アイコン 人から嫌われるサバサバ女子・好かれるサバサバ女子の大きな違いとは

2021.09.30

人から嫌われるサバサバ女子・好かれるサバサバ女子の大きな違いとは

「メソメソしてるメンヘラ女なんてダサい」
「女友達より男友達といる方がラクなんだよね」
「インスタ映え気にしてるのとかダルい」

女子のメインストリームから一歩はみ出ていることが、自分のアイデンティティであるかのように語る「自称サバサバ女」……。あなたの身の回りにもいませんか?

最近はインターネット広告によく表示される「自称サバサバ女漫画」が話題になっていたりも。世間的にも、サバサバ女は一歩間違える男性にも女性にも嫌われるイタい女の象徴になっています。
サバサバしているって、本来は女の面倒くさい部分がなくなった、さっぱりした女性のことを褒めるための言葉だったはず。人から好かれるサバサバ女と、嫌われるサバサバ女……そこには、どんな違いがあるのでしょうか。
女性は男性と比べると、グループで固まって行動したり、周りと意見を合わせてしまう人が多いものです。たしかに、いつも女性同士で固まっていて、自分の意見を持たずに周りに流されている女性は、女性目線で見ても「つまらない女性」として映りますし、男性目線で見ると「価値観の古い女性」として映るでしょう。

自分の意見を持って行動している女性は、自立していてさっぱりしているかっこいい女として映ります。とはいえ、最低限人への気配りを持ったり、自分の意見があったとしても、周囲の意見を否定しない公平さなどを兼ね備えていないと、ただただ空気が読めない人としてイタい女認定されてしまいます。

人の意見を気にしないことと、空気が読めないことは違います。嫌われるサバサバ女は、人との距離感を踏み間違えてしまうことも多いもの。面白おかしく他人をいじったりして、大人数での会話中でも、空気を読まずに周りの人を下げるような言動をしてしまい、結果男性からも女性からも敬遠されることになるのです。
サバサバしている女性は、周りに流されず自分の意思を貫くため、流行にあまり頓着がなかったり、他人からどう見られるかに興味を持たなかったりします。自己承認欲求が低く、自分の価値観を自分で認めているので、人からの評価をウジウジ気にしたりしないのです。

しかし、人から嫌われるサバサバ女は、自分の意見を棚に上げながら、人の意見をバカにしてしまういやらしさを持っています。流行に頓着がないからって「インスタ映えを気にするのなんて女々しい」とか「自分のスタイルが確立されてないのってダサい」なんて、典型的な特徴を持つ女性たちを下げていると、結局は周りの目線を気にして、自分の意見を主張しているようにしか見えません。

本当にサバサバした女性は、自分を認めているからこそ、人を貶めるような発言をしません。自分は自分、他人は他人。「みんな違ってみんないい、ただそれだけ」と思っているのです。陰口を言うくらいなら、本人にしっかり伝えてあげようと考えるのが、本当のサバサバ女子です。
現時点でサバサバ女になっている人の中には、本当に性格がさっぱりしている人もいますが、本人のキャラクター的にサバサバ女にならざるを得なかった、という人もいます。

背が高かったり太っていたり、外見が女らしくなかったことで、女の子っぽく振る舞うことが恥ずかしくなってしまい、いつの間にかサバサバ風に内面を寄せて生活してきてしまった人もいるのです。

そういう女性ほど、実は女性らしさに憧れがあります。だからこそ、地で女性らしくふるまえる子のことを「あざとい」と貶してしまうのです。

本当は自分も女性らしくありたいのに、コンプレックスが邪魔をすればするほど、理想に近い女性に嫌悪感を持ってしまいます。こういう女性は、サバサバ風に振る舞っていても自己肯定感が低く、内面は全くさっぱりしていないことが多いのです。
人から好かれるサバサバ女は、一言で言うなら「自立している女性」に近い人です。自分の意見をしっかり持っていて、周りに流されず、自分の人生を謳歌できる人。人に対してオープンで裏表がないため、一本筋が通っていて、行動・言動に一貫性があります。

外見が女性らしいかどうかは、サバサバしているかどうかには全く関係ありません。女性らしい見た目の人でも、内面が自立していて、心の通っている女性はいます。ただ、女性らしさを武器に人に媚びるようなことはしない人だったりします。

自分の意見のある自立した女性は、男性から見ても女性から見てもかっこよく見える人。だから、男友達の方が妙に多い、なんてこともなく、ちゃんと女性からも好かれます。

サバサバ女の漫画に登場するような「男友達が多い」「冷たい」「口が悪い」という特徴は、人に好かれるサバサバ女子からは真逆とも言えるような、サバサバ風ネチネチ女子の特徴です。

キャラクターの問題でサバサバ風に陥ってしまっている人でも、こう見られてしまうと周囲から一線を引かれてしまいます。身近な人が大人になってからサバサバ風になってしまっていたら、そっと一言忠告してあげてくださいね……。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事