アイコン 清純なお嬢様感で爆モテ! マッチングアプリの自己プロデュース術

2019.01.26

清純なお嬢様感で爆モテ! マッチングアプリの自己プロデュース術

今やインターネットでの出会いは常識。TwitterやInstagramといったSNSを通じたオフ会、マッチングアプリからのデートなんてのもごく一般的になってきています。今やSNSでモテを制するものはリアルでもモテモテ?

今回は主にマッチングアプリなどでのモテ術をお教えします。

勝負は登録後2週間

女性の場合、たいていのマッチングアプリだと登録後2週間前後はNEWという表示とともに男性にわかりやすい箇所に自分のアイコンが表示されます。

男性は新しい女の子が大好き♡ 登録後2週間~1カ月が一番モテます! その期間を利用していい男をゲットしちゃいましょう!

1つのマッチングアプリに絞る

マッチングアプリをやっている人は大抵2つ以上登録しています。1つのアプリだけでなく他のアプリにも同じ女の子がでてきてしまうようであれば、出会い中毒と勘違いされることもしばしば。

また、いろんなアプリに登録している女性に希少価値はないですからね。バレずにやっているつもりでもバレてしまいます。

なので、マッチングアプリで勝負をしたいのであれば1つのマッチングアプリに絞って登録することが重要。「東カレデート」など顏審査などがあるアプリはおすすめです。

【関連記事】

東カレデート[iOS版]を無料でインストール

東カレデート[Android版]を無料でインストール

写真は盛れたものを。水着はNG!

写真は盛れたものをプロフィールに。まずは多くの男性とマッチングさせることが大事なので、詐欺っているくらいが丁度いいのです。

そのプロフィールが相手の中の自分像になるわけですから、最初にその写真を見て「かわいい」と思わせればこれから先もずっとそう思ってくれるはず。男性ってとにかく第一印象が大事。リアルでは作れないような印象をSNSやマッチングアプリ上では簡単に作ることができることを覚えておいてくださいね。

あと、水着の写真は極力控えましょう。やはり肌の露出の高い写真を載せると男性に簡単にヤレるとナメられてしまいますからね。

趣味は「清純派なお嬢様」を意識して

男性が本命に求めるのは“清純派”です。ど定番ではありますが、趣味の欄に書くのは「料理」や「ピアノ」などがおすすめ。これだけで、この子は清純かつ、お嬢様なんだと勝手に思い込んでくれるので楽勝です。

イケメンと出会えるマッチングアプリって?

長すぎる紹介文はNG

長すぎる紹介文はNGです。ガチ感が凄いと男性は引いてしまします。

「最近はじめました。まだ使い方がよくわからないのでよろしくお願いいします」もうこれくらいで充分。

男性は何も知らないウブな女の子が大好き。また、「使い方がよくわからない」と書くことにより多少返信が遅れてもこれを言い訳にできるわけですからこの一言は必須です。

気になる相手には足跡を

なるべくこちらからイイネを押すのはやめましょう。アクションは男性から起こさせることが大事。

いいなと思った人がいたら足跡を残すなどして、自分に興味を向けましょう。きっと彼からイイネが届くはず。

マッチ後2週間は様子を見よう

自分のタイプの人とマッチしてすぐに会いたくなる気持ちもわかりますが、焦らず様子を見ましょう。

すぐに返信が来なくなったらそこまでの男です。マッチ後、毎日のやりとりが2週間続くようであれば相手はかなり自分に興味があるでしょう。

人気のある男性は、人気のある女性と同じくらいにマッチしている数が多く、そのぶんやり取りも大変。その中で時間をつくってはこまめに返信をしてくれているのは、自分はかなり優先順位が高いということ。

そこまでのやりとりができたら、そろそろ実際に会ってみるのもいいですね。

マッチングアプリ、結局どれがいいの?

マッチングアプリ経由で彼氏ができたら注意すべきこと

最後、マッチしたお相手とことが上手に進み付き合えることになったとします。その際に徹底してもらいたいことがあります。それは相手にマッチングアプリを絶対にやめてもうこと。

マッチングアプリで出会ったカップルの多くの別れる原因が、これまたマッチングアプリなのです。簡単にいろんな女性と出会えてしまうので、なかなかやめられなくなります。

自分と同じような立場の人が彼の前にすぐ現れてしまうんですよ。人は簡単に他人と出会えるようになると、1つの出会いを大切にしなくなります。

彼がそのような人間にならないためにも、お互いのためにマッチングアプリを絶対にやめさせましょう。

普段は会えない人と会えるアプリの魅力

マッチングアプリの魅力はなんといっても普段は会えないような人と会えること。筆者の友人はマッチングアプリで某テレビ局のプロデューサーと出会いました。

普段の生活では決して出会えないような彼との積み重ねたデートは今でも素敵な思い出であると語っていました。

マッチングアプリで真剣な交際を求めていない男性もいる

一方男性側は、最近のマッチングアプリの使い道、目的についてどう思っているのか。長年マッチングアプリを愛用している30代後半の男性(職場ではかなりの重役)Rさんに聞いてみました。

「正直、このアプリをやっている子はみんな同じタイプですね。オトナの世界を見て見たいというか、普段は出会えないような人に会えることをよしとしてやっているんだと思います。

だから落とすのも正直簡単なんですよ、とくに若ければ若いほどそう。少し高級感のあるラウンジに連れていき、自分の仕事の話をすれば目を輝かせて話を聞いてくれます。

正直な話、マッチングアプリで真剣な交際は求めていません。もちろんみんながみんなそうではないと思うのですが僕はそうです。いい人がいるのであれば、真剣に考えもしますが、今のところみんな同じ感じの子ばかり。

自分で女の子たちをハマらせておいてこんなことを言うのはなんですが、こんな男も多いのでハマらないように気を付けてとお伝えください」

マッチングアプリで多くの女性とデートを重ねたプレイボーイのRさん。まさにマッチングアプリの影の部分といったところでしょうか。

彼は他の子とは違う何かを女性に求めているよう。マッチングアプリで真剣交際はないと言っておきながらも、やはりここでそのような子を探しているのは事実。

普段は出会えない相手とのデートは素敵ですが、男性側の本意を知ることでもっとマッチングアプリを攻略できるかと思います。

他の女とは違う自分の強みを見つけてそれをアピールすることが何よりも大事。結局はSNSもリアルでも自分の強みをわかっている人が恋愛をも制するのだと思います。(桃倉もも/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

♡編集部が使ってみた♡
マッチングアプリランキング

【関連記事】

関連記事