アイコン セックスで濡れやすい体質の女性に対して、男性が抱く本音とは?

セックスで濡れやすい体質の女性に対して、男性が抱く本音とは?

セックスしているとき、男性がちょいちょい気にしているのが「相手が濡れてるか」です。

十分濡れていればそれだけ相手も気持ちよく思ってくれてるんだろうと考えることができますし、まだそんなに濡れてないって場合には、愛撫をもっと念入りにしようと考えることもできます。

女性にとっては初めてセックスをする男性のアソコのサイズについて、ある意味でルックス以外で一番の個人差を感じられる部分ではないかと思うんですけど、同じようなことは男性にもありまして。

ぶっちゃけ、体型やバストのサイズとかは脱いでもらう前から何となくわかるものですけど、反面相手がどれだけ濡れるタイプかどうかは、実際に軽く抱き合ってみないとわからないことなんですよね。

で、たまにセックスでものすごい濡れる人と当たることがあります。「え、どうした?」って心配になっちゃうぐらいの。もうそれこそ「デートの段階で漏らしたんかな?」と思うぐらいシミが広がっていたりして。

そういう極端な濡れ方をしてしまう女性に対して、男性が感じている本音って、なかなかわざわざ女性に伝えることもないものです。

そこで今回は、セックスの際に濡れすぎる女性たちに対して、男性が思っている不安、普段口には出さないけど「本音はこう思っているんだよ」ということを列挙するコラムを書いてみようと思います。

自分がよく濡れる体質と自覚している方は、自分が男性からどう思われているのか確認する意味でもご覧いただければ幸いです。

男性にとって、すぐ濡れる女性とは善悪どちらなのでしょうか。

まず、これは僕も同じ考えなんですけども、すぐ濡れる女性に対して「すごくエッチだ」と感じちゃう男性ってのがいますね。あるいは「濡れないよりは全然いい」と話す知人もいました。

まあ、そりゃそうなんですよ。濡れるってことは、それだけ感じているとか、興奮しているってことなんだろうなぁと、こっちは思っちゃいますし。

それに、「ここまですぐ濡れるんなら、よっぽど自分とのセックスに期待してるんだろう」みたいな気分にもなれますし。

期待を裏切りたくない、って勝手に思っちゃいますよね。

▼イキたい女性必見! 快感の渦に飲まれる「リュイール・ホット
濡れにくい、性交痛が起きてしまう女性にも◎リュイールホットは敏感な部分に塗ってマッサージするだけで、潤いと暖かさをケアするラブローションです。女性の自然な潤いを実現し、温感効果でセックスやオナニーのレベルをさらに高いものへと導きます。
リュイール・ホットの詳細をみる
とにかく濡れる体質の女性に対して男性が思う一番の懸念。それは「帰りどうするの?」ではないかって本気で思うんですよね。

以前、ある女性と寒い夜にデートをしたことがありますが、この女性と普通にそこらへんを何をするでもなく手をつないでうろうろしていたんです。

その女性は「男性と手をつなぐだけでドキドキする」と言っていたので「それは俺もだよ」とか何とか言って、ふと彼女のほうを見たら、湯気が立ち上っていたんですよね。

そんなことあるわけないじゃないですか、普通。で、「おかしいな。オーラでも見えてるのかな?」と思ってよく確認すると、その女性の下腹部辺りから湯気が出ているのがわかったんです。

でもそんなの指摘するのもどうかと思い、そのままホテルに行ったんですね。そこでその女性を脱がせているとき、やっと気付きました。

何故かセックスする前の段階で、とっくに濡れすぎてて下半身から湯気が出ていたということに気付いたのです。というのも彼女、ジーパンを履いていたのですが、内ももまでじっとり濡れていたんです。

「そんなに期待されるとは」と困惑したのですが、彼女曰くこれは体質だということでした。

実は似たような話を、別の男性からも聞いたことがあるんですよね。体質としてセックス前から濡れすぎちゃう人って、少ないながらもいるみたいですね。

その男性は「あんなに濡れて、着替えとかちゃんと用意してるのかな」と心配していましたが、僕もそう思いました……。
一方で、あまりにすぐ濡れる上に、濡れる範囲が半端ではない女性ってのもいるんですよね。ついつい「え? おしっこ?」って焦ったりするレベルで。

そこまで濡れる女性を見ると「むしろこういう病気とかかな?」って変に気づかいをしたくもなる場合も。

しかし本人的にも「やだ、すごい濡れてる……」みたいな発言もしていないんで、恐らく普段からセックスするときにはそのぐらい濡れているのでしょう。

実際、嫌なニオイもしないので、性病とかでもなさそうでしたし……。

ってそんなことはさておき、ここまですぐ濡れる女性を見てしまうと「洗濯とか大変そうだなぁ」と思っちゃう、なんて意見も聞くことができました。

そうですよね、僕もそう感じます。事後はすぐに家に帰って洗濯機回さないといけないんじゃないかって思うほどにすぐ濡れる、すごく濡れる女性っていますし。
また、すぐ濡れる女性も度が過ぎるレベル(たとえばさっき書いたように濡れる範囲も広すぎるなど)だと、男性によっては「セフレとかならいいけど、こういうすぐ濡れる子を本命の彼女にするのはちょっとなぁ」って思っちゃうこともあるみたいですね。

これは人によるというか、僕は別にそういう気持ちにはならないので、まさに人それぞれでしょう。

でもあんまりにも濡れまくる女性に対しては、性を意識し過ぎて本命にはなかなかしたくないという気持ちも、どこかしら理解はできるところです。

男女関係って難しいですねぇ。
セックスの際に濡れすぎる女性に対して思うこと、まだまだあります。

といっても不快に感じるようなことって実はほぼなくて、どっちかと言えば相手を心配してしまうようなことに繋がりやすいんですよね。

それこそ前述の濡れすぎて湯気出てた女性に対しては、複雑な感情を抱きましたけども、冷静になったら「今はいいけど、後々下半身冷えそう」とか思うぐらい濡れてましたし。

その女性は着替えを持っていなかったので、濡れたジーパンのまま帰ったのですが、そうするとさぞ冷たくてしんどかっただろうなぁと思ったんです。11月だったのもあるし。

男性はよくても、女性は男性にはできない“出産”という行為をお腹を使って行うこともできますので、そういう意味でも下半身が冷えすぎてると心配になってしまう部分はありました。

これはその後も折に触れて出会う、割と濡れすぎ傾向のある女性に対しても、同じ思いです。

冷えないように、ちゃんと着替えとホッカイロを持ってきてもらえると、こちらも余計な心配はせずに済むかもしれません……けどなんで女性はがっつりジーパン濡れたりしても平気なんですかね?

僕は女性ではないので、ちょっとその特殊な感覚までは理解がおよばないところです。

子供の頃、おもらししたらあの微妙なあったかさと痒さのせいで居ても立ってもいられなかったけどなぁ。
まあ濡れるのはおもらしとは違いますけど……。

セックスのときに濡れすぎる女性について、心配だ何だとばかり書いてきましたが、勿論それ以外のことも考えています。

たとえば「こんだけ濡れてれば、挿入はしやすいだろうな」とか。

普段相手にしている女性よりも、さらに濡れやすい女性ということで、ある側面では男性のテンションというか、性的好奇心を高めることはあるでしょう。

クンニ好きな男性とかは、結構濡れすぎる女性をクンニするのが楽しいと思うみたいですもんね。

以前クンニ魔の知人がそう言ってました。やっぱり、アプローチしたことに対してのリアクションが大きいと、それだけ喜ぶ男性は多いってことなんでしょう。

それに実際、濡れやすい女性には挿入も容易だった記憶もありますし。あんまり濡れない女性もいますから、そういう女性とセックスしたあとに濡れすぎ女子とベッドインしちゃうと、ギャップで「おお!」ってなっちゃうことはあるかもしれませんね。

あ、でも人によっては濡れるには濡れるけど、水みたいにシャバシャバで挿入するとなると滑りが足りないので困る、というケースもあるみたいなんですよね。

体質ってほんと、人それぞれ異なるもんですよね~。

そうそう、こういう意見もありました。

ある男性はすぐ濡れるタイプの女性とセックスして感じたこととして「いっぱい濡れる女性、すぐに濡れる女性よりも、やっぱり普通に濡れるぐらいの女性のほうがいい」と話しているんです。

どういうことかと聞いてみると、「濡れ方が普通のほうが適度に膣に粘り気が出て、セックスしていても摩擦にイイ感じの刺激がある」というのです。

一方では「すぐ濡れる女性って断続的に愛液が分泌されるので、粘りを感じるほどではなく、膣に挿入していてもサラサラで刺激が薄くなる」と話しているんですね。

言われてみればそんな気もするんだけど、ぶっちゃけ僕なんかはコンドームを付けているとそこまで敏感に把握できないので「わかる気がするけどわからない」状態です……。
という具合に、今回は世界中の女性たちが「別に知らなくてもいいけど、チャンスがあれば知っておきたい」の代名詞、すぐ濡れる女性に対する男性の本音というものを紹介してみました。

大は小を兼ねるって言うように、やっぱり濡れない女性よりはすぐ濡れる女性のほうが、基本的には男性ウケもいいですね。

弊害があるとしても、挙がった意見はほとんど難癖レベルのものなので、もしこのコラムをご覧の方々の中にすぐ濡れちゃうガールがいたとしても、全く気にする必要はないでしょう。

まあ、個人的には「濡れも度が過ぎると内心心配だよ」って感じなんですが、それがいいって思ってる男性もいるわけですね。

全く濡れない体質で、セックスの際にローションを使う知人女性がいますが、やっぱり大変みたいですもん。
歴代の彼氏に「俺のこと好きじゃないから濡れないんだろ」とか言われたりして。

それに比べると、濡れすぎ傾向の女性は損は少ないのかもしれません。
男性としても、たくさん濡れる=エッチという図式を勝手に頭の中に組み立ててドキドキできちゃいますし。
(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼イキたい女性必見! 快感の渦に飲まれる「リュイール・ホット
濡れにくい、性交痛が起きてしまう女性にも◎リュイールホットは敏感な部分に塗ってマッサージするだけで、潤いと暖かさをケアするラブローションです。女性の自然な潤いを実現し、温感効果でセックスやオナニーのレベルをさらに高いものへと導きます。
リュイール・ホットの詳細をみる

関連記事