アイコン セックスで萎える・勃たない・中折れの原因は? 男の本音と6つの対策方法

2019.11.17

セックスで萎える・勃たない・中折れの原因は? 男の本音と6つの対策方法

セックスをしたいのに彼氏のアソコが勃たない、もしくは途中で萎えてしまうことに悩んでいるカップルは意外と多くいるものです。ふたりともがセックスをしたいと思っているのに行為に至れないというのは切実な問題ですよね。

彼氏の勃起に問題がある原因はいろいろな理由が考えられます。今回はそんな男性の勃起力が弱くなってしまう原因とその解消法についてまとめてみました。

彼氏の勃起に問題があって、セックスができていないという女性の悩みを解消できればと思うのでぜひご一読ください!

男は好きな子でも萎える・勃たない・硬くならないことがある

セックスしようとしたのに彼氏が勃起しない、途中で萎えてしまう。そんなときは「今までは普通にできたのになんで? 愛が冷めた?」と心配になってしまいますよね。

でも安心してください。それだけでは愛が冷めたとは言い切れません! 男性は意外に繊細なもので、ちょっとしたきっかけで正常な勃起をしなくなることがあるんですよ。

メンタル面の問題や体調面など原因はさまざまですが、どんな時でも責めたり理由を追及したりすると余計にこじれるだけなので、男性の勃起問題は注意して取り扱うようにしてください。

どうして? 萎える・勃たない・硬くならないの?

ペニスの勃起力が弱まってしまう理由はいろいろ考えられるので、いくつかの理由をあげてみたいと思います。
 
メンタルが影響している
  
男性はセックスが好きです。しかし時にはセックスしたい気持ちになれないこともあるんです。落ち込むようなことや悲しいことがあった時、ほかに集中しなくてはならないことがある時などは、どうしてもやる気になれなかったりするものです。

繊細な男性だと、「壁が薄い部屋で、声や物音が漏れる」といった些細な理由でも勃起不能状態になる可能性があります。それくらい勃起問題はメンタルが影響していることが多いのです。

コンディションが影響している

勃起力は体調面のコンディションにも影響されやすいです。仕事が忙しく疲労がたまっている、風邪気味で体がだるいなどの状態だと上手く勃起しないことがあります。

飲酒して酔っぱらっている時や二日酔いの状態でも勃起力が弱くなってしまいやすいですね。体調が悪い時はセックスしたい気持ちにはなれないし、いくらセックスしようと思っても体がいうことをきかないということは大いにありえます。

トラウマが影響している

過去のセックスで「早漏」と言われたり、テクニックの未熟さを責められた経験があると、それがトラウマとなって勃起力に影響してしまうことがあります。これはセックスに対して拒否感を強く持ってしまっている状態です。

男性はセックスの能力が低く見られると傷つきやすいです。早漏と言われるだけならまだマシで「ペニスが小さい」とか「気持ちよくない」と言われてしまっていたら、もう永遠にセックスできないような気がするくらい落ち込むものです。

トラウマがある場合はどう励まされても本人が切り替えない以外は解決することは難しいですね。

原因が不明なこともある
 
もちろん本人にも原因がわからないこともあります。セックスをしたい気持ちはあるのに勃起しない。このような場合、本格的なEDを疑ってみた方がいいかもしれません。

EDの原因は糖尿病や動脈硬化が起因するものや、食生活のバランスの悪さや生活習慣の乱れなどがあります。

もし、あなたのパートナーが原因不明の勃起障害があるなら、一度専門の病院を受診することをおすすめします。医学的には性行為を行う時に充分に勃起しない、勃起しても維持できない状態が3か月続くとEDと診断されるそうですよ。

セックスで萎える・勃たない・硬くならない原因

男性が勃起しない、もしくは途中で萎えてしまう原因を具体的に説明していきたいと思います。心当たりがある人はそれがパートナーの勃起しない理由かもしれません。

彼女が太った
  
彼女のビジュアルが最初の状態と変わってしまうと、勃たなくなってしまいます。当初の好みだった姿とは変わってしまったために、セックスに対する気持ちが湧いてこないんですね。

相手には失礼ですがセックス中に段になっているお腹の脂肪や、二重になったアゴなどに一度でも目が行くと気持ちがそがれてしまいます。

好きな気持ちがなくなった訳ではないけれど、変貌してしまった見た目を受け入れることができないという男性は意外と多いです。

時間とともに体型は変わるものですが、男は目で見たものに興奮するので外見が変わってしまうと萎えやすくなってしまうのは当然と言えるかもしれません。

彼女のアソコが臭い

彼女のアソコが臭くてセックスをする気になれない。そんな気持ちから勃起がうまくいかなくなる男性もいます。初めは好きな気持ちが勝り、セックスをすることもできましたが、次第にガマンができなくなってくるんですよね。

実際アソコが臭いと思っても、付き合いが長くなければ本人に言うことはなかなかできません。しかし悪臭に耐えながらクンニや挿入をしているうちに嫌気がさしてきます。そんな日々の積み重ねで勃起不能の状態になってしまうのです。

▼デリケートゾーンのニオイケアをするには……

彼女が積極的過ぎて引いてしまった

彼氏がセックスしようと強引に迫ってきてドン引きしてしまったことはありませんか? 男性も同じくあまり積極的に迫られると引いてしまうものです。積極的なのは悪いことではないですが、気分じゃないときに誘われてもそりゃ勃たないよっていう……。

仕事で疲れている時に体調を無視して積極的にこられると嫌悪感に近い感情も持ってしまいます。セックスを誘うときは相手のテンションを伺うことも大切です。

お酒を飲みすぎた

勃起って視覚的な刺激や性感帯に受けた刺激が脳の中枢神経を介してペニスに伝わって、徐々に大きくなっていくというメカニズムなんですよね。

しかし大量の飲酒をすると脳の中枢神経が抑制されてしまい、性的な刺激がペニスに伝わりにくい状態になり勃起しにくくなってしまうんです。

多少の飲酒は緊張をほぐす効果があってセックスへの気持ちを高めるのですが、あまりに大量に飲んでしまうとセックスしたい気持ちはあっても勃起できなくなってしまいやすいです。

セックス前は飲みすぎないように彼に制御してもらいましょう。

前日や当日に抜いた

男性の多くが特定のパートナーがいてセックスの相手に困っていなくてもオナニーは定期的にしているものです。セックスとは違い、女性を満足させなくちゃいけないという義務感もないし、セックスするのとは違う気持ち良さがあるのでオナニーしている男性は多いでしょう。

しかし性欲旺盛な10代、20代なら当日や前日にオナニーしていてもすぐに回復可能ですが、加齢とともに回復力は落ちています。するとどうなるかというと、いざセックスする時に勃起しないということになるんですね。

これは完全に男性側のやっちゃった事件ですね。万全な状況でなかったとしても興奮材料があればできることもありますが、スイッチをいれるまでに時間がかかってしまうということを覚えておくといいでしょう。

お尻が汚かった

セックス中男性は意外と細かい所を見ていて、気になるところを発見すると気持ちもペニスも萎えてしまうことがあります。

例えばバックで突いている時は女性のお尻や結合部を眺めている男性が多いのですが、そこで女性のお尻が汚いと、せっかく高ぶっていた気持ちが冷めてしまうんですよね。

黒ずみやブツブツだらけのお尻だったり、アナル周辺の汚れやティッシュが付いているなど、なにかひとつでも問題があれば、苦手な男性は途端に萎えてしまいます。

男性は女性に対してキレイでいてほしいという思いがあるので、日頃からお尻周りの肌のケアも気にかけておくと萎えを防げますよ。

反応がマグロ

セックスの反応が悪い、全て男性任せにしてしまう、いわゆるマグロと呼ばれる女性とのセックスでも男性が勃たなくなったり、萎えてしまう原因になります。

頑張って女性に気持ちよくなってもらおうとしているのに反応が薄いと「気持ちよくないのかな」とか「本当は嫌なのでは?」などと考えてしまうんですね。

セックスはお互いが気持ちよくなって楽しむもの。男性任せばかりでいるとか、ロクに反応をしないというのは男性としては辛いものです。

声が大きすぎる

反応の薄いマグロ状態もよくありませんが、逆にセックス中の喘ぎ声が大きすぎることも萎えてしまう原因になります。男性は気持ちよくさせたい気持ちはありますが、わざとらしいくらい大声で喘がれると引いちゃうんですよね。

あまりに大きい喘ぎ声は「大丈夫なのかな?」とか「わざとらしいな」とか「うるさいな」など、いろいろな理由で冷めてしまいます。声の大きさに心当たりのある人は少し声を抑えた方がいいでしょう。

緊張して

彼氏が童貞で初体験である時はもちろんのこと、付き合って最初のセックスで緊張が伴う場面では、勃起しなかったり硬さがたりないような状態になってしまう男性がいます。

意外かもしれませんが、興奮するだけでなくある程度のリラックスがないと勃起ってしづらいんですよね。

もしあがり症な男性を相手にする時はなるべく緊張しなくてすむように気を使ってあげることが大切でしょう。少しだけお酒を飲むとリラックスしやすいですね。もちろん飲みすぎは禁物です。

フェラが下手

フェラされることを嫌う男性はほぼいない。むしろフェラ好きの男性は多いですよね。フェラって上手な女性にしてもらうとセックスより気持ちいいと感じることもあるくらいです。だからこそフェラが下手な女性にだったら、気持ちがゲンナリしてしまって勃たないことがありますね。

男性が気持ちいいと思うツボがわかっていない女性にフェラしてもらうと逆にもどかしくなってしまったり、最悪な場合は歯があたって痛いこともあります。

ペニスは敏感な部分なのであまり痛みを加えられると気持ちは萎えますし、ちょっとイラッとしてしまうこともあります。そうなるともう勃起どころではありません。そのくらいフェラの上手さは男性からすると大切なことなのです。

苦手な体位になった

セックスでは苦手な体位や嫌いな体位が人それぞれにあるものです。理由としては体を動かしにくいとか、その体位で見える女性の顔や体がほかの体位に比べて好みじゃないなどということが挙げられます。

バックでは腰が振りにくいと感じる男性もいれば騎乗位で見える女性のお腹周りの肉や二重アゴを見たくないと考える男性などさまざまです。

もしセックス中に中折れを感じてきたら積極的に体位を変えるように促すようにすると良いでしょう。もし話せるのなら次のセックスのために苦手な体位は控えるように話し合うと中折れ回避につながります。

ささっと自分で服を脱がれた

セックスの時に女性の服を自分の手で脱がせたいと思っている男性が一定数います。セックスって一応前戯から射精までが一連の流れなので、“どんなふうにセックスをはじめるか”というところからイメージしている男性がいるんですよね。

それなのに、作業のように自ら服を脱がれてしまうと興奮もくそもありません。恥じらいもなく、ささっと服を脱がれてしまうとなんとなくセックスがスポーツライクな感じがしてしまいムードに欠けてしまうので、少しの恥じらいを持ってセックスに挑むと男性側としてはうれしいですね。

セックスで萎えた! 折れた! 勃たない! 解消法

ここではパートナーの勃起に問題が生じてしまった時の解決策を考えてみましょう。サポート次第では勃起力を取り戻すことも可能なので試せるものから試してみてください。

1.責めない

セックスしようと気持ちが高まって、いざ始めようとした時にパートナーが勃起しない状態になってしまうと、高まった性欲のやり場に困っていらだってしまう気持ちはわかります。が、感情に任せて責めるのは逆効果です。

責められたからといって勃起する訳ではないですし、情けない気持ちやショックで余計に不能な状態になってしまいます。

2.受け入れる

勃起しない状態に一番打ちひしがれているのは本人です。それなのに女性に拒否されたり、軽蔑されたりすると、より深く落ちこんでしまいます。

女性からするともどかしいのは理解できますが状況を受け入れてあげましょう。「できない時に無理にセックスしなくていいんだよ」とパートナーの男性に伝えて気持ちを軽くしてあげることが解消法への近道です。

3.食事の改善

勃起には男性ホルモンのテストステロンが大きく影響します。テストステロンが不足すると性欲や勃起力など性機能に影響が現れるのです。テストステロンの生成に不可欠なのは亜鉛です。

現代人は亜鉛の摂取量が足りていない人が多いと言われています。亜鉛が多く含まれている牡蠣やレバー、たまご、チーズ、納豆などを食べる機会を増やすと勃起力を回復することが期待できるので摂取することを促してみましょう。

4.サプリや精力剤の導入

勃起力は程度の差こそあれ年齢と共に衰えていくもの。多くの男性が直面する悩みでもあるのです。そんな男性のために精力や勃起力に効果があるといわれているサプリや精力剤が多く販売されています。

マカを使用しているものや、すっぽんエキスが配合されているものなどさまざまな種類あるので導入を検討してみてはいかがでしょうか。効果が保証されるものではありませんが試してみる価値はあるでしょう。

5.回数を重ねる

緊張が原因で勃起や萎えがある状態の時は、慣れるまで回数を重ねれば改善することもあります。男性がリラックスしてセックスに望めるようになるまで、責めたり焦らせたりせず気長に回数を重ねて待ってあげてください。

オナニーで勃起が可能なら男性が自力で勃起させてから挿入に挑戦しても良いですね。

6.トラウマに一緒に向き合う

「イクの早すぎない?」「気持ちよくなかった」「前の彼氏の方が大きかった」など、いろいろな言葉で男性の心は傷ついてしまっているのかもしれません。男性は性的な部分ではかなり繊細です。不用意な言葉に深く傷ついてEDになってしまう人もいます。

そのような経験がトラウマで勃起しにくい状態になっている男性は、その心の傷を癒してあげることが必要です。「あなたはほかの人より劣っていない」「どんなあなたでも好き」という気持ちを伝えて自信を取り戻すまで待ってあげましょう。

できない彼を攻めずに受け入れ、一緒に向き合おう!

大好きな彼氏とセックスできないというのは女性にとっても辛いものですが、一番辛いのは、自分の勃起の問題で女性を満足させることができない男性です。ストレスがたまる気持ちは理解できますが、セックスのできない彼氏を責めないであげて下さい、責めることで問題は解決しません。

現状を受け入れて、今回紹介した食事の改善やサプリを使用してみたり、トラウマと向かい合いながら問題の解決に努めてみて下さい。今回の記事が手助けになれると幸いです。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事