アイコン 【実体験】パイパンにしたらクンニの快感が格段アガった話

2019.09.24

【実体験】パイパンにしたらクンニの快感が格段アガった話

なかなか他人と話をする機会がない、アンダーヘア事情。読者の皆さんは、アンダーヘアのお手入れどうしていますか? 最近では「ハイジ男子(=パイパンにしている男性のこと」という言葉が生まれるほど、男性側もアンダーヘアを脱毛に積極的な人が増えているようです。

海外では、男女ともに「パイパン」が多いと聞きますが、日本は残念ながら「パイパン後進国」。思いきって“つるつる”にしてみたいけれど、パートナーの反応が気になる……と悩む女性も多いですよね。そこで今回は、実際に私がパイパンにしたときのセックス体験談をまとめてみたいと思います。

私がパイパンにしたワケ

そもそもなぜ私がパイパンにしようと思ったのか。まずはその経緯からお話していきましょう。

私が初めてパイパンにしたのは、20代前半の頃。当時の彼氏が「パイパン」に対して異様な執着心を持っていた人で、セックスのたびに「アソコの毛、もう少しととのえたら?」「パイパンにしてくれたらうれしいのになぁ~」といわれていました。

しばらくして彼を喜ばせようと思い、私はセクシーなTバックを身に着けてセックスに挑んだのですが、それを見るなり彼はすぐに「毛がはみ出てるじゃん!」と笑ったのです。

恥ずかしさから私はベッドから飛び起きて、バスルームへ直行。1ミリの迷いもなく、カミソリを片手にアソコの毛を全剃り。突拍子のない行動でしたが、「……これでどう?!」とアソコをみせると、彼は大興奮! 

もともとクンニが好きな彼でしたが、その日はいつも以上に丁寧にアソコをなめて、挿入前に何度もイカせてくれました。「ずっとなめていたい~!」「すごいきれいだね」とほめられ、私もエッチな気分がアップ。パイパンのおかげで、特別な一夜となりました。

パイパンでのクンニはどこがよかった?

美容や衛生面からパイパンにする女性も多いと思いますが、個人的にパイパンにして感じた1番のメリットは、セックスの感度があがったことでした。なかでも「クンニの感度」は毛があるときとは比にならないほど気持ちよかったです!

毛がないことで舌の温度や感触がダイレクトに伝わります。常に性器がむき出し状態なので、クリトリスの位置も的確につかんでもらうことができるのもメリットでした。

舌先で優しくツンツンとなめられただけで、腰からビクっと反応してしまうほど、クンニの感度は抜群でした。

男性目線で解説! パイパンでのクンニのメリット

女性がパイパンにすることで、男性側にもさまざまなメリットがあります。

一番大きいのは、クンニのときになめやすくなること。毛が口や鼻に入るストレスがないぶん、なめることに集中できます。

元カレ曰く、「クンニのときに手で陰毛をおさえる必要がないから、空いた使える手で胸や膣を刺激したりできて、セックスの自由度が広がった」とのこと。

また、パイパンにすると視覚的な興奮も増します。AVなどで「パイパン」を目にしたことはあっても、実際にパイパンの女性とセックスしたことがある男性は少数派。

例に漏れず、私の元カレも初めての体験に大興奮。部屋の電気をつけて、まじまじと私のアソコを観察し、「すげぇ、見てるだけで勃起してきた(笑)」と感激していました。

【関連記事】

初めてパイパンにするなら、自己処理?脱毛サロン?

このコラムを読んで、パイパンに興味がわいてきた皆さん、アンダーヘアのお手入れは自分でされますか。それとも脱毛サロンに通われますか。それぞれにメリット・デメリットがあるかと思います。

私の体験談をお話すると、私は「①カミソリで自己処理」→「②脱毛サロン」という段階を踏みました。

カミソリでのお手入れは、思い立ったときにすぐできる「手軽さ」が魅力ですが、繰り返し行うと肌荒れなどのトラブルに悩まされやすいというデメリットもあります。とくにIゾーンは性器を傷つけてしまう怖さもあって、自分できれいに剃るのは難しかったです。

一方で、脱毛サロンは、プロにお任せできる安心感はありますが、その分、通う手間や時間、費用がかかります。

個人的には、自己処理でパイパンにして過ごしてみて、日常的な快適さやセックスの感度を確かめたうえで、「もう毛はいらない!」と思ったら、脱毛サロンに通われてみることをおすすめします。

自宅でお手入れをする場合は、専用のシェーバーやトリマーを使い、自己処理後はきちんと保湿をしてくださいね。

【関連記事】

パイパンのこと、彼にどう打ち明ける?

パイパンでのクンニが気持ちいいことはわかったけれど、彼にはどう打ちあけたらいいのか、という不安もあるかと思います。

近年、日本でもアンダーヘアのお手入れに関心を寄せる男女が増えている一方で、パイパンの女性はまだまだ少数派。何の前触れもなく、いきなりパイパンにすると、ドン引きされる可能性もあるので、事前に彼に探りを入れておくのが無難でしょう。

性にオープンな関係であるなら、「最近、ハイジ男子って言葉があるみたいだよ!」「私がパイパンにしたらどう思う?」と聞いてしまうのがいいと思います。

ちなみに、私の友人には、お風呂場でお互いの毛を剃りあいっこするというカップルもいました。

セックスの感度が格段にアップする女性のパイパン!「もっと彼と気持ちよくなりたい」「彼を興奮させたい!」という向上心をお持ちの方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。(岩崎みさと/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事