アイコン 好きな人から返信が来る!モテ女子のLINEテクニック

2021.07.26

好きな人から返信が来る!モテ女子のLINEテクニック

恋愛において、LINEは相手とコミュニケーションをとる大切なツールですよね。普段からLINEを使う人は多いと思いますが、好きな人が相手だと緊張したり何を送っていいのか分からなくなってしまう……という方も多いのではないのでしょうか。

今回は、モテる女子が実践している好きな人へのLINEテクニックをご紹介します!
好きな人とはなるべく長いラリーでLINEをしたいと思いますよね。そのためにはLINEを送るタイミングがもっとも重要です。

特に時間帯は重要で深夜~朝方に送っても相手からの返信が来る確率は少ないと思います。

LINEを送るのにベストな時間帯は昼~午後1時のランチタイム、または相手が仕事を終えて帰宅する夜9~10時頃です。

眠りにつく2、3時間前、大体の人は家でくつろいでいる時間帯なのでLINEを返信するのにも余裕があります。

ただし、週末は飲みに行く人も多いと思います。この時間帯に送るのであれば平日に、週末なら夕方用事を終えて帰る夕方頃が比較的返信しやすいといえるでしょう。

・メッセージに相手の名前を入れる

たわいのない会話でも、メッセージの中に相手の名前を入れるか入れないかで印象はかなり変わってきます。

たとえば、「おはよう」という普通の挨拶でも「〇〇くん、おはよう」と送るだけで相手からすると親近感がわくはずです。

また、漢字で名前を送ることで「俺の本名を覚えていてくれたんだな」と相手に特別だということを意識させることができます。

・喜びは全力で表現する

彼からデートのお誘いなど、うれしいLINEが来たときは、全力で喜んでいるメッセージを送りましょう。

「うれしい、楽しみ!」「何、着ていこうかな~」など、少々オーバーに表現するくらいがちょうどよいでしょう。

また、ハートのスタンプで行為をアピールをするのもおすすめです。LINEの感情が豊で人懐っこいメッセージは相手によい印象を与えます。普段のキャラがクールだったりあまりテンションが高くない女子がやるとさらにギャップがあってよいでしょう。

・報告だけのLINEはNG

「今日は××ってところへ行ってきたよ~」など報告系のLINEを送る人っていますよね。このような単なる報告だけの内容を送られてきても相手からしてみれば返信の仕様がない……というのが本音だと思います。彼からの返信がほしいのであれば、報告とともに質問を送るのが大切です。

たとえば……「今日は銀座の××っていうイタリアンに行ったんだけれど、パスタがすごい美味しかったよ~! Aくんはパスタ好き?」と細かく内容を送ることでイメージがしやすくなるし質問をすることで話が広がりやすくなります。

関連記事はコチラ▼▼

・ほどよく質問を入れる

LINEで上手く話を盛り上げて長いやりとりをするためには、ほどよく質問を送るのが大切です。

質問は次のデートにつなげるチャンスです! たとえば、先述した「今日は銀座の××っていうイタリアンに行ったんだけれど、パスタがすごい美味しかったよ~! Aくんはパスタ好き?」という質問を送るとしましょう。すると男性から、

(A)「パスタ好きだよ!」
(B)「う~ん、パスタよりラーメンのほうが好きかな」

という回答が来るとします。

(A)であれば、「じゃあ、今日行った店今度一緒に行こうよ!」と返すことができます。また(B)の場合でも、「ラーメン好きなんだ! 私も好きなんだよね。美味しいところあったら教えて!」と返信をするとそこからラーメンの話で盛り上がりますよね。

相手も会話に興味があれば質問をしてくるので自然と会話が盛り上がるはずでしょう。ただし、こちらから一方的に質問を送ったり相手が興味なさそうな内容の質問はNG!

相手の反応を見ながら流れを読んで、相手が興味ありそうな話題で質問をするようにしましょう。何となく質問をしているだけでは、関係も進展しないでしょう。

・報告系の内容には同調を



先述した報告系のLINEを送ってくる男性は割と多いと思います。正直、返信に困るのが本音ですがそんなときは同調返信するとよいでしょう。

たとえば、「今、仕事終わった」というLINEであれば、普通に「お疲れ様」と返す前に「そうなんだ、私も今終わったよ~」と返してみましょう。

相手も同じ状況にいるというだけで、なんとなく親近感って湧きませんか? その後に「お疲れ様」を送ることで、普通に「お疲れ様」と送るのと全然印象が変わってきます。

・自分に興味を持たせる返信をする

LINEはどちらかが会話に興味がなくなってしまったら、そこで終わってしまいます。こちらばかり彼に興味を持っていても、彼があなたに興味を持たなければ会話は続きません。

単調な会話だけでなく、時にはユーモアを交えて返信するなどして「LINEしていて面白い」という印象をも持たせましょう。

LINEも普通の会話と同じなので、会話の引き出しはたくさん持っておいたほうがよいでしょう。彼が興味を持ちそうな内容や趣味やグルメなどをあらかじめリサーチしておくのもよいと思います。
LINEは恋愛に欠かせないツールですが、1つ間違えるとそこで関係が終わってしまうことにもなりかねません。

会話の流れをよく見て、彼が会話を終わらせたくなる前に早めに切り上げることも大切です。彼の興味を上手く引き出してラブラブなLINEを送り合ってくださいね!
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事