アイコン そろそろ潮時…?セフレを卒業したくなった男性が見せるお別れしぐさ5選

2019.10.02

そろそろ潮時…?セフレを卒業したくなった男性が見せるお別れしぐさ5選

この世には、永遠なんてありませんよね。

末永く愛し合うことを誓ったカップルも、明日には些細なことでいがみ合ってしまう可能性は決して低くありません。愛は永続的なものではないし、人間にはそもそも寿命があります。永遠はありえません。

恋愛ですら万事この調子なのですから、それよりももっと割り切った、セフレという間柄なんて余計に儚いもの。

実際自分の過去を振り返っても、周囲を見渡してみても「セフレ関係ってあんまり長続きしないよなぁ」と思えるという方、多いんじゃないでしょうか。

ところで、セフレ関係が解消される主要因ってどこにあるんでしょう。

筆者は男性。その男性の立場でこれを考えたとき、確実に「これが恐らく一番の原因だ!」と言い切ることはできませんが、男性が相手に飽きてしまうことが、その要因として大きな部分を占めているように感じます。

相手に飽きる、あるいは関係に日和ってしまう。そういった男性側の都合でセフレ関係が破たんした男女を結構見てきました。

そういう状況を目前にすると、セフレに対しての男性の態度も割とあからさまに変化するもの。今回はここに注目して、セフレをやめたくなった男性が見せがちなしぐさを挙げてみたいと思います。

セフレとセックスレス!?

セフレと関係を終わらせようと考えだすと、男性の見せる言動って結構似通ってくるんですよね。

一番わかりやすい例を挙げると、やっぱり「セックスをしなくなる」というのがデカいと感じます。

セフレはセックスでつながる関係なのに、会ってもセックスをしないことが増える、あるいは会う頻度が落ちる。

こういう状況を招く男性の心中というのはおおよそ「そろそろいいかな」みたいに、関係そのものに飽きているところなんですよね。

よそよそしくなる!

また、セックスはしてもどうしたことかちょっとよそよそしくなるという状態も、男性が「ぼちぼちやめようかな」と考えているサインです。

態度がよそよそしい以外にも、そっけない、冷たくなった、といった状態は等しく同じような意味合いを孕んでいます。

さんざんセックスしておいて、いまさらかよって話ですけども、きっとその男性の中で心境の変化でも生じたんでしょう。男ってわがままですよね~。

相手に興味がなくなる!

それから、相手の近況に興味がなくなり「最近あたしさぁ」みたいな話を振ってもリアクションが薄くなるという状況も、やっぱりセフレへの興味が失せているサインです。

もともとカラダだけのお付き合いではありましたけど、それでも最低限興味があるふりぐらいはできたものなんです。

それすらしなくなるというのは、よっぽど関係に飽きてしまっているということなんでしょう。

男性の忌憚なき意見を書かせてもらうと、こういう男性は既に別口でセフレを掴んだか、あるいは結婚を前提に交際している女性ができたか。この2つのケースが多いです。

どちらの場合も、もう目の前の相手への興味は非常に薄れてしまったのだと理解していいでしょう。

セックスをしても淡白になる!

「セフレに飽きているけど、セックスはしたい!」もしくは「他の女ともやりたいが、現状はセックスをする相手がコイツしかいない」みたいなことを考えている男性の見せがちな態度。

それが「セックスの際にやけに淡白になる」です。

失礼千万な話ですよね(笑)。でも男性って、本当にこういうのが態度で表面化しやすいんです。

こういう状況になってしまうと、彼らは「明らかに手抜きのセックスだけど、別に嫌われてもいいや」みたいな投げやりな気持ちになっています。

嫌われてもいいから、独りよがりのセックスをしてやろうというわけですね。

そのままフェードアウトする例も結構知っています。が、こんな男性に限って、ほどなくして当たり前みたいな顔してホテルに誘ったりもするのです。

「おがない」をしきりに連呼するようになる!

男女関係の切れ目は、古今東西愛情かお金の切れ目が引き金です。

セフレという間柄の場合、そこに愛情は介在していませんので、余計にお金が大きな割合を占めることとなりますよね。

そのお金がないとうそぶくようになったら、あなたのセフレはそろそろ関係を清算しようと考えている目安。

なにせお金がなければホテルにも行けません。
ホテルに行けなければセックスもできません。
セックスができないのなら、セフレ関係も成り立ちません。

この三段落ちを狙って、あえて「金ねンだわ」と言うようになる男性もいるのです。あなたのセフレがやけにこの類の言葉を口にするようになったら、そろそろ別の男性を探すことをオススメします。

おわりに

といった具合で、だいたいこれらがセフレを切りたいときに男性が使う言葉、しぐさとなります。どれも結構ストレートで「あ、私もう出る幕ないのかな」と把握できるとは思います。

しょせんカラダだけのつながりなので、変に引きずることもないでしょうし、そういう言動を目にしたら、さっさと距離を置くのが賢明でしょう。

セフレに飽きちゃうような男性に、それ以上の素晴らしい側面があったとしても、それを糧にずるずる引っ張って良いことはありませんからね。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)


▼イケメンと出会いたい人はこちら
関連キーワード

関連記事