アイコン セフレと本命とでは結構違う!男性がフィニッシュするときの体位の選び方

2018.06.27

セフレと本命とでは結構違う!男性がフィニッシュするときの体位の選び方

男性って単純なもので、言葉の端々に大なり小なり相手への本音が見え隠れするものです。たとえば本当に大事に思っている相手には、発言のいたるところに思いやりが表面化します。
 
男性は、逆にとくになんとも思っていなかったり、カラダだけの関係と割り切っている相手に対しては、少々扱いが雑になってしまうようなところがあります。
 
もっといえば、その傾向はベッドの上ではますます顕著になるとおぼえておいて間違いないでしょう。とくに注目すべきは、セックスの際の男性の挙動ですね。
 
ここに気を向けておくだけで、目の前の男性の心の奥底に隠された本音が、意外と手に取るようにわかるようになります。
 
※あくまで一般例と個人の見解です。

男性はセフレと本命とで、セックスの質やこだわりを使い分ける

明確な意識はなくとも、ほとんどの男性はセフレと本命相手とではセックスに対する姿勢を変えています。たとえばセフレ相手には、やや背徳的だったり、いささか乱暴なプレイをしてしまうものなんですよね。
 
これはセックスだけで繋がっている相手だからこそ、実践したくなることが多くなるという理由からきます。一方で本命相手には性的な好奇心を優先するよりも、もっと現実的な部分を優先したくなるのが男性です。
 
現実的な部分とは、「相手に満足してもらいたい」とか「セックスが原因でドン引きされたくない」、「嫌われたくない」といったような保守的な考え方ですね。
 
男性は本命相手となると、割と普通というか無難な、嫌われる要素の少ないセックスをしたがる傾向にあります。
 
具体例を挙げましょう。セフレ相手には自分勝手な部分を隠そうとせず、やたらオモチャを使いたがったり、フェラチオはさせるのに自分はクンニをしないといったような、わがままな顔をいっぱい見せるのに、本命にはとにかく真摯に接し、されたことと同じかそれ以上の力量で神経質に愛情を示すのが男性なのです。

分かりやすいのは体位!セフレと本命とでは結構違う!

先ほど書いたとおり、男性という生き物はその姿勢に相手への思いが露骨に出てしまいます。中でもセックスにおいて一番本質的な部分が出てしまうのが、体位です。
 
体位にはとくにその姿勢が表れやすく、四十八手のうちのマイナーな一部体位は、セフレ相手には実践したくなるものですが、こうした奇をてらった体位は本命相手には鳴りを潜めがちです。
 
そして現実的に本命とセックスをする場合、なんだかんだ正常位で最後を締める男性ばかりなんですよね。
 
たとえば後背位(バック)スタイルもセックスにおいてはメジャーですけど、この体位って男性にとっては支配欲、征服欲を得たいときに意識的にやってしまう傾向にあります。
 
必然、セフレ相手にセックスで満足させたいとか、屈服させたいといったときに多く取り入れる体位になってしまいます。
 
ではなぜ本命の相手には正常位でセックスをしたがるのかについてですが、これも原理としてはとても簡単で、相手を思いやり、大事にしたいという意志を伝えたいと思ったとき、体位でそれを表すなら正常位が一番適していると考えているからです。
 
セックスの際に相手と抱き合い、見つめ合うスタイルになる正常位では、自分の気持ちをダイレクトに伝えやすいという意識が働くわけですね。
 
そしてその体位のままフィニッシュを迎えることで、自分と相手の繋がりをさらに強めたいという側面もあります。
 
もちろん、セフレ相手にも正常位でセックスをしたがる男性もいます。いますが、こういう男性は現状本命不在であるとか、たとえ相手がセフレでも嫌われたくはないという弱腰な意志が働いているか、セフレと会うのが数ヶ月ぶりで感情が昂ぶっているなど、本命に向けての感情とは別の理由で正常位に駆り立てられているケースがほとんどです……。

おわりに

ものすごくシンプルに分類すると、男性はセフレとのセックスはジャンクフード。本命とのセックスは高級料理と考えているのです。
 
高級料理は体にも優しく美味しいのですが、食べるには相応のマナーがなければいけません。このマナーに相当するのが、愛情を相手にしっかりと示したり、嫌われないように尽くすといったセックスの際の思いやりでしょう。
 
でも、たまに食べる粗悪なジャンクフードも、体には悪いものの実に魅力的ですよね。ジャンクフードを好む男性は大勢います。だからこそ男性はしばしばセフレの存在を欲するのです。
 
ところがいざ本命がいるのにセフレが出来てしまうと、とたんに扱いは雑になってしまいがち。その雑な姿勢は前戯や挿入時の体位に如実に出てしまうわけですね。
 
最後に1つ、みなさんにとって役に立つ情報を書いて終わりたいと思います。
 
今回ご紹介したような男性の習性を、女性側の視点で冷静に見れば、逆説的に自分が相手にどう思われているかの目安にすることができるでしょう。
 
相手のセックスの際の積極性や、体位の傾向を観察するだけで、自分が相手にとっては本気の相手か、セフレ扱いかを判別できる可能性があるのです。
 
残念なことに世間には、実質的にはセフレ扱いの女性に対して「お前しかいないよ」と言ってのける男性も少なくありません。
 
でも、ここで書いたような情報をもとに考えれば、おのずと相手が自分にとって素晴らしいパートナーと呼べる存在か、それともそうとも呼べない存在かが判断できることでしょう。(松本ミゾレ/ライター)
 
(オトナのハウコレ編集部)

▼友達も彼氏候補も探せるマッチングアプリ
メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリ。統計学や心理学を用いた心理テストや性格診断テストによって、自分と合った相手を見つけることができます。アプリのデザインもかわいくて使いやすいので、機能性もバツグン。

Poiboyとは「女の子から男の子を選ぶ(ポイ)」ということからはじまる、女性主導のマッチングアプリです。顔で選ばれるマッチングアプリなだけに、ルックスに自信のある男性が多く登録しているようです。

mimiはタイプの異性を「見た目」で探せる恋活マッチングアプリ。長身、二重、塩顔、色白など、見た目の特徴に応じたタイプ別の検索が可能です。

関連記事