アイコン 巨根じゃないのに… 彼女のアソコに入らなかったときの男の本音

巨根じゃないのに… 彼女のアソコに入らなかったときの男の本音

以前、好きな女性から靴下をプレゼントされたことがありました。うれしくて早速家に帰って履いてみたのですが、足が太くて入りませんでした。

ショックだったのでちょっと体を絞って、なんとか履けたときには感動したものです。

目的のないダイエットって苦痛だけど、しっかりと目的があるのなら、ダイエットも楽しいものですよね。そういうわけで今回は、ダイエットのお話を……一切これっぽっちもせずに、セックスの話をしましょう。

靴下が入らないってのもしんどいものですが、彼氏のアレがアソコに入らないなんて事態は、より深刻ですよね。これは男性にしてみても、かなり焦る瞬間です。

僕も過去に、そういう経験をしました。

いざエッチしてみると、相手のアソコが狭すぎて、親指すら入らないといった事態に直面したことがあります。
こういうとき、相手がまだ若いなら「まあ、そういうこともある」ってなものですが、成人してもそんな感じだとさすがに焦るものです。

今回は、彼女にアレが入らないために四苦八苦する男性たちの本音。

女性には直接伝えることがほとんどない、本当の気持ちについて紹介していこうと思います。
彼女にアレが入らないってのは、男性としては自分が勃たない以上に困った問題です。

特に、別にサイズが大きくもなく、純粋に彼女のアソコが狭い場合って、どう対処していいか分からないんですよね。

そういう経験は、ほとんどの男性は味わっていないので。

なので感覚として「うわ、マジかよ」みたいなことを思っちゃうのは当然かもしれません。そら焦りますよね。

どう頑張っても狭くて入らないし、無理に挿入しようとして彼女が痛がるのも本末転倒です。気持ちよくなろうとしてて痛みをあたえちゃ意味もありません。かといって、一朝一夕にアソコが広くなるわけもなし。

時間をかけて少しずつ、拡張していくしか方法がないですし、そうなるとしばらくは挿入もできないままベッドを共にするわけで、これは特に年ごろの、エッチしたがりな男性にとっては苦痛といえるのかも……。

▼性交痛を改善したい!
セックス時に痛みを感じる方向けの潤滑剤はこちら
もっとも、この「彼女にアレが入らない」問題については、そこまで悲観的にならない男性もいます。

挿入ができなくても気にしないというか、お互いに気持ちいいことができればそれでOKとする男性もいるということですね。

たとえばシックスナインでお互いに気持ちよくなるとか、いわゆる素股をやらせてもらうとか、フェラでイカせてもらうとか。

男性にしてみれば割と、とにかく自分が最終的にイケるんであれば、挿入ができなくても問題とは思わないという層も、僕の周りにはいます。

考えてみれば風俗なんかで鍛えられていれば、挿入はしないのが当たり前になっちゃってるし。風俗好きの男性は、アソコが狭い女性との親和性は高いのかもしれませんね。

以前僕の知り合いがエッチした女性に、とてもアソコが狭い子がいたそうです。が、この知り合いは無類の風俗好きだったので、挿入なしで楽しむ方法をいくらでも、それこそ魔法のように思いついたんだとか。

一方で、相手の女の子はアソコが狭いことをコンプレックスに思っていたようで、その知り合いから提示され、伝授される挿入を介さないセックスをいくつも知ることで、ある程度ベッドインに対しての気分が楽になったんだとか。

僕は風俗好きの男性ってあんまり好きじゃないんだけど、そういう男性でも場合によってはメリットがあるということなんでしょうね。別に、アソコに入らないからといって、そこまで悲観的になることもないのかも。
まあ、そうはいっても、いざ挿入というくだりになって「あ、ごめん。私、挿入できないかも」といわれれば、さすがに面食らうのが普通の男性かもしれません。

ただ、それも大した問題ではないのです。僕もかつて、脱がせてみたら相手の股間が自分と同じだったってことがあったけど、それに比べれば、アソコが狭いなんてことは男性にしてみれば、まだ許容範囲。

彼女のアソコにアレが入らないという現状をすぐにどうにかすることはできません。無理は禁物なので、クンニをしてもらったり愛撫に重点を置くベッドインをすることで、お互いに愛情を深め合うのがいいでしょうね。

そういうベッドインも、立派なセックスです。彼女にアレが入らないってだけでへそを曲げる彼氏なんて、しょせんその程度の男の子なのです。

挿入だけがエッチではないっていうことですね!

なので、アソコが狭いことを自覚している方も、そこまで卑屈になることもないでしょう。

体質なんだもの。それは個性なんだから、自分の特徴として受け入れるほうが楽。

そのような自分を受け入れてくれる人の彼女になるほうが、絶対恋愛もセックスも楽しめるはずですよ。

(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼ラブタイムが潤う♡一番感じる部分に塗る「ラウララ
じんじんと温かく、いつもより感じる……
何度も求めあいたくなるベッド専用美容液

ラウララの詳細はこちら

関連記事