アイコン 全国の高齢処女に告ぐ! 一度自分が処女だと忘れて普通に恋愛してみては?

2020.04.30

全国の高齢処女に告ぐ! 一度自分が処女だと忘れて普通に恋愛してみては?

2年ぐらい前に地元に帰ったんです。その地元の国道沿いにGEOがあって、そこでもう15年ぐらい同級生のIくんが働いていて。

で、娯楽がセックスとパチンコしかないぐらいの地獄みてぇな田舎なもので、GEO行ってIくんの顔を見てきたんですが、左手の薬指に光るもの。

「あ、結婚したんだ」と話しかけたら「うん」との返事。

「Iくんずっと童貞のままかと思ってたわ」と話しかけたら「うん、まだ童貞」との返事。

なんか経緯はよくわからないのですが、ほとんど会ったこともない外国の女性と結婚して籍だけ入れて、ペニスは入れてないという話でした。

この時点では彼は33歳。世間でいうところの高齢童貞に着実に近づいてる様子でございました。

さて、今回のテーマは高齢童貞……ではなく、高齢処女です。

恋愛経験が希薄な人は、恋愛どころか異性と会話をするにも消極的ですが、高齢童貞、高齢熟女などは特にその傾向が顕著です。

ただ、まだ30代後半から40代後半にかけては女ざかりという言葉もあり、男性ほど恋愛市場では不利ではないはず。

そういう年代なのに「自分は未だに処女だから」と遠慮することは、いち男性としてかなり勿体ないと思うんですよねぇ。
処女も童貞も、20代前半ぐらいまでに捨てられないと、何をするにも「どうせ処女、童貞だし」が念頭に入るようになるみたいですね。

これはIくんをはじめとした、セックスの経験もないまま三十路を迎えちゃった同級生たちから聞いた話の受け売りですが。

女性もやっぱり、そういう側面はあるんじゃないでしょうか。

でもまあ、冒頭にも書いたんですけど高齢処女って高齢童貞よりだいぶマシだと思います。だって需要というか鮮度は男性よりもまだ軍配が上がりますからね。

もちろん、もう女を捨ててるような人はマジで今後そういうチャンスはない(自分でつぶしてるので当然)と思いますけど、人並みにメイクをし、ファッションも気を遣っているのであれば、全然挽回は可能と考えます。

あいにく僕は、いわゆる高齢処女の女性との恋愛、ベッドインの経験はないのですが、知人は40台なかばの高齢処女とセックスをした経験があるので、ちょっと話を聞いてきました。

なんでも、処女と言ったって普通の女性とそんなに変わらないと発言していました。

考えてみればそれはそうで、世の中にはたまたま高齢処女じゃないだけで、性経験が希薄な女性は山ほどいます。

そしてその両者に圧倒的な違いは、彼曰く感じられなかったということです。となると高齢処女の女性は、そこまでコンプレックスを抱くこともないのかなぁと、個人的には感じるんですよね。

だってセックスなんて経験者にリードさせればいいものですし、大体の男性はベッドの上ではリードしたがるので。
ちょっと現金な話をしますね。女性と2人きりになった男性って、性経験の多い女性と別にそうでない女性とで別に態度をそこまであからさまに変えたりはしません。

よほどのヤリチンで「今夜どうしてもセックスしたい」とか言う猿は別ですが。

で、そうなってくると目の前の女性に対して抱く率直な感覚は、正直「そういう展開になって、抱きたいかどうか」が念頭に上がってくるんですが、早い話見た目がアリならいずれそういうことになったらホテルに行こうかなぁと思うわけなんですよ。

高齢処女とかどうとか、そんなに関係ないんです。少なくとも男性の大半は、いちいち過去の性経験の大小に頓着はありません。

だからもしも「私はバリバリの高齢処女です」という方がこのコラムをご覧になっているのなら、どうかそんなこと気にしないでいただきたいんですよね。

人によっては何かを始める前から「でも高齢処女だし」が枕についちゃって臆病になるということも、あると思うんです。

でもそれ、気にしてもあんまり意味ありません。高齢処女だからあれがダメ、これがダメなんてことはないわけです。

そういう後ろ向きな感覚を一度捨ててみてください。恋愛やセックスをするに早いも遅いもありませんし、無駄に後ろ向きになるのは勿体ないことですので。

関連記事はコチラ▼▼

そういえば僕は、まだ女性から「私、高齢処女でして」と言われたことはありません。
知り合いに聞いても、恐らくほとんどが「ない」と言うでしょう。

でも、実際に今の私たちの生涯未婚率は年々上がってますし、厚生労働省の統計なんか見ても性経験を経ないままアラサー、アラフォーになっている人も増えているみたいなので、多分この社会には高齢処女なんて五万といるのでしょう。

つまり、別にマイノリティというわけでもないということです。あとは自分がどうしたいか、ですね。

高齢処女のまま一生を終えるというのも、選択肢としては僕は尊重するしアリだと思います。

ただ、もしも「ぼちぼち卒業したいなぁ」と思ったら動くことをお勧めします。

そして高齢処女の場合、高齢童貞ほどセックスへの道のりは遠く険しいものではないことも、併せて強調しておきたいところです。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事