アイコン バレンタインにチョコはあげなくていい! 狙った相手を落とす最大の秘訣は…

2019.02.10

バレンタインにチョコはあげなくていい! 狙った相手を落とす最大の秘訣は…

間もなく2月14日。つまりバレンタインデーがやってきますね。言うまでもないことですが。この日は日頃お世話になっている男性に義理チョコ。そして好きな人や彼氏に本命チョコを渡す文化が日本ではすっかり浸透しています。

毎年のバレンタインデーはチョコレートの売上がすごいことになるようですが、今回はちょっとこの時期に関連するお話を披露させていただきたいと思います。

男性はチョコが食べたいのではなく、女性の好意を喜びたいのだ!

ズバリ。男性は俯瞰で見ても、そこまでチョコレートって好きじゃないんですよね。成人男性の多くは、甘いものをそんなに意識して摂取しようとは思わないものです(もちろん個人差はあるので例外も伴いますが)。どちらかと言うと、しょっぱいもののほうが好まれます。

そういう傾向がありますので、はっきり書いてしまうと、男性はチョコレートに執着がありません。とくに、学生時代からモテてきた男性になってくると「ああ、またバレンタインデーがやってくる。断るのもカドが立つし、でもチョコはもう食べ飽きてるし、正直めまいがするなぁ」なんて贅沢な悩みに苛まれているもの。

モテてきた男性たちにとっては、バレンタインデーにチョコレートをもらうということ自体が既に食傷気味で、うんざりしてしまうものなんですよね。

また、もらった以上はお返しをしなければならないというのも、男性を気落ちさせる原因です。
“チョコを貰う→お返しをする→それからチョコをくれた女性が気に入ったらデートに誘う”といった一連の流れが、長年続いていますが、本来男女関係ってお菓子を贈りあうような段階がなくても成り立ちます。

モテればモテるほど、この段階って不要というか、面倒に思えるわけなんです。

究極的な話、筆者はイケメンではないので、そこまでモテるタイプでもないのですが、それでもバレンタインデーにチョコレートをもらうと、やっぱり「お返しはめんどくさい」って思っちゃいますし、もっと突っ込んで言及すると「チョコはいらないので好意だけ伝えてほしいなぁ」とか思ってしまうところがあります。

で、これって共感する男性も少なからずいるんですよ。

チョコはいらない。が、女性からの好意があるのなら、それは知りたい。こういうワガママが生じてしまうところはあります。もちろんチョコが介在しない以上、それを知ることは難しいわけですが。

なんならチョコはあげなくていい! 好きな男性がいるなら、バレンタインに直接デートに誘おう!

で、ここからが重要なポイントになります。男性目線で考えてみたとき、バレンタインデーにチョコレートって、うれしい反面お返しが面倒とはさっき言及したとおりです。

でも、何もアクションが起きないのはそれはそれで悲しい。

そこから導き出される、男性が喜ぶ展開とは何かと考えたとき、もういっそのこと、チョコレートを渡すなんてことはしないで、その代わりに好きな男性、狙っている男性がいるなら、「この時期に直接デートにでも誘うほうが、よほど効果的ではないか」という答えが導き出されるんですよね。

「好意は知りたいが、お返しは面倒」

これがある程度モテてきた男性たちの内に潜む本音です。であれば好意を知らせて、お返しの必要のないアプローチをする女性が出現すれば、「おお!」と思わせることができるわけです。

まさにバレンタインデーの季節において、これは他の女性と差別化できるアクションと言えるでしょう。

男にとってホワイトデーのお返しはかなりの負担

筆者は女性ではないので、本命の男性にチョコレートを渡す際の思惑というか、願いみたいなものを100%確実に把握することはできません。

ですが、思うに、みなさんも「あの人はチョコは好きじゃないかもしれない」と思いながらもチョコレートを渡していませんか?

場合によっては「チョコは好きじゃないって聞いたから、違うものをプレゼントしよう」と考える女性もいるでしょう。

これも良い行動ではあります。でも一番効果の高いアクションは、そもそもバレンタインデーに何も渡さないこと。これです。

男性は! ホワイトデーの! お返しが! 本当に! 面倒で! 気を遣うんですよ!

何遍でも狂ったように書きますが、本当に本命チョコって、下手に受け取ってしまうと3月のお返しが億劫という男性が多いため、バレンタインに本命にチョコを渡すというアクションは、モテる男性にはそこまで喜ばれないということは、知識として頭に入れておくのは有効かもしれません。

「好きです、チョコ受け取ってください」もうれしいことはうれしいのですが、それよりも「好きです、今度飲み行きませんか?」とかのほうがいろいろと省けて男性的にはよりうれしいのは事実です。

もちろん、従来どおりチョコレートを渡すのが有効という男性もいます。それがスイーツ好きな男性と、さほどモテてこなかったであろう男性です。

とくに後者は、バレンタインデーにチョコレートをもらうという経験に飢えていますので、かなりの効果を発揮することでしょう。

そう考えてみると、アレですね。バレンタインデーは本命の男性に対して、どういうアプローチで攻めるべきか選択の余地のある、恋愛の起点とするには良いイベントということが言えるかもしれませんね。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事