アイコン 【萎えチンが語る】会うたびセックスしたがる女子に伝えたい、男の精力低下の話

2019.03.04

【萎えチンが語る】会うたびセックスしたがる女子に伝えたい、男の精力低下の話


あなたはセックスが好きですか? オトナのハウコレを閲覧しているということは、まあ人並みに好きなのでしょう。セックスが嫌いな人って、なかなかいませんからね。

でも、自分が好きなことだからと言って「男性も常にやる気満々に違いない」と根拠なく思い込んでいるのはちょっと危険だったりします。

男性の中には、セックスに対してある特定の条件下においてのみ「もううんざりだ」と感じてしまうことがあり、ひいてはそれが相手への嫌悪に繋がる場合もあるのです。

言ってみれば、“萎えチンの性嫌悪”ですね。

男性の「抱きたい願望」は歳とともに衰える

人間、いずれ老いに直面します。性に対する気力や体力が低下していき、セックスに前向きになれなくなる瞬間が必ずやってきます。そして男性は、その老いの速度が女性より速いことは、おぼえておきたいところです。

個人差はもちろんありますが、男性はおおよそ21歳頃を頂点に、それ以降は徐々に体力も精力も衰えてしまいます。

そうしてアラサーになる頃には、セックスに対してもかつてほど能動的ではなくなり、ワンナイトが楽しめそうな女性との出会いがあろうと「でも明日も仕事だしなぁ~」といったつまらない理由で無視したり、日常にセックスできるチャンスがあっても乗り気になれなくなってしまうことって、珍しくもないのです。

とくに、ここが重要なんですが、これまで人並みにモテていて、性的な経験値の高い男性ほどこの傾向が強く、こういう男性にとって一番面倒なのが「会う度にセックスを要求する女性」です。

この手の女性は、セックスがそもそも体力的にきつくなってきた男性にとっては手に余る物件扱いされており、実際に筆者の周囲にも「セックスの要求がきつくて彼女と別れた」という破局事例が数件あります。

一般的に精力低下が顕著になるのは、やっぱりアラサー以降でしょうね。なので、アラサー以降の男性とのお付き合いには、相手の老化を加味することも必要になると思います。

「学生時代ならまだしも、中年になるとそこまでセックスしたくない」というのが、これまで散々セックスの機会が得られてきた男性たちの共通認識です。

ましてや今はオカズにも困らない便利な時代。セックスよりもオナニーでさっさと抜いて寝たいという男性だって、モテるタイプにも相当数います。

「会うたびにセックスしたい!」と熱望する女性に最適な代替案

と、ここまでは男性の欲求の低下について書いてみたのですが、一方で女性の場合、アラサーあたりになって性欲がムクムクと湧いてきてしまうなんて話は珍しくないようですね。

場合によっては、パートナーとのセックスレスにイライラしている方もいるかもしれません。こういう状況を打破するには、何より現状のパートナーにこれ以上期待をしないことです。

もう、正直セックスレスの原因が男性にある場合、更正は無理に近いぐらい難しいことで、そもそも欲求がそこまで溜まらないほどに老化しているわけなので、期待するだけムダ!

こうなったらもう、浮気なり何なりして、外で発散するのが一番です。

浮気相手とよろしくやるのもいいし、割り切ってマッチングアプリでセフレを探すのもいいでしょう。これなら性欲しか脳にない男性が多数手ぐすねひいて待ち構えていますし。

後は、これはちょっと特殊な例になりますし、お金もかかるのですが、女性向け風俗に行ってみるのだって悪くない選択かもしれませんよ。

風俗で働くのはキツいこともばかりですけど、お客さんとして行くとなると、違った印象を得ることができるでしょうし。

あとは、アダルトグッズをこっそり通販なんかで購入して、オナニーで欲求を発散するなどもこまめにやってみるのも、ベタですがストレス解消にはなると思います。

セックス頻度を高めたいなら、非モテ男性を選んだほうがいい!?

何にせよ男性は女性より平均寿命が短い分、生き物の本能の部分が老化するのも数年早いわけです。

これはもう生き物としての機能の問題なので、男性本人の性格や思想とは無縁の部分。責めても恨んでもしょうがないところなんですよね。

ですので、性欲を発散したいなら、本来のパートナーだけを頼りにしないことも大事になってしまうわけですが、一点抜け道のようなものもあります。

もともとあまりモテず、セックスの経験もなかったような男性を彼氏にしておくと、結構セックスの頻度は高いまま長い期間を一緒にいられることもあるようです。

先ほどもちょっと触れましたが、結局モテる男性はセックスの回数も多いわけで、セックスそのものの天井を知ってしまい、飽きている節もあるんですよね。

一方であまりモテない男性は、やっぱりこれまで培った経験も免疫もないので性欲が強めです。若い頃になかなかそういう経験ができずにフラストレーションが溜まっていたという経験は、男性を性豪にするわけです。

だからあまりモテない男性を、あえて彼氏にしてみるというのも手といえば手にはなります。

個人的にも痛感するんですが、イイ男ほど30代ぐらいになると落ち着いて、浮気を嫌うようになります。
が、モテない男性は、アラサー以降から50代に差し掛かるまで、節操なくセックスを追い求める傾向が強いですね。そういうものなんでしょうね。

まあ、そんな男性を彼氏にしてセックスの頻度が高くなっても、あんまりうれしくないかもしれませんが……。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事