アイコン 「早く終わらないかな…」 遅漏の彼氏をセックスでイカせる3つのテクニック

2019.08.04

「早く終わらないかな…」 遅漏の彼氏をセックスでイカせる3つのテクニック

「彼氏が遅漏なんです……」

この言葉を聞くだけで、なんだかずっしりと肩が重くなってしまうという女性もいることでしょう。

まして、遅漏なのにセックスが大好きで、毎晩のように求めてくるような男性を彼氏にしてしまえば、そりゃあもう目の前が真っ暗になってしまうような心境かもしれません。

遅漏の男性は、どうしたってセックスでフィニッシュを迎えるまでに時間がかかり、ともするとセックスをしている時間が冗長、退屈に感じられるところです。

また、その度合いによっては長時間のピストンに耐えかねて、女性の性器が悲鳴を上げるような事態も招くことも……。

このような、早漏の男性の対極にある、遅漏の男性とのセックス。いつ終わるかわからない、苦痛にも等しいシチュエーションを少しでも早く終わらせることは、お互いのためにもなります。

なにせ遅漏の男性自身も、セックス中になかなかイケないことについては、結構辛い気持ちになっていることですし……。

そこで今回は、女性主導で遅漏男性を毎度ベッドで絶頂させるための心がけとしまして、いくつかのテクニックを伝授します!

なかなかイカない彼氏とのセックスで、毎晩しんどい思いをしているあなた! その苦痛が今、終わろうとしています!

1.基本的には男性がイキやすい体位でセックスしよう!

まず手始めに、男性がどうやったらイキやすいのかについて注目したいのですが、多くの男性は「この体位が一番イキやすい」と感じる体位について覚えがあります。

その体位は人それぞれなのですが、大事なのはなかなかイカない彼氏をどうにか自力で射精させようと躍起にならないことですね。

頑張れば頑張るほど空回りになってしまうことは、遅漏男性とのセックスでは、“あるある”なのです。

ですので実際にこういった男性とセックスする際には、自分主導の体位でアドバンテージを取ろうとせず、相手主導の体位でのセックスに任せてみるということ。まずこれをオススメします。

ただ、これでイケれば苦労はしません。問題は、ここから先です。

2.挿入中に彼の乳首を愛撫してみよう

先ほどは、遅漏男性がイキやすい体位でセックスをするように指南したところですが、まあそうは言っても大抵の男性は、正常位か騎乗位に落ち着きます。

この場合、男性が自力でイッてくれるなら問題ないのですが、まだもう少し時間がかかるようなら、ちょっとした小技でアシストするのが効果的。

極端な話、両手がフリーなら、彼氏の乳首を指で愛撫するなどして、遅漏男性の性感をより高めるというテクニックは実践するにも敷居が低くてオススメです。

実際、これをされるとさっさとイク遅漏も多いんですよね。まあ、乳首が人並みに開発されているという前提がないと、これもあまり効果的ではないのですが……。

【関連記事】

3.喘ぎ声を意図的に大きくして、聴覚から興奮させよう!

それから、遅漏男性をイカせるために役立つテクニックとして、喘ぎ声も有用です。

男性も女性ほどではないにせよ、耳から入る情報によって興奮するため、喘ぎ声も意図的に大きく出すのも効果的と言えるでしょう。

ミュート状態でテレビを観ていてもあんまり面白く感じないけど、普通に音声が聞こえると内容が100%理解できて楽しめるのと同じような理屈ですね。

小声で喘ぐのも、それはそれで趣があって結構なのですが、遅漏の男性にとっては、それだけじゃあちょっぴり刺激が足りません。

ですので、この場合はもう、思い切ってアンアン喘いでみせるのも、イカせるための重要なキーアクションになるでしょう。

おわりに

といった具合に、遅漏の彼氏をしっかりとセックスでイカせるために必要なテクニックについて、今回は3点ほど紹介していったわけですが、もちろんこれだけで確実に彼氏が絶頂するとは限りません。

今回挙げたポイントとあわせまして、並行して彼氏側にもセックス前のオナニーを少なくとも3日程度は禁じておくなどの、射精しやすい下地作りも大事ではないでしょうか。

いくらテクニックに気を配っていても、出すものが溜まっていない挙句にそもそもイキにくい体質であれば、どれだけ努力しても結果には結びつきませんからね……。

さらにこだわりたい場合は、彼氏自身の体力づくりにも注目すべきです。遅漏男性の中には、しばしばそもそも体力が乏しくて、「もうちょっとピストンを続けてればイケるんだけど、もう疲れて動けない」という状態におちいっているタイプもいます。

こうなると女性側がどれだけ努力しても話にならないので、せめて毎日30回なり40回なりの腹筋やスクワットを命じておくべきですね。

実際、しっかりとした体力を持っている男性の多くは精力旺盛な人が多いわけですし。基礎的なエネルギーって、大事ですよねぇ……。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】


関連記事