アイコン パイパンでの手マンってどんな感じ? 感じ方とメリット

2019.12.08

パイパンでの手マンってどんな感じ? 感じ方とメリット

女性器に陰毛の無い状態のパイパンの女性に男性たちからの密かな人気が集まっているのをご存知でしょうか。

パイパンが好まれる理由は複数ありますが、大きな理由のひとつに手マンする時に陰毛がない方がいいというものが挙げられます。手マンする時に陰毛がないというのはさまざまなメリットがあるんです!

そこで今回はパイパンの魅力やメリットの紹介、実際にパイパンにする時の方法などを徹底的にレクチャーしたいと思います。パイパンに興味がある方や、実際にパイパンにしようと考えている方はぜひ参考にしてください!

パイパンとは?

パイパンと手マンといっても何のことかイマイチわからないという人もいると思うので、ここではパイパンと手マンについて詳しく説明していきたいと思います。

パイパンは陰毛が完全に処理されたツルツル状態のこと!


「成人女性の陰部をイメージして」といわれると、多くの人は陰毛がモジャモジャと生えている女性器を思い浮かべるのではないでしょうか。一般的な日本人女性の陰部といえばイメージしていただいた通りだと思います。

一方、パイパンと呼ばれる女性器は陰毛がキレイに処理されてツルツルの状態のことを指します。

なぜパイパンという名称が付いたのかというと、その語源は麻雀が由来しているのです。麻雀牌の白牌がもともとは白板と書いてパイパンと呼ばれていたことが由来しており、ツルツルのまっさらな麻雀牌をツルツルの女性の陰部になぞらえて、パイパンと呼ぶようになったんですよね。

ちなみに昔はパイパンを「かわらけ」とか「お茶碗」などと呼んでいたそうです。今では馴染みのない言葉ですよね。お茶碗って、白米を入れるものですし…。現代の日本ではパイパンという呼び名が定着しています。

実は海外では無毛がエチケット


日本では陰毛の処理をしている人はまだまだ少ないです。多少キレイに整えたり、水着を着るときにはみ出そうな部分などは処理しますが、完全に無毛の状態にまでしている人はなかなかいないですよね。

しかし海外では陰毛はキレイに処理して無毛の状態を保つことは一般的に行われているのです。特に欧米の女性はほぼ全員が処理しているくらいですよ。

欧米では男性も女性ほどではありませんが陰毛を処理して無毛であったり、短く切りそろえたりすることが定着しており、若い世代ほど陰毛を処理する意識が高い傾向があります。

海外で陰毛を処理して無毛にしてしまう理由は「清潔を保つため」というのが一般的な理由です。確かに陰毛は蒸れるし、量が多すぎると清潔感がありませんよね。海外の女性は日本人の女性がわき毛を処理することと同じくらい陰毛を処理することがエチケットとして当たり前の感覚なのです。

手マンとは

手マンは指を挿入して刺激をする前戯の一種!


手マンとはセックスで挿入前に女性器に指で刺激を加える前戯の1種です。女性器の中に指を入れてGスポットを刺激する、膣周辺を指でなぞる、クリトリスに刺激を与えるなどの行為を総称して手マンと呼びます。

アダルトビデオで女性器に激しく指を出し入れして、女優に潮吹きをさせることがありますが、あれも手マンで行われる行為になります。

手マンすると良い感じに濡れてセックスの痛みが解消される


手マンは女性に快楽を与えるテクニックのひとつです。気持ちよくなってもらう目的もありますが、セックスをスムーズに行うための準備をする前戯としての目的もあるんですよ。

手マンで膣の入り口周辺を刺激して女性器内に潤いをもたらし、指が挿入可能になったら膣内を刺激したり、愛液を利用してクリトリスを優しく撫でたりしてたっぷりと女性器が濡れている状態にすることでペニスの挿入がスムーズになります。

セックスをする時に自然に挿入可能になるまで女性器が潤わない時には手マンが効果を発揮します。男女ともに痛みのない気持ちのいいセックスをするためには手マンの技術を習得しておくことは必須といえるでしょう。

パイパンでの手マンは普通と何が違う?

ここまででパイパンと手マンについて理解を深めてきました。パイパンがどんな状態で手マンがどのような行為なのかご理解いただけたのではないでしょうか。

ここからはパイパンの女性器に手マンをすることが、陰毛が生い茂る状態の女性器におこなう手マンと何が違うのかについて細かくご紹介していきます。

ビジュアル的にエロい


陰部周辺に陰毛が生えているのは当たり前のことなのですが、よく見てみると何となくユーモラスな印象を抱いてしまうことがあります。それに下着や水着からひょろっと1本、陰毛がはみ出ているシーンに直面するとエロさよりもおかしさや、間抜けさを感じてしまいますよね。

そんな問題は陰毛を処理してパイパンの状態にしてしまうと解決します。陰毛がなければ下着や水着から陰毛がはみ出ることはありません。本来なら下着姿や水着姿は男性が喜ぶセクシーさやエロさがあるもの。そのエロさはパイパンにすることによって保つことができます。

また、パイパンの状態は陰毛が生い茂っているよりビジュアル的に洗練されたエロさを感じる男性も多いんですよ。見た目のエロさはパイパンが圧倒的ですね。

男性の興奮度が高い傾向にある


多くの男性は女性器といえば陰毛があることが当たり前だと感じているでしょう。パイパンの女性とセックスをした経験がある男性はあまりいないと思います。

そんなパイパン未経験の男性がセックスをしようと下着を脱がしてみたときに、パイパンのアソコに直面すると初体験のエロさに衝撃と驚きを抱くでしょう。

付き合いの長いカップルのマンネリ解消のためにパイパンにするのも効果的です。セックスに新しい楽しみを持つにもパイパンはインパクトがあってオススメです。

毛がないため、快感をストレートに感じる


セックスの時に陰毛のないパイパンの陰部は視覚面でとても刺激的です。通常なら陰毛で隠されている部分がむき出しのため、挿入部分も見やすく、自然と感度が上がります。

女性も陰毛が絡まる心配もなく、素直に手マンやペニスの感触を感じられますね。シンプルに感じやすくなるのがパイパンの素直なメリットと言えます。

まる見えなため男性側も手マンしやすい


手マンをする時に陰毛があることのデメリットは「陰毛が邪魔で刺激したい部分を触る時に陰毛をかき分ける必要がある」「愛液で濡れた手に抜けた陰毛がくっついてわずらわしい」「なんだか不潔な感じがする」などが挙げられます。

特に潔癖の傾向がある男性は陰毛があるから手マンしたくないと考える人もいるのではないでしょうか。しかしそれらのデメリットもパイパンにすることで大抵は片付いてしまいます。

パイパンの女性器は陰毛がある状態よりずっと清潔感がありますし、陰毛が手に絡みつくわずらわしさを感じることもありません。

そして丸見えの状態なので刺激したい場所を触る時に、陰毛をかき分けて目的の場所に向かわなくて済むのでとても快適です。不器用な男性だと陰毛を引っ張ってしまって、女性に痛みを与え空気を乱してしまうこともあるので陰毛はないに越したことがありません。

要するにパイパン状態だと男性の手マンの正確性が向上します。それによって女性としても気持ちのいい手マンされることが可能となるのです。手マンの快感を高めたいのならパイパンにすることをおすすめします。

中だけはなく外も責めてもらえる


手マンというと膣内に指を入れて責めるのが基本ですが、膣内を責めるだけの手マンは手マンのテクニックの一部分しか味わえていないと言えます。実は手マンの上手な男性は膣の入り口あたりやビラビラと呼ばれる小陰唇などを指でなぞるなどのテクニックを持っているんですよね。

手マンがそれほど好きじゃない男性は膣内ばかり責めて、外はおざなりになりがちですが、そうなってしまう理由のひとつとして陰毛が邪魔という理由も関与しているのではないでしょうか。

このような問題もパイパンにすることで解決できますね。膣内以外を責める発想のない男性も陰毛のないツルツルの女性器だったら、あちこち気になって、触ってみたいと考えるはずです。

今までよりも広範囲の責めを求める場合もパイパンにするのが効果的と言えますね。

パイパンは手マンだけではなくメリットが多い

ここまでパイパンにすることで得られるメリットを手マンに絞って紹介してきましたが、パイパンで得られるメリットはほかにも多くありますよ。

セックスの気持ちよさがアップする


パイパンにするとセックスにも効果があります。お互いに陰毛が生えている時のセックスは結合している膣内とペニスは気持ちいいですが、陰毛同士が触れ合う部分は気持ちいいものではないですよね。

毛と毛が触れ合ってチクチクしたり、絡んでしまったり、濡れた毛が冷たかったり、冷静に考えるとデメリット要素が多いです。

それもパイパンにすればさっと解決します。女性だけがパイパンにすることでも、ある程度の効果がありますが、もっとおすすめしたいのは男性も陰毛を剃ってしまうことです。二人とも陰毛のない状態だと結合した部分が肌と肌が触れ合う気持ちよさを味わえます。

海外では男性も陰毛を剃ることは珍しいことではありませんし、日本でも少しずつ浸透しつつある習慣です。一度カップルで試してみてはいかがでしょうか。

クンニしてもらえる


クンニは好きな男性と苦手な男性に大きく分かれます。苦手な男性の理由としては「不潔な感じがする」「匂いが苦手」「陰毛がむさくるしい」「陰毛が口に入る」などが挙げられます。しかしこれらの問題もパイパンにすることで解決できちゃいますね。

陰毛を処理してパイパンにしてしまえば、女性器周りを清潔に保てます。それによって匂いがすることも防げますし、熱帯雨林のような湿度を感じることもないでしょう。陰毛自体がない状態なので陰毛のむさくるしさや口に入る問題もなくなります。

パイパンにすれば、それまでクンニをしてくれなかった彼氏がしてくれるようになるかもしれません。陰毛が生い茂った女性器は嫌でも、ツルツルなら不潔さはありませんからね。

それでも拒否するような男性には……フェラすることを拒否しましょう。

男性がいつも以上に元気


セックスがつまらなくなる理由のひとつがマンネリです。マンネリを感じて男性に元気がないように感じたのならなにか新鮮な刺激をセックスに持ち込まなくてはなりません。

そこで新しい刺激としてパイパンにしてみてはいかがでしょうか。見慣れた女性器でも陰毛がなくなるだけで全く別物のように感じることができます。マンネリして性生活に元気を失っていた男性が再び元気を取り戻すきっかけになるでしょう。

せっかくパイパンにしたのなら、それを活かしたセックスをしたいもの。少女のようなコスプレをして背徳のセックスをしているような雰囲気を味わったり、邪魔な陰毛がないのでたっぷりとクンニしてもらったり、いろいろ試して楽しんでみてください!

手マンで毛が引っ張られる心配がない


あまり手マンが上手じゃない人や手マンが好きじゃない人は愛撫が雑になりがち。そんな人に手マンされると陰毛が引っ張られて痛い思いをすることがありますよね。でもパイパンにしていれば陰毛が引っ張られる心配は一切ありません。

正直なところ、男性も手マンをする時に陰毛は邪魔に感じています。手マンが終わったら気がついたら手に毛がついていたり、クンニのときは毛が口に入ったり…。

手マンのみならずクンニ、セックスなど性行為全般において陰毛の存在にメリットを感じることはほとんどないので、パイパンでも問題ないと思う女性はすぐに処理しちゃいましょう。


パイパンにする方法とは

ここまでパイパンにすることのメリットを多く解説してきました。メリットを知ることで「自分もパイパンにしちゃおうかな」と前向きな気持ちになった人も多いのではないでしょうか。

なので「パイパンにしよう!」と決心がついた人のために、陰毛を処理する方法を4つご紹介します。

自分で剃る


まずは自分で剃るという選択肢がありますね。とはいっても、いきなりカミソリでジョリジョリと剃ってしまうのは待ってください。陰毛を剃るには準備が必要です。

まず陰毛を石鹸やボディソープでキレイに洗ってください。汚れている状態だと剃った時に皮膚に傷がついたり、カミソリ負けしたりした部分から細菌が入って感染症になってしまうことがありますよ。

陰毛の洗浄が済んだら次にカミソリで剃る前にハサミで陰毛を短くカットします。ハサミは消毒したものか新品を使用してほかの用途には使用しないようにしましょう。

陰毛を短く切りそろえたら、いよいよカミソリです。カミソリもよく剃れる新品のものを使用することをおすすめします。剃りにくいカミソリを使うとカミソリ負けしたり皮膚に傷がつく原因になります。

もちろん剃る時はシェービングクリームを使ってなるべく皮膚を傷つけないようにしてください。剃る方向は毛の生えている方向に合わせ肌に負担がかかりにくいようにしましょう。

陰毛は毛が太いため、一度剃るとカミソリに毛がたくさんつくので毎度水で毛を洗い流し、シェービングが少ないときは足しつつ剃り進めるようにしてください。

剃り終わったら保湿することも忘れずに。保湿を忘れると剃った部分がカサカサしたりかゆくなったりするので注意しましょう。

プレイの1つとしてパートナーに剃らせる


自分で剃るほかに、パイパンにするという行為自体をひとつのプレイと考えてパートナーに剃らせるという手もあります。

一般的には剃毛プレイと呼ばれる羞恥プレイの1種です。陰毛を剃ることで女性を辱めるという意味合いのプレイなのでSっ気のある男性とMっ気のある女性のカップルだと興奮できるのではないでしょうか。

より雰囲気を出すためにロープで縛るなどの緊縛プレイなどを組み合わせてもいいと思います。陰毛を処理する手順自体は自分で剃る時と同じです。陰毛をキレイに洗い、ハサミで短くして、カミソリで剃ります。

注意して欲しいのは刃物を使用するプレイなので怪我をしないように慎重に行って下さい。プレイのシチュエーションに夢中になり過ぎて乱暴にしてしまうと大怪我につながることもあるので気を付けましょう。

脱毛の専門家に頼る


「自分で剃るのはどうも不安」と感じる場合は脱毛の専門家に頼るという方法もあります。デリケートゾーンの脱毛で有名な脱毛法で「VIO脱毛」というものがあります。Vが両足の付け根あたりのいわゆるビキニライン、Iが陰部の両サイドのIライン、Oが肛門周りを指します。

海外セレブから火がついて日本でも女優やモデルが受けているということで一般の女性にも認知されてきている脱毛法です。VIO脱毛を行うと完全に脱毛してしまうこともできますし、一部を残す、毛を細くするとか薄くするなどの微調整をおこなうことも可能です。

自分で剃るのは表面の毛をなくしているだけなので、すぐにブツブツと毛が生えてきてしまいますが脱毛すると毛の生えるスピードも太さも変わるので、どうせパイパンにするなら完璧にしたいと考える人におすすめの脱毛法です。

除毛クリームでツルツルにする


「自分でカミソリを使用して剃るのはチクチクするし何だか怖い」「脱毛サロンに行く時間やお金がない」そのような人におすすめしたいのが除毛クリームを使用してパイパンにする方法です。

使い方は除毛したい部分に除毛クリームを既定の量だけ塗ります。パイパンにする時は陰毛に塗ることになりますね。有効成分が陰毛を溶かして処理をしてくれます。時間がきたらスポンジやティッシュで優しく拭き取り、シャワーでキレイに洗い流せば完了です。

除毛クリームは気軽に試せて便利ではありますが、肌質やアレルギーなどの問題で除毛クリームが合わない場合はあります。なので本格的に除毛する前にパッチテストをおこなって自分の肌質に合うかどうか確認してから使用するようにしてください。

女性器は敏感な部分なので刺激のあまり強くないものか、VIO対応のものなどを使用することをおすすめします。

まとめ

パイパンにすることのメリットは清潔を保てるということもありますが、性行為面で見ても大きなメリットがたくさんあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

今回は手マンについて多く説明をしましたが、挿入する時もクンニをする時も陰毛がない方が快適に行えます。

パイパンにすることは一般的になりつつあるのでもしパイパンにしようと思ったら、自分で剃ったり、専門家に頼ったり、方法は色々あるので自分に合った方法を試してみて下さい。

外国では男性も陰毛処理をすることが一般的になっているように今後は日本でも男性のパイパンが当然になっていくと思われます。なので「一人でパイパンにするのはちょっと…」という女性は思い切ってパートナーと一緒にパイパンにして快適なセックスライフをおくってみてはいかがでしょうか。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事