アイコン 短小ペニスでもできる、女性が最高に気持ち良くなれる体位

2018.10.15

短小ペニスでもできる、女性が最高に気持ち良くなれる体位

思いっきり気持ち良いセックスがしたい! でも、パートナーのペニスはちょっと小さめで物足りない…。そんなフラストレーションを感じている人に朗報です。ペニスが小さくても、体位によっては十分気持ち良くなれます。

この記事では、男性のペニスが小さいときやりたい、女性が最高に気持ち良くなれる体位をご紹介します!

気持ち良くなる3つの要素

前述の通り、ペニスの長さが足りなければなかなか奥まで届きにくい、もしくは一切届かないかもしれません。奥にある性感帯ポルチオへの刺激はなかなか難しいでしょう。

そこで気持ち良くなるためポイントになるのが、Gスポットとクリトリスへの刺激。この2カ所へスムーズに刺激が与えられるような体位をしましょう。それに加えて、Sの人は攻めている感覚、Mの人は攻められている感覚を思いっきり感じられる、そんな自分の性癖にあった雰囲気を最大限感じられるとより良いでしょう。

ここからは、おすすめの体位についてご説明します。

対面座位

対面座位は女性にとって嬉しい体位です。向かい合って座り、抱き締め合って挿入するので、身体が密着している気持ち良さ、男性の身体にクリトリスが当たって擦れる気持ち良さ、さらにペニスがGスポットにも届きやすいというメリットも。

幸福感と性感帯への刺激が楽しめるので、たとえ男性のペニスが小さくても満足のいくセックスになるでしょう。

騎乗位

対面座位と同じく、騎乗位もGスポットとクリトリスが気持ち良い体位です。そのうえ騎乗位は女性主導の体位なので、ペニスが当たる位置をコントロールしやすいのもポイント。

また、男性にまたがり攻めている感覚を味わえるので、Sの女性は精神的な満足感も味わうことができます。

バック

バックもGスポットに届きやすく、小さいペニスでも女性が気持ち良くなれるでしょう。また、Sの女性にとって嬉しい騎乗位とは反対に、Mの女性におすすめなのがバックです。

四つん這いになり、後ろから思い切り突かれるバックはM心にはとっても嬉しいところ。お尻を叩いてもらうのもなかなか良いので、男性にSっ気があるならぜひお願いしてみましょう。

屈曲位

屈曲位は男女どちらにも支持される体位です。膣の締まりが強くなり男性はグッと快感が増し、奥にあるポルチオに届きやすいので女性も気持ち良くなれるのです。しかし、ペニスが小さいとなかなか奥まで届きません。でも大丈夫、屈曲位には女性が気持ち良くなれる魅力が他にもあります。

膣もアナルも丸見えになるように脚をあげる屈曲位。その体勢は、強い羞恥心を感じさせ、その恥ずかしさは興奮を倍増させます。また、男性は両手が空くので、乳首など他の性感帯を攻めることもできるのもポイント。

腰を浮かせて正常位

通常の正常位で物足りなさを感じたときにおすすめなのがコチラ。女性の腰を浮かせて突くことで、Gスポットとクリトリスを刺激しやすくすることができます。

男性に腰を持ち上げてもらうか、もしそれが難しければお尻のあたりに布団や枕を敷いて高さを調節しましょう。ちょっとしたひと工夫ですが、快感は劇的に変わりますよ。

ロールスロイス

ロールスロイスという体位はあまり聞き慣れないかもしれません。しかし、あなたの一番お気に入りの体位になる可能性すらある、それほど強烈に気持ち良い体位です。

ロールスロイスはバックの応用系のひとつで、うしろから挿入します。女性は四つん這いの姿勢から脚を閉じ、上半身を起こしてください。男性はうしろから、女性のひじから肩のあたりを支えましょう。

この体位では、Gスポットに突き上げられるような刺激が与えられます。また、脚を閉じることで膣とペニスの密着度が増し、擦れている感覚を強く感じることができるのです。

もし男性に余裕があれば、女性の胸を触ったりクリトリスを触ることもできるので、女性は全身で快感を味わうことができます。

ペニスが小さくても幸せなセックス

もし男性のペニスが小さくても、工夫ひとつでいくらでも気持ち良くなることができます。また、ペニスの大きさは男性がとっても気にしているポイントなので、もし小さくても顔や表情にださないように気を付けてください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事