アイコン 現役キャバ嬢に学ぶ、飲みの席での下ネタの上手い返し方

2021.05.24

現役キャバ嬢に学ぶ、飲みの席での下ネタの上手い返し方

飲みの席で急に下ネタを振られて、反応に困ってしまい場をシラけさせてしまった……という経験ってありますよね。セクハラやパワハラが問題視されている今、下ネタはなかなか言いづらい世の中。

それでも飲みの席では話題に出がちです。今回は、現役キャバクラ嬢の皆さんに「下ネタを振られたときの対応方法」から「下ネタの盛り上げ方」までアレコレ教えてもらいました!
まず、最初に気になるのは「飲みの席で意図せぬ下ネタを振られたときに、場を気まずくしない上手な返し方」です。キャバクラ嬢の皆さんは、普段どのようにお客さんに返しているんでしょうか?

①同じ質問を聞き返す
「お客さんに下ネタ系の質問をされたときは、『自分はどうなんですか~?』と言って同じ質問を返しています。自分だけ答えるのは恥ずかしいから、まずは相手のことを先に聞くんです。

相手が答えたら、さらにそのことに対して質問をしていくことで会話が盛り上がります。ちなみに、店以外では好意のある男性によく使います。あなたに興味があるから下ネタOKだけれど、ビッチには見られたくないというときにおすすめです」(23歳/キャバ嬢)

②笑ってほめてあげる
「下ネタを言われたら大爆笑をして『やだ~、〇〇さんったら面白い!』『ほんとに盛り上げるよね~』と言ってとりあえずほめます。男性が下ネタを言うのは会話が盛り上がると思っているから、とりあえずほめて盛り上げておけばお客さんも満足します。店以外では会社の上司とかによく使いますね」(25/キャバ嬢歳)

③適当に流す
「単に盛り上げたいだけならまだしも、中には自分が脈アリなのか確かめようと下ネタを言う人っていますよね。もし、それが自分の興味ない相手だったら一切乗らないで適当にかわすのが一番です。

私がよく使うのは笑いながら『え~、わかんない~(笑)』とか『ちょっと、飲みすぎじゃない?』とかですね。適当にかわすことで、相手もだんだんシラけてきて何も言ってこなくなります」(26歳/キャバ嬢)
下ネタを振られたときにかわす方法は分かりましたが、たまには下ネタに乗っかって話を盛り上げたいというときもありますよね。下ネタを盛り上げるためには、どうすればいいのでしょうか。下ネタトークのOK/NG行為をキャバクラ嬢の皆さんに聞いてみました!

・下ネタトークのNG行為とは?
①生々しい話をする
「エッチのプレイ内容や自分の性癖など、やたらと生々しい話をするのはNG! 中には喜ぶ男性もいるかもしれませんが、ビッチという印象がついちゃうし店によっては店員に注意されることも。あと、大人数の飲み会だと女の子からは絶対に引かれてしまいますね」(27歳/キャバ嬢)

②あからさまに嫌そうな顔をする
「たとえ、下ネタが苦手でもあからさまに嫌そうな顔をするのは絶対にNG。その場がしらけるし、その後も気を遣ってしまいますね。どうしても苦手であれば、冗談っぽく『ドン引き……』っぽい顔をするのがおすすめです。私がよくやるのは、少し嫌そうに変顔すること。眉間にシワを寄せて口をめちゃくちゃすぼめたり、ちょっとおもしろい顔をすれば皆そっちをいじってくれるので、それ以上下ネタが続くこともありません」(22歳/キャバ嬢)

③ノリノリで食いつく
「どうでもよい飲み会ならノリノリで食いつくのもアリかもしれませんが、1人でも狙っている男性がいるのなら絶対にやめたほうがいいと思います。男からはビッチだと思われそうだし、女の子からは下ネタでも気にしないサバサバ感がウザイと思われそう。モテたいのなら、積極的に下ネタに乗らないほうがよいと思います」(28歳/キャバ嬢)

・下ネタトークのOK行為とは?
①ちょっとだけ話して他の人に助けてもらう
「エッチなトークには少し恥ずかしそうに『私はこんな感じかなぁ~』と少しだけ話す。その後、さらに聞かれたら顔を赤くして『もう、おしまい! 他の人話して~』と言って他の人に話を振ります。『本当は真面目だけれど、頑張って下ネタ話しました感』を出せるのでおすすめです(笑)」(23歳/キャバ嬢)

②興味津々そうに話を聞く
「自分から下ネタを話すのは好きじゃないのですが、興味津々そうに男性に色々聞くと喜ばれます。こっちに質問を振られる隙がないほど『それってどういこと?』『それをするとどうなるの?』とアレコレ質問するのがコツ。純粋だけれど実は興味はある……感じを演じられるのでおすすめです」(24歳/キャバ嬢)

③淡々と話す
「ある程度、年齢がいってる女性が下ネタに照れているとイタイと思われそうなので淡々に話しています。普通の真面目な会話と同じトーンで話すのがポイントです。あまり笑ったり、盛り上げたりもしません。男から見るとそっちのほうが逆にエロいと思うそうです(笑)」(29歳/キャバ嬢)
狙っている男性であれば、下ネタトークはときにはベッドに持ち込むための大事な武器になります。下ネタが苦手でも、あからさまに嫌そうな顔をしたりせず上手に盛り上げて男性をメロメロにさせちゃいましょう♡(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事