アイコン 多機能な吸引バイブ「シュセ ディープパープル」が最高に気持ちよかった

多機能な吸引バイブ「シュセ ディープパープル」が最高に気持ちよかった

ひとりエッチのときにアダルトグッズを使うという方は多いと思いますが、いくつものアダルトグッズを経験するとこんなことを思うことはないでしょうか。

・機能がたくさんついているラブグッズがほしい
・クリトリスを吸われたい
・しっかりした挿入感がほしい
・自分好みの動きに調整したい……などなど。

他にもたくさんあると思いますが、クリトリス吸引と挿入をダブルで感じたいという人におすすめなのが、ラブコスメから 発売されている「シュセ ディープパープル」 です。

ラブコスメは、多くの女性たちのお悩みを解決するために生まれたセクシャルヘルスケア。その中でも「最高に気持ちいい!」と多数の口コミが寄せられている人気の吸引バイブが「シュセ ディープパープル」です。その特徴や人気の秘密を調べてみました!
✔今までの吸引バイブはクリトリスとバイブの角度が合わなかった
✔外イキと中イキを同時に楽しみたい
✔本当に吸われているかのような感覚を楽しみたい
✔自分だけの快感を見つけたい


「シュセ ディールパープル」は、クリトリス吸引と挿入を楽しめる1台2役のバイブです。クリトリスを吸われながら腟内でも感じたい、今までのラブグッズでは物足りない人にもおすすめです。

挿入部分は約16㎝、直径は約3.5㎝と初心者の方でも比較的、扱いやすいサイズになっています。形はよくある吸引バイブですが、1番の特徴はなんと形が変わること! バイブ部分を180度回転することができるので、自分が気持ちいい角度を見つけることができちゃうのがポイントです。

今までの吸引バイブは形状が変えられないものが多いため、挿入しながらクリトリスに上手く当てることができない……という悩みを抱えている女性も多かったと思います。

「シュセ ディールパープル」は細かな調整で自由に角度を変えることができるため、どんなときでもクリトリスと腟内にぴったりと密着して快感を逃すことがありません♡


バイブ部分は波型の形状で先端部分がGスポットにしっかりと届くため、中イキ体験や開発をしたいという人にもおすすめです。

7種類の吸引パターンと振動パターンが搭載されているので、その日の気分に合わせて様々な楽しみ方ができます。まるで本物のクンニ&挿入感を味わえるので普通のアダルトグッズでは物足りない上級者さんでも満足できることでしょう。

また、本体部分がしっかりと挿入できることで通常のバイブよりも中イキを意識できる設計になっています。しっかりとしたフィット感で中イキ、外イキ、両イキと3つの快感を叶えるので、「新しい刺激がほしい」「しっかりと感じたい……」という女性にもおすすめです。

シュセ ディープパープルを実際に試してみました。本体はしっとり&すべすべの手触りで高級感があります。色もいかにもアダルトグッズというような感じではなく、落ち着いたパープルなので部屋に置いておいても違和感がなさそうです。

サイズ感もちょうどよく、まるで本物の男性器のような大きさです。普段は細めのバイブを使っているという方でも手に取りやすいサイズだと思います。

そして、何よりもポイントはバイブが180度回転すること。これまでクリトリス吸引はいくつか試したことがあるのですが、吸引だけを使おうとするとデザイン上、バイブ部分が引っかかってクチトリスに上手く当たらないことがありました。


シュセ ディープパープルは180度回転すれば使いやすいクリ吸引に早変わり! まずは吸引部分でクリトリスだけを刺激していきます。吸引の強さを弱から強に少しずつ上げていくと、本当に彼に吸われているような濃厚クンニを体感!

じっくりと濡れてきたところでバイブを曲げて挿入すると…またもやジャストフィット! あまりの気持ちよさにいつもより多めにイってしまったのでありました……(笑)細かく角度を変えられるので今までにないクリ&腟内への新しい刺激を感じることができます。

どんなに好みのバイブでも自分の性感帯にフィットしないとオーガズムを得ることってなかなか難しいですよね。セックスでも角度が変わると痛みを感じたり、全然気持ちよくないことがあります。その点ではかなり優秀なピストバイブだと思います!

クリトリス吸引とバイブが一体型になったものはよくありますが、角度が調整できるのは珍しいですよね。角度調整ができるので性感帯の開発もしやすく、シュセ ディープパープルを使ってからセックスでも以前よりイキやすくなったような気がします。

「自分の好きな使い方ができて満足できました♡」という口コミが多いシュセ ディープパープル。普段使っているラブグッズで角度が気になっていた……という方も、試してみて損はないと思いますよ!

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事