アイコン 男性が悦ぶマストな前戯のやり方と最適な時間配分

2019.08.30

男性が悦ぶマストな前戯のやり方と最適な時間配分

みなさん、セックスしていて「この人、随分前戯に時間かけるなぁ」とか「いい加減もう挿入したほうがよくない?」と思ったことはありませんか?

男性って、ぶっちゃけ最適な、ドンピシャな前戯の割合についてあまり時間的な最適値を理解していない生き物です。

「このぐらいかな~」みたいな曖昧な線引きで、個々になんとなく前戯に要する時間を設定してたり、していなかったり。まあそんな感じのゆるいセックスをしているのが男性です。

ただ、そんな男性たちもまた、前戯をしている、あるいはされている間に「やけに長いな」とか「もうそろそろ挿入したいなあ」みたいなことは、一応考えています。

そこで今回は、いち男性の目線から、彼らが普段どんな前戯を欲しているのか。そしてその時間配分の最適な目安はどのあたりにあるのか。これを紹介していこうと思います。

手コキについての失敗と損のないやり方

前戯の序盤から取り入れている女性も、きっと多いはずの手コキ。これを前戯でやらないとか、時間をかけて行っていない女性って、あんまり多くないと思います。割と前戯としてはメジャーなやり方ですよね。

この手コキの失敗のない実践法ですけど、これはもう皆さん割と意識しなくてもできていると思います。いわゆるカリの部分にもちょっと手が触れるぐらいのピストンを意識しつつ、適度に唾液をたらして滑りをよくするとか、その程度ができれば花丸です。

やり方に人それぞれの差異は多少ありますけど、男性としては「手コキしてもらってる~」みたいなシチュエーションに感じ入るタイプも結構います。ですので、前戯としてはかなり手軽で、効果が高いものだと言えるでしょう。

ただ、5分も10分もこの手の前戯をしていると、男性がイッてしまいますので、最適な所要時間はせいぜい5分以内程度ではないかと思います。

前戯の王道、フェラの最低限抑えておくべきポイント

それから、フェラチオもまた前戯をする上で欠かせないアクションになっていますよね。この、フェラについてのですが、たとえこの前戯が下手だと自覚している女性がいたとしても、問題ありません。すぐにそれなりのカバーができるテクニックはあります。

まあ、テクニックと言うか、男性が感じる箇所を攻めることができるかどうかっていう単純な話でしかないのですが、ともかくフェラをする場合は、男性器のカリの部分やスジ部分、こういった箇所を重点的に攻めることを意識しておくだけでも、かなりフェラのやり方に精通した、前戯上手として認識されることとなります。

無理に喉の奥まで咥えようとしなくても大丈夫です。フェラはただの前戯なので、そこまで気合いを入れて臨むものでもない、ということですね。

所要時間についてですけど、これは男性によってまちまち。フェラ好きな男性を相手にする場合は結構長めにしなければなりません。でも普通の男性相手なら、せいぜい5分もすれば十分でしょう。

フェラってメジャーな前戯ですけど、やり方にかなり個性が出るものでもあります。人それぞれ、やっぱり攻め方が違うんですよね。ただ、みんなちがって、みんないい。これは男性側が感じる定説めいたところです(笑)。

せいぜい歯を立てないことを意識していれば、どんなフェラでも相手を満足させることはできるぐらいの、ゆる~い前戯と考えておきましょう。あんまり気負うようなことではありません。

さまざまな搦め手の前戯も習得してみるとイイかも?

それ以外にも、前戯っていろいろありますよね。たとえばカレの乳首をずっといじってたりするというのは、ここが性感帯の男性を相手にする場合には最高のアクションになります。

他にも、たまにローションなんか使って、素股プレイをやってみるのも悪くないかもしれません。筆者の知り合いなんかは、性欲旺盛な彼女が生理中でも求めてきたときなどに、この手のプレイをしてもらえると自慢していました。

これも好きな人には結構ハマるようなので、もしも機会があったら時間を割いてでもプレイしてみるのもいいかもしれません。

あとは前戯として、軽めのSMなんかも悪くないのかもしれないですね。カレのネクタイとか、冬場ならマフラーなんかを使って手を拘束してみるようなやり方だけでも、相手は結構興奮してくれる場合もあります。

おわりに

前戯って、セックスをする上では大事な下地処理みたいなアクションです。

男性の場合、とくに印象に残るセックスって、挿入してから云々よりも、前戯でいかに興奮したか、みたいな情報が大事になっている傾向は高いと感じます。

だから前戯でしっかり周囲の女性と差をつけるって、大事なことだと思うんです。

男性にとって「この子とセックスしたら、前戯の段階からスゴかった!」と思える女性ってそうそういません。
そういう女性になれたら、さぞやセックスをするという関係においては大事に思ってもらえることになるでしょう。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事