフレ認定されてしまい彼女になることは難しいと思います。都合の良い女だと思われたくなかったら、付き合うまでエッチはしないと心に誓うことが大切です。

⑤彼女ヅラをしない

一度エッチしたからといって彼女ヅラをするのはNGです。もし本当に、その彼と付き合いたいのであれば、焦らず狙いましょう。毎日のように連絡をしたり束縛や彼の部屋の忘れ物をするような行為は絶対にやめましょう。簡単に手に入った存在は、わかりやすく少し離れることで、彼に闘争本能を呼び覚ませることができます。
付き合う前にセックスをするということはデメリットだらけだと思いがちですが、実はそうでもないのです。男性は自分の手の中に落ちた女性はずっと自分のことを好きでいるという自信を持っています。

しかし、そう思っていた女性が自分から離れていくと感じたとき、その女性に対して強く執着するようになります。体の関係を持ってしまっても悪あがきをするのはやめましょう。相手の性格や状況に合わせて、虎視眈々と狙うことが大切なのです。

(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事