アイコン 定番から意外なものまで、男性の脈あり行動12選

2021.07.30

定番から意外なものまで、男性の脈あり行動12選

男性の脈あり行動。わかりやすいものもあれば、「え、まさかそれが脈あり行動なの!?」という意外なものもあります。この記事では、恋愛ライターが男性たちの脈あり行動をご紹介、また、両思いになるための対応の仕方もあわせてご紹介します!

(1)積極的に話しかけてくる

必要な連絡事項などの話だけでなく、たわいもない雑談のためにわざわざ近くに来て話しかけてくる。これは脈あり行動の中でも定番中の定番です。そりゃそうですよね、興味がなければわざわざ話しかけたりしませんから。

両思いになるための対応の仕方は、話しかけられたとき楽しそうに話したり、話し終えるのを名残惜しそうに「もっと話していたかった」なんて言うといいでしょう。
 

(2)全然話しかけてこないパターンもある

「自信がない」「緊張して話しかけられない」というふうに、気になる子がいても積極的になれない男性も大勢います。その場合、目線が良く合うとか、次にご紹介する「LINEやSNSのDMで頻繁に絡んでくる」といった、顔を合わせずに済む方法でアプローチすることがよく見られます。
 

(3)LINEやSNSのDMで頻繁に絡んでくる

気になる人のことをもっとよく知りたい、もっとお話ししたい。そんな気持ちからLINEやSNSのDMを送ります。また、SNSの投稿にしょっちゅうコメントしたり、リアクションをします。
両思いになるための対応の仕方は、「話していて楽しい」「メッセージがきてうれしい」と言ったり、相手のSNSの投稿にもコメントしてあげるなどがおすすめです。
 

(4)やたらと褒めてくれる

「かわいい」「キレイ」「おしゃれ」など、褒めることでそれとなく「脈ありだよ」と伝えようとする人もいます。

ただ、最近では容姿について触れることがセクハラになる可能性もあるので、容姿ではなくLINEスタンプのセンス、SNSに投稿する写真のセンスなどを褒める人も少なくありません。

両思いになるための対応の仕方は、同じように褒めること。「ありがとう! ○○くんもかっこいいよ/おしゃれだよ/センスあるよね」というふうに、相手が褒めてくれた点を同じように褒め返してもいいですし、また別の点を褒めてもOKです。気になる人に褒められてうれしくない人はいません。
 

(5)ふたりでご飯に行くお誘いをしてくる

気になる人とご飯に行きたい。これはいたって自然な発想ですね。逆に、気にもとめない人をあえてご飯に誘いたいかと言われたら(社交的な人であればだれでも当たり前のようにご飯に誘うかもしれませんが)普通はあまり誘わないでしょう。

両思いになるための対応の仕方は、「ご飯が楽しみ」という言い方をするのではなく、「○○くんとご飯に行くのが楽しみ」と言うこと。楽しみなのが「おいしいご飯を食べること」ではなく、「あなたと過ごす時間が楽しみ」というニュアンスです。

ただ、これはけっこう攻めているというか、「好意があります」のサインとも言えるので、「まだ相手を見定めたい」という状態では言わないほうがいいかも。その場合は「ご飯が楽しみ」と言っておきましょう。
 

(6)やたら自慢話をする

「俺ってこんなにすごいんだよ!」というアピールのためです。恋愛に不慣れな人や、ほかにライバルがいて「ライバルには負けたくない!」という思いからつい自慢話が多くなってしまう、という人もいます。
 

(7)話しかけると挙動不審になる

これは、緊張が原因。「うわ、気になるあの子から話しかけられた!」というふうに緊張してしまい、やたら早口で話したり、目線に落ち着きがなくなったり、会話の受け答えがちょっとズレていたり、といった行動をとってしまうのです。
 

(8)酔うと電話をかけてくる

「好きな人の声が聴きたい!」という気持ちが、お酒によって抑制がきかなくなった状態です。

「酔って電話をかけてくるなんて可愛い」と思う人もいれば、「勝手に酔って勝手に電話をかけてこられても迷惑」と思う人もいるでしょう(笑)。これについては好みが別れそうですね。
 
 

(9)恋バナをしたがる

「気になる人に今恋人がいるかどうか知りたい」「どんな人がタイプなのか知りたい」恋をしたことがある人なら、だれもが一度はそう思ったことがあるはず。男性もまったく同じで、気になる人のことが知りたくて知りたくてたまりません。

両思いになるための対応の仕方は、まずは恋人がいないと伝えること。それを聞いただけでも男性は「よっしゃ!」とうれしくなります。
 

(10)何気なく言ったひとこともきちんとおぼえている

「この前、○○って言っていたよね?」というふうに、あなたが過去に何気なく言った発言をおぼえているのも脈あり行動のひとつ。気になる人の言ったことですから、自然と頭に残ったり、あるいは「好きな人のことだしがんばっておぼえよう!」という気持ちになるものです。

両思いになるための対応の仕方は、「おぼえてくれていたの? うれしいな」と言うこと。このセリフを聞いた男性は「好きな人をよろこばせることができた!」という気持ちになるのと、「へへ、何気なく言ったこともおぼえている俺、いい男だろ?」といい気持ちになります(笑)。
 
 

(11)調子が悪そうなとき「大丈夫?」とめちゃくちゃ寄り添ってくれる

気になる人のことはつい目で追ってしまうもので、調子が悪そうなときや、普段とちがってようすがおかしいときにはすぐに気がつきます。そして「大丈夫?」「無理しないでね」「俺がやるからゆっくりしていて」なんて寄り添ってくれます。

ちなみに、本心から心配していることもあれば、「気になる子にやさしい男アピールしたい」という思惑があるケースもあります。
 
 

(12)気になる子だけがわかるようなSNSの投稿をする

気になる子が見たら「あ、これあの件についての話だな」と理解できるけど、ほかの人から見たら「この投稿なにを意味しているんだろう?」と理解できない投稿をします。「ふたりだけの秘密を共有したい」「SNSという公の場で、あえて好きな人だけがわかる暗号を送って特別感をだしたい」といった心理です。

関連記事はコチラ▼▼

男性たちは、けっこう頑張っています。あの手この手でアプローチをしています。ふとまわりを見渡してみると、あなたが見過ごしていただけで、実はアプローチされているなんてこともあるかもしれません。ご紹介した内容が参考になれば幸いです!’(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
 

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事