アイコン 大学生のエッチ事情とは? 若い人のセックスの特徴や注意点を解説

大学生のエッチ事情とは? 若い人のセックスの特徴や注意点を解説

大学生になると性事情についてかなり敏感になる年齢になりますね。童貞だったり処女だったりする場合には「いつ初エッチを迎えればいいのだろうか?」と不安も出てくると思います。

もちろん童貞や処女であることはなんにも恥ずかしいことではありません。でもいざというときに、なにも知識がないままでは恋人ができたときに困ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、大学生ならではのエッチの特徴や注意点を深堀りしてみました。たとえ処女や童貞でなくとも、特徴や注意点は知っておいて損はありません。大学生のエッチ事情に疑問のある人は、ぜひ最後までご一読ください!

まずエッチ関連で気になるのが大学生の童貞や処女の割合ですね。

ここでは千葉大学が2009年に行ったアンケート調査を見ていきたいと思います。 


童貞の割合


千葉大学の調査によると、大学1年生の中で性経験者だったのはわずか20%程度。すなわち約80%の男性が童貞であったとの回答です。

5人中4人が童貞だと考えれば多くないため、童貞であっても気にすることはないことがわかりますね。

学年が上がり大学2年生になると童貞の割合は約65%に、そして大学3年生では約55%、大学4年生になると約40%という数値になっています。

大学4年生でも性経験者は60%程度ですから、大学生で童貞であっても不思議なことではありませんね。

では女子大学生の性事情はどのような数値になっているのでしょうか。

処女の割合


処女の割合は大学1年生の時点では童貞よりも若干少なく20%に少し満たない数値となっています。

しかし大学2年生からは処女の割合は約60%、大学3年生になると約45%、大学4年生では約35%と男性よりも性経験者が多くなっていました。

年々女性のほうがエッチ未体験の割合は減っていますが、それでも特別珍しいわけではないという結果だったようです。

\エッチが好きなセフレを探すなら/
【無料】PCMAXに登録する
若さもあり、エッチをするようになった新鮮さもあるため、エッチひとつにしても大学生ならではの特徴があります。一番ハッキリと見えるのはエッチをすることへの好奇心でしょう。それに、エッチに対するモチベーションの高さも大学生は高いです。

ほかにもいくつかの特徴があるので4つにわけでご紹介していきます。

お金がかけられない


大学生は在学中に成人するので大人ではありますが、社会人のようにしっかりと収入があるわけではありません。そのためエッチをすることにお金をかけられないというところがあります。

毎度ラブホに行っていると金銭的なダメージが大きく負担になってしまうので、バイトをしていてもエッチをする場所に困っている大学生も少なくはありません。
 

エッチへの抵抗感がない


若さゆえの勢いからか、エッチへの抵抗感がないのも大学生に多い特徴と言えますね。飲み会のあとにシたい気分になったから、誰かをお持ち帰りしてエッチする。なんてことも日常的に行われています。

恋人であるかどうかは関係なく、その時の気分でエッチをするのかを決めるノリのよさが備わっている大学生が多いですね。

エッチの頻度が高い


エッチの頻度の高さも若い大学生ならではの特徴です。毎日のようにエッチをするカップルもいますし、1日5回くらいとハードな回数をこなすことがあるくらいです。

エッチをすることが新鮮でもあるし、体力もあるためエッチの頻度が高くなるのでしょう。

色々なプレイを楽しむ


エッチは一般的な前戯をして挿入をして射精をするノーマルプレイだけでなく、SM、目隠し、素股といろいろなプレイがあります。

ノーマルプレイに飽きが出てきた頃に、目隠しをしたり、鏡の前でエッチをしてみるとまったく違う興奮があるんですよね。どんなプレイに挑戦しても新しい発見があることは若さゆえの特徴でしょう。

気軽にいろんなプレイを楽しめる大学生のうちに、好みのプレイを見つけておくのがいいですね!

大学生は実家暮らしの人が多かったり、社会人に比べて金銭面が厳しかったりするためどこでエッチをしているのかは気になるところですね。

割合として多い場所を3つご紹介します! 

自分または相手の部屋


やはりエッチをする場所としてよく使われるのは家ですね。ひとり暮らしをしているなら家でするのは当然のように感じますが、実家でも両親がいない間を利用して営んでいる声が多くあります。

恋人なら家に連れ込んでいても問題のない家もあるでしょう。でもセフレを実家に連れ込むのは両親に出くわした時に大騒動になりかねないので、それだけは注意が必要ですね! 

ラブホテル


気兼ねなくエッチできることを考えればラブホテルが一番! ラブホテルは毎度お金がかかるので金銭面の問題はありますが、最近では安いラブホテルも増えています。 

 とくにラブホテルが密集している競争率の激しいところでは、安いところはかなり安いです。部屋の快適度やリッチ感は損なわれますが、大学生でも通いやすいラブホテルに通うケースが多いでしょう。 

車の中


お金の節約をしようと思うと候補に挙がるのがカーセックスですね。大学生でマイカーを持っている人は少ないため、自由に使える親の車をセックス場所に使う大学生が多いです。

人に見られてはいけないハラハラ感もあるし、シートを汚すことができないという緊張感もあり、いい刺激になってエッチを楽しめるのもカーセックスのいいところですね!
ハメを外してしまいがちな大学生だからこそ、エッチの際にも気をつけておきたいことがいくつかあります。エッチで起きるトラブルは大きな問題にもつながりやすいため、注意というよりも必ず守るべきこととも言ってもいいくらいです。

どれだけエッチをしてもこちらで紹介する4つの注意点だけは自分を守るために覚えておくようにしてください。 

避妊は必ずする


大学生がもっとも意識してするべきことは避妊です。もちろん学生だからといって妊娠してはいけないというわけではありません。しかし、大学を卒業するために入学したのですから、卒業できなくなる可能性のある行為は避けたほうがいいですよね。

お互いが妊娠することを望んだうえでエッチをしているなら問題はありません。でも大半の大学生は妊娠すると多少の困難は生まれるため避妊は必ずするべきでしょう。

快楽を優先したりやコンドーム料金をケチる代償は大きいです。妊娠してからでは後戻りできないので避妊は必ずしてくださいね。

  ▼オンライン診断で最短翌日に薬が届く!低用量ピル/中用量ピルの「クリニックフォア」

クリニックフォアの詳細をみる

自分の身体を大切にする


大学生の特徴としてエッチへの抵抗感がなかったり、頻度が高かったりすると紹介しました。そのような行為が自らが望んでのものであればいいのですが、ツライ時や自暴自棄になったときに「どうにでもなれ!」と身体を雑に扱ってしまうのはよい選択とは言えません。

カップルでも「会えばエッチばかりでデートがない」というような悩みも出てくるかもしれません。

なかには別れたくないからと付き合い続ける人もいますが、性関連の出来事でいやなことがあれば自分の身は自分で守れるように、常にストレスのないように対応していきましょう。自分の身体は自分で大切にしてくださいね。

ハメ撮りなどはしない


やってしまってからは後の祭りナンバーワン、ハメ撮り。カップルでエッチしていると、無許可でハメ撮りされることも少なくありません。

ハメ撮りをはじめるのは男性が圧倒的に多く、女性も恋人だからと安易に許可を出してしまいがち。でもハメ撮りは男性が友人に見せびらかしたり、別れたときにばらまかれたり、あとに後悔が生まれる可能性が非常に高いです。

ハメ撮りが外部に漏れてツライ思いをするのは大半が女性です。別れ話になったときに「別れるならハメ撮り動画をばらまく」と脅されることもあるかもしれません。恋人であってもエッチ中の行為を動画に残すことは全力で拒否することをおすすめします。 

社会のルールは守る


エッチをするときに社会のルールを守るとはどのようなことなのか。それは、外でエッチしたり、声が漏れることを気にせず喘ぎ声を大きく出して近所に迷惑をかけたりしないことです。

公園やマンションの階段など、野外でエッチすることを青姦(あおかん)と言いますが、青姦は人に見られてしまうと「公然わいせつ罪」として罪になることがあるんですよね。これはカーセックスでも同じで、人が来たり通ったりする可能性がある場所ではエッチしてはいけないのです。

また、家でエッチをしていても他人に聞こえるくらい騒がしく激しいものは迷惑になるため控えるべきでしょう。

ハラハラする展開でエッチをするのは興奮しますが、エッチは本来他人に見せるものではないので、カーセックスをするにしろ人が全く通らない場所を選ぶ。声や音が外に漏れないようにする。ということは徹底するようにしましょう。

年齢を重ねるにつれ、女性のほうが性体験をしている割合が多くなることを冒頭でご紹介しました。ということは、男性のほうが初エッチをするタイミングが少ないということになりますね。

では、男性が童貞を卒業するために、はたまた童貞でなくても経験人数を増やしたい場合はどこでエッチができる女子大学生と出会うべきなのでしょうか。

合コンに参加する


大学生の王道の出会い場所となるのは合コンですね。ワイワイ楽しみながら、フィーリングの合う女子大学生を選べるというのがいいところです。

お互いが出会いを求めて集まっているわけですから、彼女候補を見つけることもできるし、当日にお持ち帰りできる可能性も秘めているのがいいですよね。

たくさんお酒を飲む女性はお持ち帰りしやすいので、エッチな女子大学生と出会うならまずは合コンに参加してみましょう。

マッチングアプリを利用する


合コンよりももっと一気に出会いの幅を広げたいならマッチングアプリの使用もおすすめです。マッチングアプリも出会いを目的とした男女が利用しているため、エッチ相手を見つけるのにも適しています。

しかし合コンと違うところは初対面で速攻お持ち帰りすることには適していないというところです。マッチングアプリは遊びではなく真剣に恋人探しをしている人が多いため、数回デートを重ねてから付き合ったりセフレになったりするケースが多いですね。

エッチな女性を見つけて彼女にしたい!という場合はマッチングアプリを使用すると見つけやすいですよ。

\エッチが好きなセフレを探すなら/
【無料】PCMAXに登録する
マッチングアプリってものすごいたくさん種類があって、使い始めようとしても、「どれがいいのかわからない……」という人も多いのでは? 

また、「○○(マッチングアプリの名前) 評判」と検索してみても、情報量が多すぎて、結局どれが自分にピッタリなアプリなのかわからない、なんてこともありますよね。

そこで今回、高学歴女子大生たちに、「実際のところ、女子大生がよく使っているマッチングアプリってどれなの?」と聞いてみました。その結果をご紹介します!

真面目な出会いが欲しい人向け、おすすめマッチングアプリ



「本気で彼氏が欲しい大学生はたいてい「with(ウィズ)」を使っています。同世代のユーザーが多いし。恋愛に対する本気度のあらわれなのか、みんな真面目で礼儀正しいんです。たまにお父さんくらいの年齢の男性からイイネがきてちょっと引くけど……(笑)。 

『こんにちは。本日はいかがお過ごしでしたか?』みたいな、ちゃんとした言葉づかいの男性が多くて好感持てますね。私なら『ねーねー、今日なにしてたんー?』って言っちゃう(笑)。

そういう大人のマナーというか、ちゃんとした言葉づかいを学べるのも地味にいいポイントかも」(Sさん/21歳)

「マッチングアプリを使っている子、私の周りにはけっこういますね。なかでもwithを使っている子がとくに多いかな。まあ、そういう私もwithを使っているんですが。

withを使うまで、いろいろなマッチングアプリを試したのですが、相性診断があるwithは、ほかのアプリとは一線を画していますね。

マッチングアプリ経由で実際に会うのって、本当にドキドキするんですよ。怖い人だったらどうしようとか、全然会話がかみあわず気まずくならないかな、とか、不安がいっぱい。でも、会う前に相性がいいことがわかっているから、けっこう安心できる。

また、不定期に恋愛診断イベントが開催されて、自分でも知らなかった恋愛傾向や恋愛のクセに気づくことができたり、ほかのマッチングアプリにはない楽しみが充実しているのもいいですね」(Kさん/20歳)

withを無料でインストール

pairs(ペアーズ)

pairs(ペアーズ)」は、“THE 定番のマッチングアプリ”って感じ。マッチングアプリの基本的な機能はだいたい備わっていて、シンプルで使いやすいですね。

pairsは男女ともとにかく会員数が多いです。言い方は悪いけど、会員数が多いっていうことは、そんなにかわいくない人でもチャンスがある。どんなに容姿に自信がなくても、タイプだと思ってくれる人が必ずいるんじゃないかな。

基本的には真面目な人が多いんですが、会員数が多いぶん、いろんな人がいますね」(Iさん/20歳)

「私みたいな地方に住んでいる人にとって、マッチングアプリはpairsがベストです。

マッチングアプリって、都内にはすごいたくさんユーザーがいるんだけど、すこし都心から離れただけで一気にユーザーが減っちゃうんですよ。だから会員数が多いっていうのは、地方の人には本当に大きな魅力ですね。

あ、そういえば都内に住んでいる私の友達は、『pairsは人が多すぎてかえって使いにくい。だから、一応インストールしているけど、サブとして使っている』と言っていました。

たいていのマッチングアプリが女性の利用料がタダだから、ひとつのアプリだけじゃなくて、複数使っている人も多いみたい。pairsは、『本命のアプリは別にあって、サブとして使う』っていうので選ばれることも多いみたいです」(Tさん/22歳)

pairsを無料でインストール

飲み友達、遊び目的


タップル

タップル
は、真面目な恋活目的が半分、飲み友とかカジュアルな友達さがし目的が半分って感じ。私個人的には異性の友達が少ないので、恋愛感情抜きの出会いができるタップルはけっこう重宝していますね。同世代が多いのもいい。 

また、“友達から恋人に発展していく”みたいな付き合い方が好きな人にも最適かも。最初は友達さがしで使い始めたけど、意気投合して付き合うことになった、みたいな展開はタップルでよくありそう」(Sさん/22歳)

「遊び目的だと割り切ったら、最高のアプリだと思います。ワンナイト狙いの男性とかがけっこう多い印象。男性経験を積みたい人とか、私みたいなエッチなことが好きな人はけっこうハマるかも(笑)。

実際、私は過去にTinderでよく会っていましたが、最初からエッチしたい気満々って感じの男も多くて、話がはやくて楽だったな~。真面目な恋活に向いているとはあまり思いません。

実際にTinderヘビーユーザーだった私がこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、Tinderをインストールしている人を見ると、“あぁ、エロ目的で出会いをさがしている人なのね……(察し)”って感じがします(笑)」(Oさん/24歳)

社会人のハイスぺ男子と出会える!


東カレデート
東カレデート、経営者とかすごい人に会えるから、そういう人と出会って話をして、その人の考え方とかを勉強するいい機会になりますね。大学生のうちにこれをつかって、自分の世界を広げておくといいかもしれません。

私は経営学部なんですが、座学で学ぶ経営学よりも、実際に会社を経営している人の、生の話を聞いたほうが刺激的で学びが多いと感じます。

ただ、そういうステータスで女の子を釣ろうとしている、カラダ目当ての男性も少なくないから、会うときは少し注意したほうがいいかも。とくにお酒アリのデートに行くときとかね。雰囲気に飲まれないように気をつけて」(Fさん/22歳)

「都内でたまにド派手なスポーツカーをみかけたりするじゃないですか。そういうのに乗っている人と出会うことができる、すごいアプリです。でも私は、ご飯友達募集という感じで使っています(笑)。

というのも、東カレデートで何人かと会ったのですが、なんとなく、相手の男性は真剣に付き合う気がないんだろうなって感じがしました。『ただ若い子と遊びたい』みたいな。だから私も利用してやろうって感じで、いつもご馳走してもらっています(笑)。

ただ、ガチのセレブと付き合うのはきっとおもしろい体験だと思うので、そういうのに興味がある人は東カレデートで恋活するといいかも」(Mさん/21歳)


Dine(ダイン)

「私は、マッチングアプリで会うときには、まずは会ってみて、実際に会ったフィーリングを重視したいんです。だから会うまでにメッセージのやりとりをするのがけっこうだるい。私みたいな人は「Dine(ダイン)」にハマると思う。

あと、ちゃんとした恋活じゃなくて、ただ単純に“誰かと一緒にご飯行きたい!”っていう突発的な出会いもできるのも、使い勝手がよくていい。

逆に、会うまでにちゃんとメッセージのやりとりをして、相手のことをよく知りたいっていう人はちょっと不向きかも」(Tさん/23歳) 


目的にあうマッチングアプリを選ぼう


マッチングアプリって、本当にたくさんありますが、ユーザー層やアプリの使用目的(恋活、婚活、遊びなど)はけっこうアプリごとに特徴があります。

目的にあったマッチングアプリをつかって、理想の出会いを見つけてください。

大学生は大人だけど社会人ではないギリギリのラインにいるため、若いゆえの特徴や注意点が複数あります。 

お盛んな時期でエッチを楽しむのは大いにアリですが、他人に迷惑をかけたり、後々責任のとれない問題を起こさないようには徹底する必要がありますね。 

問題が起きてからでは取り返しがつかないので大学生としての意識は忘れず、誰にも迷惑のかけないエッチを心がけましょう!(ちーすん/ライター) 

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事