アイコン デリケートゾーンの黒ずみの悩みは……イビサクリームで解消!

2020.01.04

デリケートゾーンの黒ずみの悩みは……イビサクリームで解消!


アソコの色の黒さに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンの黒ずみは、下の毛を剃ったり、下着やナプキンが擦れることで簡単にできてしまうものです。

私も、「黒ずみを彼に見られるのは恥ずかしい……。でも、好きな彼とたくさんエッチをしたいし、キレイなピンク色で彼を誘惑したい。舐めて欲しい」

そう切実に願っていたときに、イビサクリームを知りました。
「デリケートゾーン 黒ずみ 原因」と調べて真っ先に出てきたイビサクリーム。人気No.1の黒ずみケアクリームということで、かなり期待大でした。
 
私はアソコの黒ずみがコンプレックスで、「彼に黒いと思われたら嫌だな」と思いながらエッチをしていました。


そんな折に知ったイビサクリーム

彼の誕生日も近く、特別なエッチを楽しみたかった私は「使うしかない!」と意気込んで毎日塗り込むことにしました。

私は敏感肌ですが、デリケートゾーンに塗っても痛みがなかったので継続して使うことができました。粘膜には使えないということなので、粘膜にうっかり付着しないように注意ですね。
 
ついでに、私は西洋系のハーフなので、そばかすが多くてちょっとコンプレックス。そばかすはデリケートゾーンの黒ずみと同じく、メラニン色素の沈着が原因なので、「一緒に使っちゃえ!」と顔も塗り込みました。

指の腹にずっと置いておくと流れて落ちてしまうので、ささっと塗るのがミソになりそう。なじませるようにということだったので、円を描くようにくるくると弧になるように塗り込みました。

塗ったところはわかりやすいくらいお肌がトゥルトゥルになっていたので、期待も高まります。

イビサクリームを公式通販サイトでみる
デリケートゾーンの黒ずみは残念ながら、なかなか自分の目でたしかめられませんが……。

彼がエッチの後に「なんかした?」と聞くくらいに効果があった様子。さすがにデリケートゾーンにお手入れをしたと教えるのは恥ずかしかったので、「そ?」と流してしまいました。

そばかすも以前と比べると、大きなものはまだ残っているものの、天の川のように無数に散らばっていた点々たちは消えています。

コンプレックスが1つ消えそうなことにワクワクですね。これからも継続的に使って、そばかす撲滅を目指したいところです。
 
視覚的効果で彼も大興奮……いつも1回戦しかしない淡白な彼が3回戦にも挑戦

肝心の夜の方ですが、私の彼は淡白でいつも1回戦で力尽きてしまうのに、お風呂に1度入ってからすぐに2回戦。お風呂中も興奮しすぎて、おわさりしっぱなしで焦らされまくりでした。

そして、さらにがっついてきて初めての3回戦まで突入。付き合って長くなりますが、こんな彼を見たのははじめて……。パイパンから覗くアソコ大興奮してしまったようで、いつもより息が荒くなっていました。

普段は喘ぎ声を抑えているくせに、余裕がないのか喘ぎ声も抑えず、私の名前を何度も呼んでいました。抱きついたときには、吸い付いた肌に感動したかのように「気持ちいっ……」なんて言っちゃって。いつものギャップもあって萌えまくりでした。 

私は舐められるのが好きですが、いつも気持ちよくなる前にやめてしまうのが残念だったんですよね。でも、この日は指まで入れて、しゃぶるように吸われたので、エッロい音と気持ちよさでイキそうでした。

男性は視覚的なエロさに弱いと聞いていましたが、まさかここまで違いが出ると思わずびっくりです。「彼の誕生日に合わせて特別なエッチを」なんて言っていましたが、私の方が大満足しちゃうエッチでした。

イビサクリームを公式通販サイトでみる
後日談ですが、初めての3回戦に彼はばっちり筋肉痛。腰回りが痛くなってしまったようです。幸い、私はこの日は、彼主体でガンガン攻められたので筋肉痛にはなりませんでした。

ホテルから家へと向かう彼は満足そうな顔ながらも、ヨボヨボとしていて見ていて可哀想になってしまったほど。最高だったけれど、エッチのしすぎには要注意ですね……。

私はデリケートゾーンとそばかすに使いましたが、ビキニラインが気になる人や美白を目指している方ももちろん使用可能です。自分のお悩みの箇所に試してみては?(Amy/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

イビサクリームを公式通販サイトでみる

▼イビサクリームのレビューをもっとみる


関連記事